約1カ月後に迫ったプロ野球のドラフト会議。どの球団も指名候補の絞り込みに入っている時期ではあるが、アマチュア球界も例年と比べて試合数がかなり少なかっただけに、難しい判断を迫られることになる。またNPB球団自体も観客数の減少による収益の悪化が見込まれており、コスト削減の観点から支配下での指名人数を減らす球団が出てくることも予想される。そうなってくると重要なのが下位や育成で指名する選手だ。そこで今回はそんな需要にマッチした完成度は低いものの、大化けが期待できるスケール型のドラフト候補を厳選して紹介したいと思う。

 高校生で筆頭となるのが秋広優人(二松学舎大付)。まず何よりも魅力なのが身長2メートルという恵まれた体格だ。ポジションは投手と一塁手を兼任しており、投げても140キロ以上、打っても軽々とスタンドへ運ぶ長打力を備えている。これだけの素材であればもっと大騒ぎされても良いと思うかもしれないが、上位候補と言われないのにはもちろん理由がある。見るからにまだ体つきが細く、プレーの力強さはそれほど感じられないのだ。ピッチングでは重心が高く下半身の粘りも物足りない。

 打撃に関してもフルスイングに耐えうる体になっていないように見える。しかし大型選手にありがちな動きにギクシャクしたようなところがなく、長い手足を上手く使いこなしているというのは大きな長所である。長いストライドのランニングで脚力があるというのも魅力だ。どちらかというと将来性の針は野手の方に振れているように見えるが、投手としても非凡なものがあり、これだけの大きさで投手か野手か迷わせるプレーを見せること自体が才能の大きさを示している。プロでみっちり鍛えて身長に見合うだけの筋肉量がついた時に、どのようなプレーを見せてくれるかが非常に楽しみである。

 今年の高校生捕手は有力選手が少なくないが、そんな中であまり大きな話題にはなっていないものの、面白いのが中川拓真(豊橋中央)だ。チームは甲子園はもちろん東海大会の出場もないが、県内では力をつけている新興勢力で、2015年のドラフトでは同じく捕手の谷川原健太(ソフトバンク)が3位指名でプロ入りを果たしている。そして中川のポテンシャルも谷川原に負けないだけのものを秘めている。いかにもキャッチャーらしいたくましい体つきで、2.0秒を切れば強肩と言われるセカンド送球のタイムも夏の愛知独自大会では1.80秒をマークしている。

 打っても4番を任されており、力強いスイングが目立つ。攻守ともにまだまだ粗さはあり、プレーが雑になるところがあるのは課題だが、単純な投げる力、バットを振る力に関してはかなり高いレベルにあることは間違いない。プロでみっちり鍛えれば、甲斐拓也(ソフトバンク)のように大化けする可能性も十分にあるだろう。

 足の一芸名人として推したいのが奥野翔琉(明徳義塾)だ。昨年夏の甲子園では5番打者として出場していたが、新チームからはトップバッターに定着。秋の明治神宮大会ではドラフト1位候補の高橋宏斗(中京大中京)からもツーベースを放っている。とにかくトップスピードになるまでが速く、4.0秒を切ればかなりの俊足と言われる一塁までの到達タイムでは3.7秒台をマークする。8月に行われた甲子園交流試合でも2つの盗塁を決めてその足をアピールした。打撃はまだ力強さが物足りないがミート力はあるだけに、パワーがつけば面白い存在になりそうだ。

 大学生では佐藤蓮(上武大)、奈良木陸(筑波大)の二人の投手を推したい。佐藤は高校時代から大器と評判だったが、故障続きで昨年までリーグ戦での登板はゼロ。しかし自粛期間中にしっかりとコンディションを整えて最終学年で見事な成長を果たし、この夏のオープン戦では最速155キロをマークしている。秋のリーグ戦でもここまで3試合、3回の登板だが全試合で150キロ以上のスピードを叩き出し、被安打1、無四死球、5奪三振と上々の結果を残している。変化球で腕が振れず、コントロールもまだアバウトなところもあるが、ストレートの勢いは大学球界でも間違いなくトップクラスだ。奈良木も佐藤ほどではないものの、チームに好投手が多いこともあってリーグ戦での登板機会は多くないが、年々着実にスケールアップを果たしてきた。特に目立つのがフォームの良さだ。ゆったりと左足を上げて軸足に体重を乗せ、そこからスムーズにステップして下半身主導で投げることができている。佐藤と比べてもフォームのバランスが良く、秋季リーグの開幕戦では最速151キロもマークしている。

 強豪高校出身ではなく、フォームが安定しているだけにまだまだ伸びしろが感じられるというのも大きな魅力だ。佐藤、奈良木ともに実績面がかなり乏しいだけにプロ側がそこをどう評価するかは難しいところだが、現在の球界で需要の高いリリーフタイプの投手だけに、狙っている球団は少なくないだろう。(文・西尾典文)

●西尾典文/1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。