身売りか倒産か… アップルがどん底から米史上初めて時価総額1兆ドルを突破できた理由

身売りか倒産か… アップルがどん底から米史上初めて時価総額1兆ドルを突破できた理由

 今年、アメリカに時価総額1兆ドルを超える企業が相次いで誕生した。

 8月2日にアップルが1兆ドルを突破したかと思うと、そのわずか33日後の9月5日にアマゾンも1兆ドルの大台に乗せ、近いうちにグーグルの親会社アルファベットなども続くのではと言われている。

 ニューヨーク証券取引所の200年を超える歴史の中で、初めて1兆ドルを突破したのは、アップルだった。一時は「身売りか倒産か」と言われるところまで業績が落ち込み、2011年にはカリスマ経営者スティーブ・ジョブズを失いながら、アップルはいかにして成長を続け、歴史的な偉業を成し遂げたのか。『スティーブ・ジョブズ 世界を興奮させる組織のつくり方』の著者、桑原晃弥氏に話を聞いた。

*  *  *
 企業を評価する尺度は時価総額がすべてではありませんが、日本一のトヨタ自動車の時価総額が約22兆円ということを考えると、アップルやアマゾンの巨大さがよく分かります。アップルの創業は1976年のことです。スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、ロン・ウェイン(その後離脱)の3人で創業、ジョブズの実家のガレージでアップルIを組み立てるというほんのささやかなスタートでした。

 以来、40年余りで1兆ドル企業へと成長したわけですが、その軌跡は、ほぼ一直線に成長し続けたアマゾンとは違って山あり谷ありのものでした。アップルはアップルIIの大ヒットにより創業からわずか4年で株式を公開、その後もマッキントッシュによって一大ブームを巻き起こしたものの、85年にジョブズはアップルから追放されています。

 以来、アップルは約10年余りに渡ってジョブズ不在となります。その間、アップルはジョン・スカリーの下で、栄光の時代もありましたが、その後は転落の一途を辿り、話題になるのは「商品」ではなく「身売りか倒産か」という悲惨な話ばかりでした。

 1997年、ジョブズが暫定CEOに就任した当時の時価総額はわずか23億ドル程度に過ぎませんでした。株式を公開した際の時価総額が約18億ドルですから、時価総額はわずか5億ドルしか上がらなかったことになります。

 そして10年後の2007年6月、ジョブズが初代のiPhoneを発売したことでアップルの時価総額は1000億ドルを突破、2010年には2959億ドルで世界時価総額ランキングのベスト10に初めてランクインしたかと思うと、翌2011年にはエクソンモービルを抜いて1位となり、2018年には世界初の1兆ドル企業の座についています。

 そこには2つの疑問があります。1つは「身売りか倒産か」という企業をなぜジョブズは世界一の企業へと成長させることができたのかであり、もう1つは2011年にジョブズが亡くなった後もなぜアップルは成長し続けることができたのか、です。

 ジョブズは暫定CEOに就任して以降、iMacに始まり、iPodやiPhone、iPadなど「世界を変える」ほどの商品を次々と発表しています。こうした圧倒的な商品をつくることでアップルのブランド価値は他社を圧倒するものとなり、結果、アップルが急成長を遂げたというストーリーはよく分かります。

 まさにイノベーターでありビジョナリーでもあるジョブズの真骨頂と言えますが、当時から言われていたのは「ジョブズ亡きあとのアップルはどうなるのか?」でした。カリスマを失った企業が凋落へと向かうというのはよくあることです。その経営者が偉大であればあるほどその反動なのか、企業は魅力も方向性も失ってやがては市場から消え去るか、「過去に繁栄した大企業」になり下がるだけなのです。

 ところが、アップルは凋落どころかさらなる成長を続けています。もちろんCEOティム・クックの経営手腕もあるわけですが、それ以上に今日のアップルを見れば見るほど生前のジョブズが力を注いでいたのが「最高の商品づくり」と同時に「最高の企業づくり」だったことがよく分かります。かつてこんな言葉を口にしていました。

「魂を持ち合わせた100億ドル企業にしたい」
「僕は、いつまでも続く会社をつくることに情熱を燃やしてきた。すごい製品をつくりたいと社員が猛烈にがんばる会社を」

 すぐれた商品はいきなり誕生するわけではありません。そのためにはアイデアが生まれやすい環境、アイデアを拾い上げるシステム、アイデアを迷子にすることなくしっかりと形にする仕組みがなければ決してすぐれた商品をつくり上げることはできません。20代のジョブズは驚くほど革新的な企業が10年、20年後には夢も希望もロマンもないただの大企業になり下がる様子を見て、アップルはそんな企業にはしたくないと思い続けてきました。

 そこから生まれたのが組織へのこだわりであり、「会社自体が最高のイノベーションになる」という考え方です。イノベーションに人を欠くことはできませんが、同時にいろいろなアイデアを生み育てることのできる組織や建物、文化をつくらなければ、イノベーションの大半は失われると考えていたのです。

「顔が見える100人以内のチーム」「メンバーが活発にコミュニケーションを交わすための職場環境づくり」など、ジョブズの先進的な組織哲学は、その後のITベンチャーにも受け継がれています。

 ジョブズはたくさんのすぐれた商品をつくることで人々の生活を豊かにしてくれましたが、もしかしたらジョブズ最高の発明品はアップルという会社なのかもしれません。ジョブズがつくり上げたもの、それはすぐれた商品だけではなく、「イノベーションを生み続け、成長し続ける企業」そのものなのです。


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索