すっかりシーズンオフに入ったプロ野球だが、来年の開幕が待ち遠しいファンも多いはずだ。特に関心度が高いのがチームに新しい風を吹き込む若手選手ではないだろうか。2020年も高卒3年目の平良海馬(西武)が大車輪の活躍を見せて、見事新人王に輝いた。そこで今回は2021年のブレイク候補となる若手選手について、期待度の大きさからランキング形式で紹介したいと思う。前回のパ・リーグ編に続いて、今回はセ・リーグ編をお届けする。なお基準としては2021年のルーキー以外で新人王の資格がある選手とした。

*  *  *
5位:石垣雅海(中日:5年目)

2020年一軍成績:25試合4安打1本塁打1打点0盗塁 打率.121
2020年二軍成績:40試合51安打5本塁打21打点1盗塁 打率.372

 根尾昂、石橋康太、石川昂弥、岡林勇希など高卒の楽しみな野手が多い中日だが、彼らよりも一足早く一軍定着の期待がかかるのが石垣だ。とにかく豪快なフルスイングは高校時代からの大きな特長で、プロ入り2年目のフレッシュオールスターでバックスクリーンへの一発を放ちMVPにも輝いている。課題と言われていた確実性もアップし、今年は一軍でもプロ初ホームランを放った。チームの外野陣はライトの平田良介が年々成績を落としており、センターの大島洋平以外は流動的な状況だけに、一気にレギュラー奪取するようなスタートダッシュを見せたいところだ。


4位:井上温大(巨人:2年目)

2020年一軍成績:出場なし
2020年二軍成績:9試合1勝1敗0セーブ 防御率4.80

 今年は高卒2年目の戸郷翔征がブレイクした巨人だが、その戸郷に続く存在として期待がかかるのが同じ高卒の井上だ。夏場までは体作りの日々が続いたが、シーズン終盤にはかけて確実に成長。オフに行われたフェニックスリーグでは先発した全3試合で好投を見せ、一躍その名をあげた。高校時代から美しいと形容したくなるバランスの良いしなやかなフォームで、サウスポーらしいボールの角度が持ち味。菅野智之のメジャー移籍が濃厚なだけに、キャンプ、オープン戦でアピールして、開幕ローテーション争いに加わりたいところだ。


3位:藤井黎來(広島:4年目)※支配下登録からは2年目

2020年一軍成績:3試合0勝0敗0セーブ 防御率6.00
2020年二軍成績:18試合0勝1敗1セーブ 防御率1.09

 2017年の育成ドラフト2位でプロ入りし、3年目の今シーズン大きな飛躍を遂げて支配下登録を勝ち取ると、シーズン終盤には一軍デビューも果たした。二軍ではイニングを上回る奪三振数をマークしており、防御率1.09、WHIP(投球回あたり与四球・被安打数合計)も0.85と見事な成績をマークしている。最大の武器は130キロ台のスピードがありながら、落差が大きくブレーキ十分のフォーク。一軍でも3回を投げて2失点ながら4奪三振を奪い、フォークが通用する手応えをつかんだはずだ。現状140キロ台中盤のストレートにもう少し勢いが出てくれば、さらにフォークが生きることは間違いない。今年はリリーフ陣の崩壊に苦しんだチーム事情もあるだけに、一気に一軍定着の期待もかかる。


2位:蝦名達夫(DeNA:2年目)

2020年一軍成績:17試合3安打1本塁打1打点0盗塁 打率.143
2020年二軍成績:32試合30安打6本塁打19打点3盗塁 打率.280

 ルーキーイヤーの今年はキャンプで左手を骨折して出遅れたものの、開幕が遅れたことが奏功して開幕一軍入りを果たした。結局1打席のみの出場で、すぐに登録抹消となったものの、二軍では安定したバッティングを披露。再昇格となった9月にはプロ初ホームランも放った。体格とパワーに注目が集まるが、ボールを見る形が安定しており、選球眼の良さも光る。同じ右の外野手では細川成也がライバルとなるが、細川と比べても力みなく強い打球が打てるのが持ち味。肩の強さはプロでも上位のレベルで、大型ながら脚力を備えているのも魅力だ。梶谷隆幸がFAで巨人に移籍し、外野のポジションが一つ空いただけに、レギュラー候補の一人として期待したい。


1位:奥川恭伸(ヤクルト:2年目)

2020年一軍成績:1試合0勝1敗0セーブ 防御率22.50
2020年二軍成績:7試合1勝1敗0セーブ 防御率1.83

 セ・リーグのブレイク候補ナンバーワンはやはり奥川になるだろう。自主トレ中に肩の炎症が発覚し、シーズンに入っても慎重な調整が続いていたが、二軍では7試合に登板して防御率1.83、奪三振率8.24、WHIP0.66と高校卒ルーキーとしては十分すぎるほどの結果を残している。一軍初登板は緊張からかスピードもコントロールも二軍で登板している時とは別人の出来でほろ苦いデビューとなったが、その後に行われたフェニックスリーグではさすがの投球を見せた。好調時のボールは十分一軍で通用するレベルにあるだけに、あとは調子の波をいかに小さくできるかがポイントとなりそうだ。投手陣の台所事情は来年も苦しくなることが予想されるだけに、開幕からローテーションの中心として回るくらいの飛躍に期待したい。

(文・西尾典文)

●プロフィール
西尾典文1979年生まれ。愛知県出身。筑波大学大学院で野球の動作解析について研究。主に高校野球、大学野球、社会人野球を中心に年間300試合以上を現場で取材し、執筆活動を行っている。ドラフト情報を研究する団体「プロアマ野球研究所(PABBlab)」主任研究員。