新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった今夏の全国高等学校野球選手権大会。8月10日からは選抜大会の出場校による「2020年甲子園高校野球交流試合」が阪神甲子園球場で行われるが、多くの高校球児たちにとって甲子園出場という目標を奪われたことに変わりはない。未曾有の困難をどう乗り越えたらいいのか、野球界の先賢たちに球児たちへのメッセージを聞いた。第1回は、ソフトバンクホークスの王貞治会長にお話をうかがった。(週刊朝日増刊「甲子園2020」より)


◆  ◆  ◆ 

 高校球児たちは甲子園に出場することを夢に、毎日毎日苦しい練習に耐えてきたと思います。特に今回の大会が最後だった3年生にとっては、本当に苦しい経験だったと思います。この経験は今年の選手にしかわからないつらさでしょう。

 だけど、起きてしまったことはどうしようもありません。同じ野球の道を通ってきた者からすれば、これをバネにして自分の人生をより強いものにしてほしいと思っています。

 今回の甲子園中止は、他の球児が経験できないような大きな試練です。僕もこんなことが起こるなんて想像もしたことがなかった。でも、逆に言えば、これを乗り越えれば、すごいバネになるはずです。甲子園があるときよりも一層、羽ばたく人も出てくると僕は信じています。

 僕も最後の甲子園は地方大会の決勝で敗れて、出場できませんでした。それまでに4回も甲子園に出ていたから、当然出ることができると僕もチームも過信していたから、出場の夢が断たれたときはものすごいショックを受けた。僕はしばらく立ち直ることができませんでした。だけど、振り返ってみると、この時の挫折があったから、「今度こそ絶対に夢を実現するんだ」という強い気持ちにつながった。甲子園には出たかったけれど、それがかえって、いい刺激になったんだと思います。

 まだ17歳、18歳でしょうから、人生はこれから70年、80年とあります。今回の経験を糧に、自分の人生に不屈の闘志で向かってもらいたいです。

 人生はわからないものです。僕は当初、高校を卒業したら早稲田大学に進学して野球をやるレールの上に乗っていた。最後の夏の甲子園に行っていれば、大学に進学していたと思う。だけど、甲子園に行けなかったことで、「本当にこの敷かれたレールの上を走っていていいのか」と考えるようになった。プロ入りに気持ちが傾きました。それがあったから、その後の僕の野球人生があるわけです。

 大学野球であれば、すぐに結果だけを求められることはなかったでしょうが、いきなり大人の世界であるプロに入ったわけですから、苦労しました。いろんな失敗をしながら、野球だけではなくて、さまざまな人生経験ができたと思っています。

 高校時代に培った「勝つためにどうするか」というものの考え方は、卒業後も役に立ちましたね。甲子園を目指していましたから、勝つためにいつも突き詰めて考えていました。

 球児たちにとっても、高校野球で培ったものは人生の土台となるのは間違いありません。どこの道を歩もうとも、絶対に役に立つ。自信をもって、自分の道に進んでもらいたいですね。

 3年生たちには卒業しても「自分にハングリーであれ」といいたいです。自分に物足りなさを感じないといけない。満足してしまって、それ以上頑張ろうとしなくなったらアウトです。

 僕はプロ野球時代、3試合に1本、年間43本ホームランを打つことを目標にした。これは自分の過去を振り返りながら「この数字を打てば自分の仕事をしたことになる」と決めた数字です。本塁打王になろうがなるまいが、他人がどう評価しようが、関係ない。自分としてよくやったと言える数字を設定しました。

 こうした自分なりの目標を常に設定して野球をやってきました。乗り越えられるか、乗り越えられないかは別にして、それをやらないと人間は成長できないと思っています。

 3年生はこれからそれぞれの人生を歩んでいくと思います。進んだ道によってその世界なり、自分なりに課題が出てくるでしょう。そこでどういう方向に向かっていきたいか、自分なりの目標をしっかりと立てて、目の前の道を切り開いていってほしい。

 今回の悔しさをバネにして、自分の信じた道を頑張ってください。失敗を恐れず、これからもチャレンジし続けてほしいと思います。

●王貞治さんのプロフィール
1940年、東京都生まれ。59年に早稲田実卒業後、巨人に入団。現役生活22年間で868本の本塁打を放ち、世界記録を持つ。84〜88年に巨人監督、95〜2008年にダイエー(05年からソフトバンク)監督を務める。

構成:本誌・吉崎洋夫

※週刊朝日増刊「甲子園2020」より