「ヤバいビル」に魅了された男の一生の不覚はやはり、同潤会アパートだった…

「ヤバいビル」に魅了された男の一生の不覚はやはり、同潤会アパートだった…

 オリンピックに向けてひたらす改造が進む東京。新しい巨大なビルが増える一方で、もっと小さな街場のビルを楽しむ人も増えている。三浦展さんの新著『ヤバいビル』(朝日新聞出版)の刊行を契機に、20年来の仲だという建築家の馬場正尊さんとの対談を実施した。二人の会話から過去30年間の東京と東京に生きる人々の感性の変貌が見えてくる。



*  *  *
■2000年の散歩が今につながる

馬場:『ヤバいビル』の写真を見ましたが、よくこんなに集めましたね。サヴォワ邸(コルビュジエの代表作)にアール(曲線)をつけている物件とか驚きです。『ヤバいビル』に掲載されている大宮の風俗店も、三浦さんの推測が面白すぎる。これから岸田日出刀(戦前を代表する建築家)が出てくるなんて誰も考えない(笑)。

三浦:古いビルを見るという視点はそもそも馬場君から得たものです。馬場君とは2000年に、ある雑誌の企画で中目黒や裏原宿を歩いたのが、本書に出てくるような街場の古い建物を面白がった最初ですね。まだリノベーションという言葉がない時代だった。

馬場:懐かしい。設計事務所をやってると、当たり前ですが建築基準法を遵守しないといけないわけですよ。だけど、中目黒や裏原宿とかは木賃アパートの壁を取っ払って、そこにガラスはめただけの美容室みたいなのがいっぱいあって、でもその自由さがうらやましかった。生きる力に満ち溢れているというか。すごく良かったですね。

三浦:面白かったね。今のスタイル化したというか、いわば制度化されたリノベとは違ってアナーキーだった。その後、馬場君が新しい視点から不動産の魅力を見いだす「R不動産」の前身となる活動を始めて、東日本橋あたりのビルに注目して、何度か案内をしてもらったんですけど、そもそも、いつ頃から古いビルに目覚めたのですか?

■自分の家を改造したくて

馬場:私が大学に入学したのが1980年代後半です。建築学生だったので、古い建築を見てまわったし、大学でもフィールドワークで、「街を読み取る」という授業もありました。石山修武(建築家)が大学時代の先生だったんで、集落とか、伊豆の松崎の地域再生とかもしました。街をクローズアップして見て歩く習慣はありましたね。

 ただし、それは勉強としてというか、客観的調査だったんです。街に深くコミットしてない。その後学生時代にボロボロの木造の古い家を自分で改造して住みたくなって、大家さん訪ねていって、断られたりしていたんですよ。

三浦:早い! バブル時代にもうやってたんだ。

馬場:やってました。でもなかなか、改造に「うん」って言ってくれる人がいなくて。あと、学生時代、ちょうど代官山の同潤会アパートが取り壊されるのが決まった頃、あの辺をうろうろしたりしました。木造だらけのエリアとかがあったんですよね。

三浦:「しもたや」みたいのがたくさんあったね。

馬場:早稲田の鈴木了二さんていう建築家の影響なんだけど、ボロボロの木造の廃墟とか同潤会の壁をフロッタージュ(注)したり、マニアックなことはしていましたね。

(注)表面がでこぼこした物の上に紙を置き、例えば、鉛筆でこすると、その表面のでこぼこが模様となって、紙に写し取られる。このような技法およびこれにより制作された作品をフロッタージュと呼ぶ。

■一生の不覚

三浦:僕ね、一生の不覚がいくつかあるんですけど、その一つが同潤会の代官山アパートを記録しなかったことなんですよ。パルコにいた1982、83年頃、祐天寺に住んでいて、渋谷の会社まで代官山から歩いて会社まで行ったのよ。休日出勤で。そしたら代官山アパートに迷い込んだの。その時の記憶が、ウィーンを舞台にした戦前のヨーロッパ映画みたいなイメージで今も残っているんですよ。なんかセピア色で。

馬場:わかる、わかる。

三浦:でも仕事があるからすぐ会社に行って。もう一回見に行ったと思うんですけど、でも当時の仕事は最新の流行を追うことじゃないですか。古い建物がいいねという気持ちは僕にもスタッフにもちょっとはあったんですけど、記事にするとか調べるとかいう事はまったく思いつかなかったんだよね。84年頃から藤森照信さん(建築史家)が「建築探偵」とか「路上観察」とか言い出したから、その時期なら代官山アパートを調査してもよかったはずなの。それでもしなかったんだよねえ。恵比寿を3日歩いて完璧な店舗地図をつくったことがあるのになあ。

馬場:パルコ文化全盛期だからねえ。

三浦:古い建物を追いかけてという仕事じゃないんですよ。それが最大の一生の不覚でね。代官山アパートを83年頃記録していたら、相当早いよ。

馬場:めちゃくちゃ早い。でも、そんな昔から古い建物の色気を感じる萌芽があったわけですね。僕は東京に出てきたのが87年。その頃、代官山あたりは結構注目されていて、おしゃれなフランス料理屋ができていたりする中で、まわりはぼろい家がたくさんあって。その頃、カメラに凝るというほどじゃないけど、セピア色って三浦さん言ったけど、安いカメラをもって、わざわざモノクロのフィルムを入れて代官山のあの辺を結構撮ってましたね。

三浦:へえ。じゃあ、駒沢通りですれ違っていたかもね。早稲田大教授の佐藤滋さんの『集合住宅団地の変遷』という、同潤会をたくさんとりあげた本が89年刊行だから、ちょうどそういう時期だったのかな。

馬場:そうか、そういう時期が僕の学生時代と重なっているんですね。ちょうど石山修武が早稲田大学にきて、西洋から輸入されたデザインを日本人がコピーし、RC風の建物を日本の左官技術で作ったもの、日本ならではの職人の技術と感性で引用しながらつくったキッチュなものを、ポジティブに評価していた。そういうことに対して僕も共感があったんだと思うし、ちょうど藤森照信さんの「路上観察」を僕も読んで、「あ、それをデザインとしてとらえて、楽しんでもいいんだ」という時代が始まった。モダニズムに設計された建築業界の品位みたいのをとっぱらってくれたようなところに身を置いていたというのが大きいかもね。今考えてみれば。

■路上観察という視点

三浦:藤森さんも佐藤さんも団塊世代だよね。団塊世代の建築家というのは、若いときにモダニズムの限界をつきつけられるわけだよね。

馬場:そうだ。

三浦:単なるモダニズムに対する疑念から生まれた研究や活動として実を結ぶのが40歳位になってから。1980年代だったんでしょう。

馬場:僕もそうなんだけど、ベースを遡れといわれると、今和次郎の考現学に行き当たる所があって。今和次郎は、関東大震災の復興で人々が色々なところから拾ってきたごみとか、がれきとか集めてバラックに可能性を見出したわけだし。

三浦:石山さんの『バラック浄土』ね。

馬場:そう。はしくれで建築をつくっていくってのは、人々の営みというか、素人の営みの活き活きした感じをポジティブにとらえなおすきっかけだった。あれが僕のベースかな。

※2018年4月28日 於:御茶ノ水山の上ホテル

(構成/三浦展)

馬場正尊(ばば・まさたか)/オープンA代表取締役・建築家・東北芸術工科大学教授。1968年佐賀県生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。博報堂、早稲田大学博士課程、雑誌『A』編集長を経て、2003年オープンAを設立。2003年から「東京R不動産」を運営、人気となり全国各地のR不動産ができる。建築設計を基軸にしながら、公共空間づくりなど幅広い活動を行っている。著書に『公共R不動産のプロジェクトスタディ』『エリアリノベーション』『都市をリノベーション』など多数。

三浦展(みうら・あつし)/社会デザイン研究者。1958年生まれ。82年 一橋大学社会学部卒業。(株)パルコに入社し86年同誌編集長。90年三菱総合研究所入社。99年 「カルチャースタディーズ研究所」設立。消費社会、都市、郊外などの研究を踏まえ、時代を予測し、社会デザインを提案している。 著書に『下流社会』『第四の消費』『吉祥寺スタイル』『高円寺東京新女子街』『東京田園モダン』『新東京風景論』『ファスト風土化する日本』『東京高級住宅地探訪』『東京郊外の生存競争が始まった!』など多数。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索