『サウスポー』というだけで特別な投手のイメージが湧く。しかし高校球界で絶対的存在だった左腕が、必ずしもプロで結果を残せているわけではない。



 昨年までドラフト1位で指名された高校生左腕は54名いるが、100勝以上をマークしたのは江夏豊(阪神など、206勝)と石井一久(ヤクルトなど、NPB143勝、MLB39勝)のみ。川口知哉(平安→オリックス)、辻内崇伸(大阪桐蔭→巨人)など鳴り物入りでプロ入りしたものの、大成できずにユニフォームを脱いだケースも多い。

 自身も左腕として高卒ドラフト1位でプロ入りし、20年間(1年は米国マイナー)投げ続けてきた前田幸長氏が、高卒左腕がプロで活躍するための条件や難しさについて語ってくれた。


ーー左投げであることは有利になる。

「打撃技術や用具の進歩は著しいが、根本にあるのは希少性。時代が変わっても左腕有利は変わらない。特に我々日本人は子供の頃から書くこと、食べることは右利きであることが求められる。必然的に左投げも少ない。打者からすると野球を始めた頃から、圧倒的に右投手との対戦が多くなる。人間の『慣れ』や『習慣』は修正するのは難しい。理屈ではなく、感覚的な部分も含め左投手の有利は続くはず。これは米国でも似たような部分がある」

 前田氏は左腕であること自体は、強みになると力説する。

 福岡第一高時代の88年夏にエースとして全国準優勝を経験。同年ドラフト1位でロッテ・オリオンズ(現マリーンズ)に入団。高卒1年目から17試合(うち先発7試合)に登板して2勝を挙げた。その後も先発、中継ぎで貴重な左腕として登板を重ね、95年オフには中日に移籍。安定した活躍をし01年オフにFAで巨人へ移った。07年限りで巨人を退団し米国挑戦、08年はテキサス・レンジャーズ傘下の3Aオクラホマで投げ、同年限りで現役を引退した。

「周囲の先入観もあって、左投げは可能性を信じ投手をやらせるケースがある。逆に右投げはセンスが良くても投手としての適正がなければ、野手に転向させる場合が多い。身体が大きくないがセンス抜群の左腕が多いのはそのため。自分の身体をうまく使いこなせている。でもプロではそれだけで通用しない。制球力や決め球などを身につけないと、長く生き残れない」

 名左腕投手には、身長180cm未満と身体に恵まれていない選手もいる。過去には江夏豊(阪神など・179cm)、工藤公康(西武など・176cm)、杉内俊哉(ソフトバンクなど・175cm)。また現役では田口麗斗(巨人・171cm)、松井裕樹(楽天・174cm)らがプロで結果を残している。

 極め付けは、阪急やオリックスなどで活躍した星野伸之。183cmの身長はあったが体重74kgと痩せていて球速も出なかった。「大学へ行ったつもりで4年間やる」とプロ入り(ドラフト5位)。カーブなどに磨きをかけ、プロ通算18年で176勝を挙げる名投手となった。


ーーボールゾーンへのカーブ系がキモ。

「最初に驚いたのはストライクゾーン(=ゾーン)の違い。高校まではストライクだった球を取ってくれない。キャンプでブルペンに入って審判の方がついた時に驚いた。ゾーンのすべてが狭くなった感覚なので、実戦で中途半端にストライクを取りに行くと簡単に打たれる。まずゾーンに慣れることが重要」

 ゾーンの違いについては、多くの投手がプロ入り後に影響があったと語る。

 特に高卒左投手は影響を受けやすい、と前田は続ける。

「左投手はストライクからボールへのカーブ系が武器。ゾーンの広い高校では、かなり外れていても振ってくれる。しかしプロのゾーンは狭いから、良いところに投げないと振ってもくれない」

 ゾーンが狭くなれば、打者の狙いも絞りやすくなる。大きな武器を取り上げられてしまうのだ。

 高卒でプロ入りし投球スタイルを変えて結果を残したのは楽天・松井裕樹だ。

「高校時代、カーブ系(本人はスライダーと語っていたが)でほとんど空振りが取れた。でもプロでは見逃されることが多い。こうなるとストライクも取れなくてツラくなる。だからカーブ系の比率を少なくして、真っ直ぐやチェンジアップが多くなった。これは抑えで短い回を投げるため、走者を出さないためというのもあった。先発転向して今後はどうなるか楽しみ」

 ダルビッシュ有(カブス)、田中将大(ヤンキース)、前田健太(ツインズ)、菅野智之(巨人)など、ここ数年は絶対的右腕の時代が続いた。しかしここへ来て再び、左腕の波が訪れ始めている。

 代表格であるDeNAは、投手陣に東克樹(立命館大)、石田健大(法政大)、今永昇太(駒澤大)、濱口遥大(神奈川大)など多く左腕が名を連ねる。特筆すべきはその多くが大卒ということだ。

「一般的に18歳は素材の時期で、プロ1年目から結果を出せる高卒投手は特別。まだまだ身体も成長期なので、高卒でプロに入った選手の3年計画というのが現実的プラン。大学や社会人ではその間に身体も作れて、実戦経験も積める。その中でも大卒に特化して即戦力左腕を獲得している、DeNAの明確なビジョンがすごい」


ーーテングにならず地に足をつける。

 高校で結果を残しながら、大学経由でプロ入りし活躍できない投手が多い時期もあった。高卒でプロ入りし鍛えるべき、という声も上がっていた。

「これも時代とともに変わってきた。少子化などで学生獲得が大変な時代。スポーツ設備や指導者などに注力する大学が増えてきた。当然、科学的トレーニングなども学べる。高卒ではなく大学に進学する方が、結果的に成長できるという考えが強くなっている」

 米国でも若年でプロ入りしマイナーリーグで経験を積むのではなく、大学進学する選手が増えているという。大学側もこの機会を逃すまいとプロレベルの設備を整えている。

「左投手は有利だが、最後は自分自身。僕も高校時代は『打たれるわけない』と調子に乗っていた。プロで己の実力を知らされ地に足がついた。これは右も左も、高卒も大卒も変わらない。冷静に生き残る道を見つけることがプロとも言える」

 プロ入りするほどの実力と才能があれば勘違いもしやすい。本当の自分に早く気付くことが1番大事だ、と前田は最後に付け加えてくれた。(文・山岡則夫)

●プロフィール
山岡則夫/1972年島根県出身。千葉大学卒業後、アパレル会社勤務などを経て01年にInnings,Co.を設立、雑誌『Ballpark Time!』を発刊。現在はBallparkレーベルとして様々な書籍、雑誌を企画、編集・製作するほか、多くの雑誌、書籍、ホームページ等に寄稿している。Ballpark Time!公式ページ、facebook(Ballpark Time)に取材日記を不定期更新中。現在の肩書きはスポーツスペクテイター。