「野球人生の分岐点ということで、環境を変えてゼロから挑戦していくか、それとも慣れ親しんだヤクルトスワローズでもう一度優勝を目指していくか、葛藤がありました。悩む中で、今までの苦楽を共にした仲間ともう一度、優勝したいという気持ちが強くなりました」



 昨季終了後にFAを宣言し、年の瀬の12月25日にヤクルト残留を発表した小川泰弘(30歳)は、新たに4年契約を結んだ契約更改後の会見で、そう話したという。

 昨年、2年連続のセ・リーグ最下位に沈んだヤクルトは、オフには投打の主力の流出危機に見舞われていた。自身5年ぶりの2ケタ勝利となる10勝を挙げたチーム勝ち頭の小川だけではない。シーズン打率3割・30本塁打・30盗塁を3度クリアしている「ミスター・トリプルスリー」の山田哲人(28歳)、昨季はリーグ3位の20セーブをマークした守護神の石山泰稚(32歳)も、国内FA権を取得していたからだ。

 ところがフタを開けてみれば、山田と石山が早々とFA権を行使せずに残留すると発表。一度はFAを宣言した小川も含め、3人とも複数年で再契約の運びとなった。

「いろいろ考えたが、球団の誠意、愛をすごく感じた。監督、コーチ、選手、そしてファンの方々にも残って欲しい、来年以降も同じユニフォームを着て戦いたいという言葉をたくさんいただいた。勘違いかもしれないが、自分は愛されていると感じた。自分の居場所はこのチームだと感じて、残留を決意した」(山田)

「シーズン中からずっと必要だという言葉をいただいて、4年契約をさせてもらうことになりました。ヤクルトでFAを取れたのは嬉しいですし、ここまで育ててもらった恩がある。こういう契約をいただいたので、ヤクルトでずっと活躍できればなと思っている」(石山)

 冒頭の小川も含め、それぞれのコメントから感じられるのは球団に対する「愛着」である。その根底にあるのは、チームの「居心地の良さ」だろう。ヤクルトという球団は家族的な雰囲気や選手に対する面倒見の良さから、古くから「ファミリー球団」と言われてきた。その“伝統”は今も受け継がれている。

「(移籍する前から)チームワークのいいチームだと思って見ていたので、そういう意味では大きなギャップはなかったです。(チームの)みんなが溶け込みやすくしてくれたというか、なじみやすい環境を作ってくれたんで、その辺は感謝しないといけないなと思いますね」

 今や、“過去”を知らなければ生え抜きと言われても鵜呑みにしそうなほどヤクルトのユニフォームが板についている坂口智隆も、2016年にオリックスから移籍してきた当初にそんな話をしていたことがある。彼に限らず、他球団からの移籍組も、ドラフトで入団してきたルーキーも、多くの選手がチームへの「溶け込みやすさ」を口にする。

 当時、坂口は「ファンの方も本当に温かいというか、実際に温かい言葉もたくさんかけてもらいました。キツいヤジとかも印象にないですし、非常に温かい声援を送ってもらったんでね、そういう意味でも溶け込みやすかったです」とも話していたが、本拠地の神宮球場に足を運ぶファンも実に温かい。いくら負けが込んでも、スタンドから罵声を浴びせるようなことはめったにない。それも1990年代に入るまで優勝は1度きりで、Aクラス入りも数えるほどしかなかった「弱小時代」からの“伝統”と言っていい。

 そうした溶け込みやすさは、年を重ねるごとに居心地の良さとなり、チームへの愛着は増していく。愛着のある球団で、良き仲間と共に優勝を目指したい──。冒頭の小川のコメントは、それを如実に表すものだ。もっとも、もしヤクルトが2015年に優勝していなかったとしたら、それでも彼は同じ気持ちになっていただろうか?

 小川がドラフト2位で入団してからの8年間でヤクルトがAクラス入りしたのは、優勝した2015年を除けば1度だけ(2018年2位)。一方で、この間に最下位は5回を数える。それでも優勝の喜びを分かち合った思い出があるからこそ、「苦楽を共にした仲間ともう一度、優勝したいという気持ち」になったのではないか。

 縁起でもないと言われるかもしれないが、この先何年もヤクルトが優勝と無縁のまま低迷期が続いていったとしたら……。その頃に初めてFA権を取得したスター選手は、それでもこのチームでプレーし続けたいと思うだろうか。

 これは「温かい」といわれるファンについても言えることで、彼らも決してここ2年の結果を良しとしているわけではない。「勝てなくとも“応燕”(※)する」というファンが多いのは事実だが、そんな燕党からも「やっぱり勝ってほしい」、「好きなチームが負けるのは辛い」といった声も聞こえてくる。

 ファミリー体質は大いにけっこう。ただし、やはり勝負に勝つことは重要だし、そのためにはある程度の“投資”も必要になる。それを球団も十分に理解したのだろう。このオフは大きく動いた。

 まずはFA流出の可能性があった山田と7年、石山、小川とはそれぞれ4年の長期契約で引き留めに成功。出来高払いも含めると、3人の契約期間内の年俸は総額で50億円を超えるといわれる。さらに今月で39歳になったばかりのチームの至宝・青木宣親とも、推定で総額10憶円の3年契約を結んだ。

 DeNAからFAとなった井納翔一(現巨人)の獲得はならなかったものの、セ・パで首位打者に輝いた内川聖一(前ソフトバンク)、東大出身の左腕・宮台康平(前日本ハム)など、他球団を戦力外となった選手を積極的に獲得。2017年にブリュワーズで30本塁打を放ったドミンゴ・サンタナと推定1億円超の年俸で契約するなど、3人の新外国人も加えた。

 特筆すべきは、昨年のドラフトで支配下6人のほか、4人の育成選手を指名したことだ。2013年以降、ヤクルトの育成選手は多くても4人だったが、今シーズンは小澤(こざわ)怜史(前ソフトバンク)、近藤弘樹(前楽天)の移籍組を含めて総勢7人に上る。育成コーチも復活させたのは、本気で底上げを目指している証だろう。

 もちろん、これで優勝を狙う態勢が整ったとまでは言えないが、まずは球団史上でも過去に例のない3年連続最下位を阻止し、その先を見据えた地ならしも進めているように見える。大げさに言うならヤクルトは今、生まれ変わろうとしていると言っていい。あの山田、石山、小川との大型契約が象徴的な出来事だった──。近い将来、そんなふうに語られる日が来ることを期待したい。

(※)チーム名(スワローズ=燕)にかけて、ヤクルトファンは「応援」をこう表記する

(文・菊田康彦)

●プロフィール
菊田康彦
1966年生まれ。静岡県出身。大学卒業後、地方公務員、英会話講師などを経てフリーライターに転身。2004〜08年『スカパーMLBライブ』、16〜17年『スポナビライブMLB』出演。プロ野球は10年からヤクルトの取材を続けている。