高校の時点でドラフト上位候補だったのに、進学や社会人入りを選んだ結果、プロになれなかった甲子園のスターといえば、まず思い出されるのが、1992年夏の甲子園優勝投手、西日本短大付の森尾和貴だ。



 甲子園では5試合すべて完投し、うち4試合までが完封。失点はわずか1だった。ドラフト前に高校生では、松井秀喜(星稜)や安達智次郎(村野工)とともにA評価を受けたが、「力的には通用しないと思っていた。プロは3、4年後に自信をつけてからでも遅くはない」と冷静に分析し、新日鉄八幡へ。

 だが、入社後、すぐに肩を痛め、98年には肘を手術。思ったところに球が行かなくなり、「優勝投手がなんしょんか(何してるんだ)!」のヤジも飛んだ。

 そんな逆境にも耐え、プロ入りをあきらめたあとも、03年に野球部が解散するまで11年間プレーを続け、完全燃焼した。現役晩年には「社会人で自分の力を出せなかったのは、けがのせいではなく、社会人のレベルが高かったから。プロに行かなかったという自分の選択は間違っていなかったと思います」と語っている。

 94年夏の準V投手、樟南の福岡真一郎もけがに泣いた一人だ。九産大入学直後の春季リーグ戦でいきなり11連続奪三振のリーグ新記録(当時)を達成も、間もなく古傷の足、続いて右肩を痛め、在学中のほとんどをリハビリで明け暮れた。「大学卒業後はプロに行きたい」の夢も遠ざかる一方だった。

 プリンスホテル入社後も肩は一向に良くならず、キャッチボールすらできなかった。「必ずもう一度マウンドに」と自らに言い聞かせながら、ビデオ撮影などの裏方を続けたが、入社2年目に野球部の廃部が決まり、現役を引退した。

 廃部の直前、たまたま雑誌の夏の甲子園特集で本人を取材する機会があった。「最後の公式戦までにマウンドに立ちたい」と現役最後の目標を口にした取材後、カメラマンが撮影したユニホーム姿でボールを握っている写真を「記念に送ってください」と頼まれたとき、「このままマウンドに立つことなく終わってしまうことも覚悟しているのかも」と切ない思いに駆られたことを覚えている。

 昨年の春夏、現役引退の翌年に誕生した長男が、筑陽学園の外野手として親子二代にわたる甲子園出場を実現。父の甲子園での雄姿とオーバーラップさせたファンも多かったはずだ。

 01年夏に日大三の4番として3試合連続弾を放ち、同校の夏初制覇に貢献した原島正光も、プロを志しながら、果たせなかった一人だ。

 最速158キロの豪腕・寺原隼人(日南学園)が騒がれたこの年、日大三からも近藤一樹(現ヤクルト)、千葉英貴、内田和也、都築克幸の4人がドラフト指名されている。

 だが、走攻守三拍子揃った内田に対し、原島は「打」に特化したイメージが強かったのも事実。本人も「高卒プロは難しい」と考え、明大に進学した。

 大学では1年春から4番を任され、デビュー2戦目に3ランを放つなど、4年間で通算8本塁打を記録。05年のドラフトでプロからの指名を待ったが、朗報は届かなかった。

「(事前に連絡もなかったし)指名はないと思っていた。社会人で力をつけてプロを目指したい」と日立製作所でプレーを続けたが、ついに夢を叶えることなく、09年に現役を引退した。

 早稲田実の斎藤佑樹(現日本ハム)、駒大苫小牧の田中将大(現ヤンキース)の“ハンカチ世代”が熱闘を繰り広げた06年夏、“高校ナンバーワン捕手”として注目を集めたのが、鮫島哲新(鹿児島工)だ。

 準々決勝の福知山成美戦で決勝弾を放ち、初出場で4強入りした“鹿工旋風”の立役者は、阿部慎之助(現巨人2軍監督)に憧れて中大に進学。主将となった4年の春、打率3割9分4厘、1本塁打、7打点の活躍で、存在をアピールした。だが、“事実上の優勝決定戦”亜大戦を前に右手小指骨折で無念の戦線離脱。攻守の要を欠いたチームもVを逃した。

 結果的にこれが分岐点となり、ドラフトでは指名漏れ。巨人に1位指名されたチームメートの沢村拓一と明暗を分けた。住友金属鹿島時代の12年、捕手の補強を急務とする阪神がリストアップしているという一部報道もあったが、指名されることなく終わった。

 11年夏の優勝投手、日大三の右腕・吉永健太朗も、最速149キロの速球とシンカーを武器とする“世代ナンバーワン投手”だった。

 プロ志望ならドラ1候補だったが、プロで苦労した01年組の前例から学校側が高卒即プロ入りを推奨しなかったなどの事情で、チームメートの高山俊(現阪神)、横尾俊建(現日本ハム)らとともに六大学へ。

 早大1年春に4勝0敗の好成績でリーグ優勝と大学日本一に貢献。だが、その後は理想を高く追い求めるあまり、フォームを見失い、大学通算11勝10敗と伸び悩んだ。15年のドラフトで、高山と横尾が指名を受けるなか、プロ志望届を出さなかった吉永は、JR東日本で「2年後の指名」を目指した。

 ところが、2年目に野手との二刀流に挑戦した直後、走塁で右肩と靭帯を痛める重傷を負い、手術。1年間のリハビリを経て、投手復帰を目指したが、昨夏の都市対抗でも登板機会のないまま、12月に26歳でユニホームを脱いだ。

 高校の時点でプロ入りすることが必ずしも最良の選択とは言えないが、「高校時代が最大のチャンスだった」例もけっして少なくないことがわかる。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。