甲子園大会で最長飛距離のホームランは、いつ、誰が打ったのか? 今も“伝説”として語り継がれているのが、1985年夏の準々決勝で、PL学園・清原和博が高知商の豪腕・中山裕章から放った140メートル弾だ。



 4対2とリードした5回、先頭打者の清原は、カウント2−2から中山の真ん中速球をフルスイング。「僕は打球の方向を見なかった。打った瞬間、入ったと思ったから」の言葉どおり、快音を発した打球は、3メートルの逆風をものともせず、左翼席上段通路のすぐ前の座席を直撃した。

 82年に池田の水野雄仁が早稲田実・荒木大輔から放ったバックスクリーン左への135メートル弾を上回る大会史上最長の140メートル弾。プロの選手でも、過去にこの場所まで飛ばしたのは、阪神時代の田淵幸一とブリーデンぐらい。そんな甲子園でも希少な特大アーチを、前日18歳のバースデーを迎えたばかりの高校生がいとも簡単に打ってしまうのだから、まさに“怪物”だった。

 だが、この日までの清原は、3試合で本塁打ゼロと、けっして好調ではなかった。甲子園出場を決めた直後、腰痛を発症したことに加え、「ホームランを打たなきゃ」とはやる気持ちとは裏腹になかなか勝負してもらえず、焦りからフォームも狂いはじめていた。

 この日も、中山の速球対策から、2打席目まで軽めの910グラムのバットを使っていた。だが、2回に2点を先行される苦しい展開も、3回に4対2と逆転し、一発狙ってもいい状況になると、「よっしゃ、いくで!」と愛用の930グラムのバットに戻し、打ち気満々で3打席目に立った。

「初球は手も出せないほど速かったけど、勝負してくれると思うと、うれしくて、闘志をかき立てられた。(本塁打は)高校生活で一番手ごたえがあった」。

 試合展開、バット、闘志の3つの条件が揃って生まれた文句なしの一発に、打たれた中山も「完敗です」と脱帽。力と力の対決を制した清原は、決勝までの3試合で大会新(当時)の5本塁打を固め打ちし、決勝の宇部商戦で放ったバックスクリーン弾も「150メートル」と報じられたが、こちらは話題づくりのため、下駄を履かせた感がある。

 この清原に匹敵する特大弾を放ったのが、99年の準優勝校・岡山理大付の捕手で、“吉備のドカベン”の異名をとった森田和也だ。

 3回戦の水戸商戦、3対0とリードの7回1死、センバツ準優勝投手の下手投げ右腕・三橋孝裕の真ん中外寄りの直球を左翼席中段に運ぶ140メートル弾。「歴代最長飛距離」と報じた新聞もあり、これが大会初安打でもあった。

 小さめのガッツポーズを繰り返し、巨体を揺すりながら、ゆっくりダイヤモンドを1周する姿は、ドカベンのイメージにピッタリ。「ゆっくり走ったのは、体がしんどいからです」と取材陣を笑わせ、背筋力270キロの怪力ながら、「(本塁打は)8分目の力でした」など、試合後のコメントもなかなかユニークだった。

 登録体重は105キロだが、実際は120キロ近くあり、甲子園入り後も「宿舎のご飯が美味しくて」2キロ増えたという。寮で同室のチームメートのCDケースを誤って踏んでしまったときには、ケースはもとよりCDまで割れてしまったというエピソードも。

 準決勝の智弁和歌山戦でもタイムリーを含む二塁打2本を放ち、「たくさん走って、本当にしんどい」のヒーロー談話でまた笑わせた。

 決勝では正田樹の桐生第一に1対14と大敗し、岡山県勢初の大旗を手にすることはできなかったが、試合後、連投の末、力尽きたエース・早藤祐介を「ご苦労さん、ナイスピッチングやったぞ」とねぎらう姿も印象的だった。

 そして、もう一人、140メートル弾を放った“伝説の男”が、06年、大阪桐蔭2年時の中田翔だ。

 1回戦の横浜戦、謝敷正吾の3ランで10対2と大きくリードを広げた8回1死、「来た球を思いっきり振ることしか考えていなかった」と、横浜の3番手・落司雄紀の初球、スライダーを弾丸ライナーでバックスクリーン左に運ぶとどめの特大ソロ。センター・下水流昂は1歩も動けず、打球は25段目に相当する中継用のカメラ台を直撃した。打った本人も「ダイヤモンドを回っていると、鳥肌が立った」としびれた強烈な当たりに、4万7千人の大観衆も一瞬シーンと静まり返ったほどだった。

 実はこの日、中田は宿舎で朝食を取ったあとに、うっかり二度寝してしまい、目覚めたのは球場に出発する集合時間ギリギリ。慌てて部屋を飛び出したため、愛用のバットを忘れてきてしまった。そこで、春まで使っていたバットを代わりに使ったところ、思わぬ特大アーチが飛び出したというしだい。「あのバットのお蔭です」。朝寝坊も時には“早起きは三文の徳”以上のご利益がある?

 このほか、02年に日章学園の瀬間仲ノルベルトが興誠戦で右翼ポール際中段に放った高い弾道の同点2ラン、05年に大阪桐蔭・平田良介が1試合3本塁打を記録した東北戦の4打席目に放ったバックスクリーン弾(3本目)、07年に智弁和歌山・坂口真規が仙台育英戦で佐藤由規から放った左中間中段への同点2ラン、18年に大阪桐蔭・根尾昂が決勝の金足農戦で吉田輝星から放ったバックスクリーン弾などが、いずれも130〜140メートル級の“伝説のアーチ”としてファンの脳裏に刻まれている。(文・久保田龍雄)

●プロフィール
久保田龍雄/1960年生まれ。東京都出身。中央大学文学部卒業後、地方紙の記者を経て独立。プロアマ問わず野球を中心に執筆活動を展開している。きめの細かいデータと史実に基づいた考察には定評がある。最新刊は電子書籍「プロ野球B級ニュース事件簿2019」(野球文明叢書)。