中日・根尾昂は1軍にいる限り試合で使い続けるべきか……。

 今季も2軍からのスタートだったが、成長を感じさせ1軍に合流。しかし上では目立った活躍ができず、先発出場しても早々と見切られての交代が続く。1軍半レベルの扱い方に見えるが、今の根尾はどういう立ち位置なのか。



「試合中盤での交代は考えられない」

 中日担当記者は記者席で驚きの声が上がった、と振り返る。

 8月6日横浜でのDeNA戦、根尾は8番左翼で先発出場したが、2打席凡退後の5回裏途中に早々とベンチに退いた。

「打席での内容は良くない。でもスタメン出場させるのなら、使い続けなければ意味がない。連日の試合途中での交代では、良いものを持っていても育たない。試合に慣れるだけなら、代打や守備固めでも良い。スタメン出場することで、1試合通しての試合勘やペース配分も身につく。それが積み重なって経験になるはず。今の使い方には疑問符がつく」

 18年オフのドラフト1位で4球団競合の末、大阪桐蔭高から中日に入団。ルーキーイヤーの昨年は大半を2軍で過ごし、シーズン終盤に1軍合流したが、2試合出場2打数ノーヒットに終わった。2軍では108試合出場、打率.210、2本塁打、33打点の成績だった。

 今季はウエスタン・リーグで主に3番打者として22試合に出場、打率.282、2本塁打、16打点の成績。1軍で十分対応できるだけのものを感じさせ、8月4日に1軍昇格を果たすと、即スタメンにも名を連ねた。しかし、9日時点で4試合に出場して9打数無安打とヒットが出ていない。

「プロ初安打がいつ出るかは問題ではなかった。それよりも育成方針がよくわからない」

 中日OBは将来を担う素材の先行きを心配している。

「打撃フォームをマイナーチェンジして振り込んでいる最中だったので、開幕2軍は納得できた。形になりつつあり、結果を出して上げたのなら、1軍の中でも使いながら育てて欲しい。そのためには結果にとらわれず、ある程度の打席は任せないといけない。このままでは1・5軍の選手で止まってしまう」

 昨年終盤から、バットを身体の前へ倒し気味に構えた状態から打ち始めるスタイルを取り入れた。中日にも在籍した福留孝介(阪神)のような打撃フォーム。より柔軟性が生まれ内容も良くなりつつある。しかし2軍では結果を残せても1軍では通じない打者では意味がない。ドラフト1位として、長く中軸を任せられる打者になることが求められている。

「守備に関してもどうしたいのか見えない」と中日OBは続ける。

「DeNA戦での背走捕球など、うまく見えたかもしれないが、実際は打球判断が遅いから。現状のように外野で起用するなら、当面は外野守備を基本から徹底的に覚えて欲しい。打球の追い方などを見ても、内野守備の動きでやっている。打撃だけでなく3拍子すべてを期待されているわけだから、中途半端な外野守備は先につながらない」

 高校時代は投手も兼任しており『二刀流』の期待も高まった。しかし根尾は早々と『野手で勝負したい』と宣言、目指す守備位置は高校時代から慣れ親しんだ遊撃手だった。しかし遊撃手には球界を代表する名手、京田陽太がいる。走攻守すべてにおいて高い壁になっており、現実的には外野起用からになる。

 根尾の守備に関しては様々な意見がある。現状の力で見れば守備はレベルが上の選手はいる。「将来的に内野(=遊撃手)を守らせるにしても、外野の経験は後々、生きてくる」という声もある。

 中日の二遊間といえば伝説的なアライバコンビ。荒木雅博(現一軍内野守備走塁コーチ)、井端弘和という名手2人も若手時代は外野守備の経験がある。ならばこそ「外野守備を徹底的に磨く」という中日OBの意見は納得できる。中堅の名手、大島洋平を超えるくらいの守備力を目指せば、すべてにおいてプラスに働くだろう。

「試合中の首脳陣の表情に注目して欲しい」

 在京テレビ局関係者は、根尾のプレーごとの首脳陣の表情から感じることがあるという。

「与田剛監督だけでなくコーチ陣もマスクで隠れているが、根尾のプレーに多々、苦い表情をしている。それだけ見ていると、信頼して起用しているのか疑問がわく。攻守のすべてにおいて足りないと感じているのが伝わってくる。最近では根尾がプレーに絡むたびに、ベンチ内の首脳陣の画を頻繁に映すようになったほど」

 合格点のプレーに見えても、首脳陣にとってはまだまだ物足りないようだ。根尾の潜在能力から求めているものが高いのはわかるのだが……。

「信頼を得ていないのは、根尾本人もわかっている」

 周囲の期待に応えようと必死にプレーしている、と中日担当記者はフォローする。

「打撃での結果が出ないので、守備を含め、すべてにおいて手を抜かないことを意識している。例えば、走者がいて自分に打球が来たら絶対に全力で返球をする。倒れ込むような勢いで全力返球するような姿も見かける。まるで高校球児のような全力プレーをしているんです」

 今できることをやる。計画性を持って実直に成長した選手であることは有名だ。

「本人は腐ることなくしっかりやっていますが、表情は暗く見えますね」

 全力返球の姿勢がDeNA戦では2試合続けて結果にもつながった。5日は中継プレー、6日にはレーザービームで二塁走者を本塁で刺した。また結果的にはセーフとなったが、ライトを守っている時には、一塁をオーバーランした打者走者をアウトに仕留めたかに見えたプレーもあった。まだまだ課題はあるが、存在感も示しているのは事実だ。

 中日ファンの落語家の立川志らくは、6日に自身のツイッターを更新、根尾の起用法に触れている。

「まだ2軍で育てるべき。1軍で使うならヒットが出るまでフルで出場。どうせ最下位なんだから根尾に賭けるしかない。仮に30打席目に初ヒットが初ホームラン。どれだけ盛り上がるか。このチームには刺激が必要」

「根尾のあのプレーがあったなら最後まで打たせるべき。まあ素人考えだが」

 調子の上がらないチームに対しイライラを募らせている師匠。レーザービームの件も含め、根尾がチームに与える影響に期待している。

 ここ数年、優勝争いには加われなかった中日。しかしその間少しずつではあるが、チーム力の底上げを図ってきた。世代交代も推し進め大型高卒新人・石川昂弥や即戦力捕手・郡司裕也など新戦力も加わった。キャプテン高橋周平や強打者ダヤン・ビシエドも健在。育成上がりの捕手アリエル・マルティネスという掘り出し物も見つかった。中日の未来は明るく、投手陣強化などが進めば黄金時代到来も夢ではない。

 根尾はその中心にいなければならない。今は何かと逆風も強いだろうが、超えていけるだけの才能と誰もが認める人間力を備えている。中日関係者だけではない、野球ファンのすべてが新しい世代のヒーローとして期待している。