プロ直伝! 初心者でも楽しめる日本百名山は栃木にあった!

プロ直伝! 初心者でも楽しめる日本百名山は栃木にあった!

 登山の醍醐味といえば、やっぱり絶景。

「登山初心者でも簡単に登れて、絶景が楽しめる山を教えてください」。4人の登山関係者にそんなリクエストをぶつけてみたところ、2人から名前があがったのが那須岳だった。



那須岳とは、栃木県にある、茶臼岳、三本槍岳、朝日岳、南月山、黒尾谷岳の那須五岳の総称。日本百名山の一つだ。
レベルに合わせてさまざまなコースを選べるが、今回は主峰の茶臼岳を目指すコースと、さらにお手軽にハイキング気分を楽しめる牛ケ首までの2つのコースに行ってきた。

 那須ロープウェイの山頂駅から、まず茶臼岳を目指す。道は案外険しく、岩場が続く。サンダル姿で苦戦する若者とすれ違う。このコースは登山靴で挑みたい。

一方、牛ケ首まではなだらかな道が続き、より気軽に歩ける。幼稚園児のハイキングにも出くわした。

 登山後の楽しみは、やっぱり温泉。那須は立ち寄り湯が豊富だ。天気にも恵まれ、最高の休日となった。

【挑戦したコース】
(1)那須ロープウェイ山頂駅から茶臼岳の往復(約90分)
(2)山頂駅から牛ケ首までの往復(約60分)

【出発点】
那須ロープウェイ山麓駅(栃木県那須町湯本那須岳215)。駐車場あり。公共交通機関を利用の場合は、那須塩原駅または黒磯駅から東野交通バス那須線で那須ロープウェイ下車

【おすすめ時期】
5月下旬〜11月初旬。紅葉は例年9月下旬〜10月下旬

■登山の持ち物リスト
本格登山でなくとも、山に入るのにふさわしい準備や服装がある。持ち物リストをまとめてみました。

【必須の服装・持ち物】
□登山靴・トレッキングシューズ:道が整備された簡単な山であれば運動靴でも登れるが、できれば登山用の靴を用意したい。底が硬めで足首のあるタイプのほうがラクに登れる
□防寒着:標高が上がれば気温は下がる。フリースやダウンジャケットなどの羽織りものを
□吸汗速乾の肌着:汗冷えを防ぐため、綿のものは避ける
□帽子:熱中症対策に。風に飛ばされないよう、あご紐があるものが安心
□ザック:今回紹介しているコース例なら、普段使いのリュックでもOK
□レインウェア:天気予報が晴れでも、万一に備えて持っていきたい
□水筒・ペットボトル:水やスポーツドリンクはこまめに摂取
□地図:本格的な登山でなくとも、なんらかの地図は必要。GPSで現在地がわかるアプリも便利だが、スマホの充電切れには要注意
□腕時計
□携帯電話
□タオル
□行動食・非常食

【あると便利】
□サングラス
□日焼け止め
□ティッシュペーパー
□ウェットティッシュ
□軍手・手袋
□ポリ袋
□トレッキングポール(杖)

【本格登山なら必須】
□登山計画書:山に入る前に必ず提出を
□ヘッドランプ
□ライター
□エマージェンシーシート(遭難時に役立つ防風・防寒・防水効果がある薄手のシート)
□救急用具:ばんそうこう、消毒液、鎮痛剤、解熱剤など

(取材・構成/本誌・野村美絵)

※週刊朝日  2018年9月7日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索