丸山茂樹氏は、全国大会の開催を発表した石川遼を称賛する。



*  *  *
 今シーズン唯一の海外メジャーとなる「全米プロ選手権」(8月6〜9日、米カリフォルニア州サンフランシスコのTPCハーディングパーク)が迫ってきました。

 テレビ東京さんで解説のお仕事をさせてもらうんですけど、僕にとって久々の解説なので、しっかりしゃべれるかな?なんて思っちゃいます。まあ、最近の選手のデータを追いかけて、準備して臨みます。

 全米プロがTPCハーディングパークで開催されるのは初めてですね。僕は2005年の10月に「WGCアメリカンエキスプレス選手権」で一回だけプレーしてます。タイガー・ウッズ(44)が優勝した試合で、僕は11位でした。

 とてもタフなコースという印象で、グリーンが非常にトリッキーで難しかった。それからサンフランシスコは霧が出たり晴れたりで10度ぐらい気温が違うんで、苦労しましたね。でも今回は8月の開催なので、すごくいい時期だと思います。雨もあんまりないでしょうし。

 世界ランキング9位のアダム・スコット(40、オーストラリア)はPGAツアー再開後もここまで参戦してなかったんですが、全米プロには出るようです。一発目がメジャーってのも、なかなか難しいかなとは思いますけどね。

 イギリスのリー・ウェストウッド(47)は「いまは『もしも』が多すぎる」というコメントをして、欠場を表明しました。アメリカでは新型コロナウイルスの感染が広がってて、とくにカリフォルニアでは厳しい数字が出てますから。致し方ないですよ。

 7月28日には、石川遼(28)が高校生ゴルファーのための全国大会を開催すると発表しました。「The “One” Junior Golf Tournament」(8月24、25日、神奈川・横浜カントリークラブ西コース)です。男女それぞれ48人ずつの選手を集めるそうですね。

 僕らも高校生のために何かできないかと検討してました。親御さんからもそういう機会を設けてくれないかという要望がきてましたので。ただ、とにかく参考例がないので。やるからにはPCR検査が必要で、その負担をどうするかという問題があって。僕たちのコンセプトとしては、やるのは難しいということになりました。

 選手の家族だけはゴルフ場に入れるようにするそうですが、全員にPCR検査をすることになるんですかね。

 何にしろ、遼のチャレンジはすごいと思います。何の前例もない中、手を挙げてやるわけですから。各方面からのいろんな協力がなければできないでしょうね。

■丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

※週刊朝日  2020年8月14日−21日合併号