阪神タイガースの上本博紀内野手(34)も今季限りで戦力外通告を球団から受けていることがわかった。阪神一筋12年で選手会長まで務めた阪神の主力選手だった上本。すでに抑えの切り札だった藤川球児投手(40)、2000本安打を記録した福留孝介外野手(43)、エース格だった能見篤史投手(41)の退団も決定的となり、一気にチームの顔が消える。



「若手が育ってきたので、もう活躍の場がない。ちょうど、これまで支えてくれた選手と新しい戦力を入れ替える過渡期だ」と球団関係者はいう。

 10月30日時点で阪神のチーム成績は3位、勝率も5割を上回り、Aクラスをキープ。コロナ禍とはいえ、これほど一気にチームの中心選手が消えるような状況ではない。

「これまで阪神さんは特別扱いだった。阪神さんでこれまで通り、好きにやってくれと。しかし、もうそういう時代じゃないってことだ」

 こう話すのは、2006年に阪神電鉄を子会社化した阪急電鉄の幹部だ。阪急電鉄もかつて阪急ブレーブスの親会社だった。しかし、同じプロ野球チームでも阪神タイガースは球界では“別格”だったという。

「いい話は10倍、悪い話は100倍で阪神の場合は報じられ、伝わっていく。いい話ばかりだとプラスだが、悪い話が一つあれば帳消し。それが株価やグループの利益にすぐに反映してくるのが、阪神の凄さ。阪急ブレーブスの時代にはなかった。今は、うちの傘下にある阪神。こちらの意向もしっかり伝えて、口出しする時代がやってきたということ。とりわけ、2度も選手が集団で新型コロナウイルスに感染したことが大きい。『選手から感染者が出て、阪急や阪神に乗るとコロナになる』なんてデマが広がってしまう。野球は別格とやっていては、グループ全体に影響するし、株主さんも承知しない。コンプライアンスを重視して、阪神もしっかりと成果主義で行かないとダメですよ」(前出の阪急幹部)

  すでにコロナ問題で阪神タイガースの揚塩健治球団社長が突然、辞任。功労ある選手も容赦しなという阪急側の思惑が今回の大リストラの背景にあったようだ。

 阪神OBはこう話す。

「阪神の功労者を簡単に切るのは、阪急の意向で会っても冷たく映る。しかし、阪急ブレーブスは優勝経験もある球団だし、今は阪神の親会社なので従うしかないね」

 10月26日のドラフト会議でも阪急の意向が現れていたという。阪神は1位指名で4球団が重複した近畿大学の佐藤輝明選手(21)を引き当てたが、2位以下は即戦力を前提に社会人、大学を主に指名した。

「今年も巨人の独走を許し、選手を育てるより勝ってくれ、成績を出してくれという阪急の意向もあっての指名ですよ。情勢次第では阪神タイガースという球団名もどうなるかわかりません。阪急タイガース? それも将来的には選択肢でしょう」(前出の阪急幹部)

(今西憲之)

※週刊朝日オンライン限定記事