8月10日に阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開幕した2020年甲子園高校野球交流試合(日本高校野球連盟主催、朝日新聞社、毎日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)。野球部員や保護者などを除き原則無観客の中、春の選抜大会の出場32校がそれぞれ1試合ずつを行うという異例の大会の初日、第2試合の鳥取城北(鳥取)対明徳義塾(高知)は、劇的なサヨナラ打で幕を閉じた。

「甲子園には魔物がいるっていうのは本当なんだと思いました」

 敗れた鳥取城北の3年・河西威飛(いぶき)はそう言いながらも、試合後の取材ではさわやかな笑顔を見せた。

 新型コロナウイルスの影響で春夏ともに甲子園が中止になり、「ガクッときた」と河西は振り返る。だからこそ、甲子園球場に立てる喜びが上回った。

「負けたのは悔しい。けど、すごく楽しくて。甲子園でプレーできること自体がうれしかった」

 試合では見せ場も作った。初回、安打で出塁した先頭打者・畑中未来翔(みくと)を3番・河西、4番・吉田貫汰の連打で返して先制。その後、五回に勝ち越しを許すが1点差のまま終盤へ。

 八回。明徳義塾の先発・新地智也のテンポの良い投球の前に二回以降は1安打と沈黙を続けていた鳥取城北打線が、阪上陸、畑中の安打などで好機を広げると、三塁側アルプスから選手を後押しする手拍子が巻き起こった。距離を取って座る部員や保護者たちが大きく手を叩いていた。感染対策のため例年のように声を出して応援することはできないが、それでも、鳥取城北の攻勢ムードが球場を包み込んだ。2番・岡本京太郎が死球でつないで満塁とし、打席に河西が入る。

「手拍子は岡本の打席の時から聞こえていました。鳥取県の独自大会では、手拍子の応援はなかった。甲子園で自然と出てきたんだと思います。(アルプススタンドの)ベンチ外の部員106人の思いを感じて、ワクワクしながら打席に入りました。心の中で一緒に手拍子をするくらいに」

 前の回の円陣では、「自分にチャンスで回せ」と声をかけていた。「本当に来たチャンス、絶対に返す」と、3球目の外角の真っすぐを振り抜いた。鋭い打球が右中間に飛び、逆転の適時二塁打になった。

「打った瞬間、ヒットになると思いました。甲子園で逆転打が打てて、これまでの3年間が報われたような気がした」

 しかし、甲子園の魔物はこのまま終わらせてはくれなかった。九回裏2死一、二塁。それまではまばらな拍手での応援だった明徳義塾の一塁側アルプスからも、負けじと手拍子が鳴らされる。あとアウト一つで勝利というところで、鳥取城北は交代に伴って守備位置を変更。河西は左翼から右翼に移った。その直後、自身の頭上を打球が襲った。

「オーバーになるなと思ってすぐ背走して、打球が風で少し押し戻されたので捕れるかなって思ったんですけど……。(打者の新沢颯真の)これまでの打席から、長打はない、1失点で抑える、と前目で守る指示が出ていたけど、ポジショニングによっては届いたかな」

“代わったところに打球が飛ぶ”とはよく聞くフレーズだが、まさにその通りの展開。懸命の背走もむなしく打球は落ち、サヨナラ負けを喫した。

 試合後、取材を待つ通路で河西は、遊撃手の藤元和虎と笑顔で話していた。「勝てたよな」「うん、勝てた」「もう1回俺に打席が回ってくれば、打つ自信があったのになあ」

 甲子園の魔物に翻弄された悔しさよりも、大舞台で全力を出せたうれしさに満ちた笑顔に見えた。

(本誌・秦正理)

※週刊朝日オンライン限定記事