新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった今夏の全国高等学校野球選手権大会。8月10日からは選抜大会の出場校による「2020年甲子園高校野球交流試合」が阪神甲子園球場で行われるが、多くの高校球児たちにとって甲子園出場という目標を奪われたことに変わりはない。未曾有の困難をどう乗り越えたらいいのか、野球界の先人たちに球児たちへのメッセージを聞いた。第2回は、プロ野球・巨人などで活躍した桑田真澄さんにお話をうかがった。(週刊朝日増刊「甲子園2020」より)



*  *  *
 テレビ番組で球児が「(中止の)この経験を糧にして頑張れって言われても糧にしようがない」と話しているのを見て、胸が痛くなりました。僕も高校球児でしたから気持ちはよくわかります。しかし、人生は待ってくれません。厳しい言い方ですが、糧にするしかないんです。

 高校3年生の多くがこの夏で野球をやめるでしょう。甲子園が大きな目標だったこともわかります。僕が高校3年生だったら、頭の中が真っ白になって、しばらく落ち込むと思います。でも、落ち込むだけ落ち込み、悔しがるだけ悔しがったら、力強く次への一歩を踏み出してほしい。僕なら間違いなくそうします。なぜなら、長い人生で甲子園がすべてではないからです。

 野球を通じて学んできた、さまざまなことを思い出してください。努力すること、仲間と助け合うことの大切さ、勝負の厳しさや理不尽なこと……。そして何より、「過去には戻れない」ということを学んでいるはずです。たとえば、エラーや三振、失投してホームランを打たれた。もう一回やり直しをさせてくれと言っても無理なんです。そこで考えるべきなのは、「次、どうするか」。次への一歩を踏み出さなくてはなりません。

 僕はPL学園に入学して2カ月も経たない時期に、野球をやめようと思ったことがありました。まったく通用しなかったからです。同級生を見れば清原(和博)や190センチ以上の投手もいました。明らかな体格の差があって、「子どもと大人がやっても無理やな」と感じて絶望しました。

 その時に母親からかけられた「あきらめちゃだめよ。何かいい方法があるはずよ」という言葉が、頑張ってみようと思うきっかけになりました。どうしたら大きい選手に勝てるのか。自分の長所は何か。それまでは、投手は身長が高くて150キロを超えるストレートが投げられなければと、理想ばかりを追いかけていました。でも、才能や体格に恵まれたチームメートと物理的に競っても勝ち目はありません。僕の長所は総合力。制球や配球、守備のフィールディング、マウンド上で折れない精神力、試合状況を把握する洞察力、常に万全の体調を保つ調整力……。これらを磨けば勝負できるかもしれないと思った。理想ではなく、自分らしさを追求する。「次、どうするか」を考えて、一歩踏み出したんです。

 そして、僕には甲子園の先に大きな目標がありました。小学生のころから明確にあった「ジャイアンツのエースになりたい」という夢です。ですから甲子園出場はもちろん、その先の目標から逆算して高校生活を送っていました。

 ただ、24時間野球漬けという考え方は間違っていると思います。青春時代なのですから、勉強も遊びも、恋愛も大事です。僕は3年間、授業中に居眠りすることなくベストを尽くしましたし、恋愛も経験し、悔いのない青春を過ごしました。恋愛というのは相手の気持ちを考えること。僕が何か言った時にこういう表情をしたとか、些細な変化に気がつくようになります。相手打者の表情の変化を感じ取ることにもつながるなど、野球にも生きてくるわけです。そうして生活すべてを野球につなげていました。やはり目標を持つということは大切なんです。

 今、講演や野球教室などで高校生たちに「君の目標は」と聞くと、「将来の夢ないんですよ」とか、「まだわかんないです」という人がたくさんいます。人生が200年あるならそういう生き方もありですが、命には限りがあり、いつ死ぬかわからない。僕はよく自分に問いただしています。「今日が人生最後の日でいいのか」と。「いいよ」と答えられるよう生きてきたつもりです。だから、中学、高校、プロ野球時代をやり直したいと思ったことはないんです。

 お前は甲子園に出たからいいじゃないかとも言われます。もちろん、甲子園に出て全国制覇を経験できたことは大きな自信になりました。しかし、そこで心や体が燃え尽きてしまっては豊かな人生とは言えないでしょう。長い人生の中で高校時代というのは、野球で言えばまだ三回。序盤です。僕は52歳ですが、それでもまだ六回が終わったくらい。ゲームセットまで気が抜けません。人生は自分が頑張っただけ楽しくなるし、いつまでも下を向いていればそういう人生にしかなりません。僕自身も大事な七、八、九回に向かって頑張るつもりです。

 僕は投手出身ですから、こう伝えたい。「人生の勝利投手にならないと、野球をやっていた意味がない」と。人生を通して成し遂げたい大きな目標を立てることで、自身を奮い立たせ、次への一歩を踏み出してほしいです。

●桑田真澄さんのプロフィール
1968年、兵庫県生まれ。PL学園で甲子園に5季連続出場し、優勝2回、準優勝2回。86年、巨人に入団。投手としてプロ通算173勝。2007年に39歳でメジャー初登板を果たす。08年、引退。

構成:本誌・秦正里

※週刊朝日増刊「甲子園2020」より