今年から「1週間500球」という球数制限が導入された高校野球。かなり緩やかな制限ではあるものの、投手の負担を和らげようという動きが一歩前進したことは間違いない。また、かつてのように一人のエースだけで勝ち抜ける時代ではなくなっており、地方大会の序盤から継投で戦うチームは当たり前になっている。そこで今回は過去の甲子園大会で威力を発揮した二枚看板、もしくはそれ以上の投手陣は果たしてどのチームだったのか探ってみたいと思う。



 まず強力な複数投手のチームでいうことで思い浮かぶのが1987年に春夏連覇を達成したPL学園だ。エースの野村弘樹、背番号10の橋本清、背番号7でレフトを守っていた岩崎充宏の三人がそれぞれ持ち味を発揮し、相手打線を寄せ付けなかった。夏の甲子園6試合の投手起用をまとめてみると以下のようになっている。

1回戦(対中央) 野村:4回1/3 橋本:4回2/3
2回戦(対九州学院) 野村:5回1/3 岩崎:3回2/3
3回戦(対高岡商) 野村:9回
準々決勝(対習志野) 橋本:9回
準決勝(対帝京) 野村:5回 橋本:4回
決勝(対常総学院) 野村:6回2/3 岩崎:2回1/3

大会合計
野村:30回1/3 橋本:17回2/3 岩崎:6回

 今から30年以上前にここまで見事に3人の投手を上手く使い分けて勝ち上がったというのは改めて驚きである。また野村はドラフト3位で大洋(現・DeNA)、橋本はドラフト1位で巨人に入団しプロでも主力として活躍。岩崎もプロ入りはならなかったものの、青山学院大、新日鉄名古屋でプレーしており、いかにレベルの高い3人が揃っていたかがよく分かるだろう。

 1990年夏には天理が南竜次、谷口功一という高校からプロ入りする投手二人を揃えて優勝を果たしているが、この大会で谷口が登板したのは2試合、6イニングだけであり、二枚看板と呼ぶのには疑問が残る。しかし天理は1997年春にも小南浩史、長崎伸一という二人の好投手を擁して優勝を果たしており、比較的早く複数投手で成功したチームと言える。また1998年夏の準決勝で松坂大輔擁する横浜にサヨナラ負けを喫した明徳義塾も寺本四郎、高橋一正と高校からプロ入りする二人の好投手を揃えていた。

 2000年代に入り継投で頂点まであと一歩まで迫るチームが登場する。それが2001年の近江だ。本格派のエース竹内和也、落差の大きいカーブが武器のサウスポー島脇信也、右サイドスローの清水信之介というタイプの異なる三人の投手は「三本の矢」と呼ばれ、5試合中準決勝を除く4試合で三人全員が登板するという徹底した継投策で滋賀県勢初となる決勝進出を果たしたのだ。決勝では惜しくも日大三に敗れて準優勝に終わったものの、この継投策は強いインパクトを残した。

 2000年代の強力二枚看板というと、東北高校のダルビッシュ有(カブス)と真壁賢守を思い浮かべる高校野球ファンも多いだろう。入学直後から大器と評判だったダルビッシュだが、当時は成長痛などの影響もあって満足な練習量をこなすことができず、故障に悩まされていた。そんなチームを救う存在となったのが背番号18をつけた真壁だった。

 2人が2年生で出場した2003年夏の甲子園では、初戦の筑陽学園戦でダルビッシュが腰痛を訴えて2回で降板となったが、その後に登板した真壁がロングリリーフで好投。続く2試合ではダルビッシュが完投したが、準々決勝では真壁が先発して6回途中まで1失点、準決勝では5回途中からリリーフして無失点と見事な投球を見せた。決勝戦では惜しくも常総学院に敗れて大旗の白河越えはならなかったものの、2000年代を代表する二枚看板だった。

 2004年から夏の甲子園連覇を達成した駒大苫小牧も複数の投手を起用して勝ち上がったチームだ。特に強力だったのが後に球界のエースとなる田中将大が2年生だった2005年の投手陣である。田中以外にも140キロ台後半のスピードを誇るエースの松橋拓也、スピードは田中と松橋には及ばないものの安定感と粘り強さが光った吉岡俊輔と力のある3年生投手二人を揃えており、地方大会でも一人に負担をかけずに勝ち抜いていた。

 そして甲子園でも初戦の聖心ウルスラ戦こそ松橋が完封勝利をおさめたものの、残りの4試合は全て継投で勝利を収めている。決勝戦の最後のボールとなった田中の150キロは毎年放送されているが、その裏には二人の三年生投手の存在が大きかったことは間違いないだろう。

 2010年代に入ると複数の力のある投手を揃えるチームは珍しくなくなったが、あえて最後に紹介したいのは今から58年前に史上初めて春夏連覇を達成した作新学院だ。選抜では後にプロ野球で完全試合も達成する八木沢荘六がエースとして優勝。しかし夏の甲子園直前に八木沢が体調を崩し、赤痢にかかっていたことが発覚。

 ただそんな中でも控え投手だった加藤斌が5試合をほぼ一人で投げ切り3完封という圧巻のピッチングでチームの危機を救ってみせたのだ。これまでに甲子園春夏連覇は7校、8チームが達成しているが、春に優勝したチームのエースを欠きながら達成したのはこの時の作新学院だけである。そういう意味では史上最強の二枚看板は八木沢、加藤と言えるかもしれない。

 冒頭でも触れたように球数制限が導入されたことで、継投で勝ち上がるチームが更に増えることが予想される。令和の時代、ここで紹介したようなチームを上回る強力投手陣が出現することを期待したい。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。