1番ショート吉川尚輝。

 誰もが望む巨人の新時代オーダーが現実味を帯びて来た。そうなると気になるのは、ライバル球団の二塁手2人の動向。


 
 ペナントの行方もほぼ決まった感じもするセ・リーグだが、少しずつザワザワし始めた。それを生み出したのは吉川の好調ぶりだ。

「(吉川)ナオキらしさがようやく出てきた。19年広島での開幕シリーズで爆発した時のような雰囲気を出している。今年は開幕延期などもあってスタートダッシュにつまずいた感じもあったが、普段通りの実力を出せばもっとできる。スピードと守備に関しては文句はないのだから、あとは打撃で結果を残すだけ。ナオキにメドが立てば、球団として温めていたビッグプランも動き出す。球史に残る内野陣を作り上げ、『V9』を超える黄金時代を築き上げるのも夢ではない」(巨人関係者)

 長年巨人の課題となっていたセカンドの“穴”を吉川が埋められるかに関しては、ここ数年大きな注目を集めてきた。16年ドラフト1位で中京学院大から巨人入り。アマチュア時代から走攻守全てにおいて飛び抜けた才能を発揮し大学4年時には大学日本代表にも選出された。スピードを生かしたプレースタイルは評価が高く、入団時には二塁手のレギュラー最右翼と言われ、将来的には遊撃手として巨人を支えると期待されていた。

 プロ入り当初はスピードがあるために、闇雲に打球へチャージする守備で『打球と喧嘩している』と注意されることもあった。しかし18年まで内野守備走塁コーチを務めていた井端弘和の下、徹底的に守備を磨き続けた。

「スピードを自分自身でコントロール(制御)できていないところが現時点の課題。はたから見ると慌てたようなプレーに見えてしまうことがあります。このスピードをうまくコントロールできるようになれば、それこそ日本では並ぶ者がいないくらいの、超がつく一流の内野手になれるのではないでしょうか」(19年11月2日付・週刊ベースボールONLINE)

 現役時代、球界きっての内野守備と言われた井端も認めるほど、守備面での可能性を秘めている。もともとは遊撃手だったため、二塁手もできることで選手としての幅も大きく広がったはず。打撃面での結果が出れば、遊撃コンバートも時間の問題だった。

「遊撃手と二塁手は動きが全く逆になる。戸惑う部分も多かったはずだが、井端コーチ(当時)の指導などもあり、本人は大きく成長できた。また守備の基本部分から徹底されたため、ポジション関係なく、内野手としてレベルアップを図れた。今後、吉川が遊撃手として起用できれば、坂本勇人を三塁にコンバートし守備での負担軽減を図ることもできる。球界を代表する大砲に育ちつつある岡本和真を一塁に固定し、打撃に専念させる。坂本、岡本は守備もうまい選手だから、打てて守れる内野陣ができる。歴史に残る巨人最強オーダーができるのも夢物語ではない」(巨人担当記者)

「問題はコンディションだけ。19年も『レギュラー二塁手を奪取』と思われたが腰痛を発症してしまった。ナオキの場合は腰の爆弾とどれだけうまく付き合っていけるか」と巨人関係者は続ける。

 19年は開幕から11試合で打率3割9分と絶好調。ところがキャンプ中から患っていた腰痛が悪化後、出場選手登録を抹消されシーズン最後まで復帰できなかった。

「ナオキの腰は『100かゼロ』。腰の状態が悪い時は日常生活にも支障が出るほど。試合に出られれば、ある程度の結果は見込める、こればかりはいつ発症するかわからない。腰に不安がなければ、すぐにでも遊撃手コンバートできるのだが」

 19年開幕前には練習試合等において遊撃も任されている。問題は「すべては腰に聞いてくれ」というコンディションだけである。

“本来の吉川”を維持できれば、巨人の明るい未来が見えて来る。そうなると頭を悩ませるのは、やはり次の二塁手は誰が守るのかという問題だ。センターラインとして守備面でも欠かせないポジションをどう捉え、誰を起用するのか……。

「吉川の打撃成績次第ですが」と、前置きした上で、巨人担当記者は獲得の可能性が再度浮上した2人の名前を上げてくれた。

 ヤクルト・山田哲人と広島・菊池涼介だ。

 今年は吉川以外にも、北村拓己、若林晃弘、増田大輝など才能あふれる若手も起用されている。しかしそういった選手を起用して成長を促すのではなく、「二塁手に関しては敢えて補強に行くのでは」と言う。

「『1番ショート吉川』で固定したい。吉川の出塁率が飛び抜けて高ければ多くの得点が可能となるため、確実性と長打力を併せ持った山田の1択になるだろう。チーム全体で攻撃に力を入れて『打ち勝つ野球』を採用できる。逆に出塁率が平均並ならば、二塁手には守備力も必要になって来る」

「加えて状況によっては進塁打など、繋ぎの打撃もできなくてはならない。広島で長年、2番打者として起用されてきた菊池という選択肢も出て来る。広島と昨オフに複数年契約を結んでいるが、両球団の思惑次第で状況は変化する。どちらにせよ吉川のパフォーマンス次第な部分もあり、現状では決めかねているのではないか。巨人編成担当は頭が痛いと思う」(巨人担当記者)

 吉川の活躍次第という部分もあるが、2人に対する評価も周囲を悩ませている。山田の打撃、菊池の守備に関しては、それぞれ最上級のものでNPB屈指の実力を誇る。しかし走攻守すべてをトータルで考えると、すべてにおいてパーフェクトな選手とは言い難い。実際2人ともメジャー願望が強かったが、米球界関係者の評価はそこまで高くなかった。

「山田の打撃は素晴らしい。長打力と確実性を備えていて適応力も高く、米国でも平均以上の成績は残せるはず。守備に関しては米国ではかなり下のランクになる。人工芝に慣れていて打球を待ってしまうのが致命的。菊池は逆に守備に関しては、米国でも平均以上の評価。身体能力も高く打球勘が良く肩も強い。ただし打撃に関しては非力で、自らの重心を球にぶつけるスタイルなので確実性も低くなる。コロナ禍で各球団とも経営的に苦しく、契約も厳しくなることが予想される。(山田に関して国内での移籍となれば)巨人、ソフトバンク、楽天などが得策だと思う」(MLBアジア地区担当スカウト)

 一部では山田のヤクルト残留可能性も取り沙汰される。菊池に関しては将来の幹部候補として広島に腰を据えるのではという声もある。昨年暮れには、推定3億円の4年契約を結んだ。しかし両球団が合意さえすれば、契約期間中でも移籍自体は可能だ。広島は過渡期に差し掛かりつつある中、思い切って若手有望株獲得という選択肢もあるのではないか。

「まずは巨人フロントの考え方1つ。今年はシーズン中にもかかわらず、澤村拓一をロッテに放出するなど4件のトレードを行った。必要と判断すれば積極的に動くことが証明された。巨人が補強に動くとするならば中途半端な選手には行かないはず。球界を代表する打者と守備の名手、どちらかを獲得に動く可能性は大きい。もしくは時期をずらして両選手獲得という力技もないとは言えない。山田、菊池とも名前の知られた選手なので、移籍すれば話題になる。東京五輪後は野球が盛り上がるはず」(在京テレビ局スポーツ部記者)

 周囲は巨人の動向に大注目だが、それも吉川次第の部分が大きい。9月途中に1番セカンドの定位置を確保して以来、好調を持続しておりシーズンを通じて打率3割も狙える位置だ。この調子で誰もが認める二塁手のレギュラーとなることが、まずは第一段階で、その先に遊撃コンバートなどの話がある。

 ネット上では人気アイドル西野七瀬との熱愛の噂まで上がるなど、注目度は高くなっている(真偽は確かではないが)。グラウンド内外が騒がしくなりつつある吉川にとって勝負の時期なのは間違いない。長年、期待され続けたドラ1は、正ポジション獲得、そして最強巨人の主役となれるだろうか。そして山田、菊池の2人の動向にも注目だ。