モノ、コト、なんでもスピード化されているいま、とてつもない長い距離を各駅停車で走る長距離鈍行がある。JRグループの最長距離鈍行(各駅停車)は、JR東日本の熱海発黒磯行き1644Eおよび黒磯発熱海行き1545Eで、上野東京ライン(東海道・東北本線)で268.1キロメートルを4時間46分(1644E)かけて結ぶ。では、私鉄はどうなのだろうか? 調査してみたところ、真冬の車窓が楽しめる路線が勢ぞろい! 営業キロでランキングしてみたが、あえて、4時間超えの旅も上等!で、乗ってみる?



*  *  *
■第1位 三陸鉄道 盛〜久慈間:163.0キロ

 三陸鉄道は国鉄3路線、鉄道公団の建設線を引き継いだ、転換第三セクター鉄道の第1号として、1984年4月1日に南リアス線盛(さかり)〜釜石間、北リアス線宮古(みやこ)〜久慈(くじ)間が開業。当時は空前絶後の三陸鉄道ブームが沸き起こり、連日多くの観光客が押し寄せた。

 釜石〜宮古間は国鉄(現・JR東日本)山田線に挟まれており、それぞれの終着駅で乗り換えなければならなかったが、1987年3月22日から相互直通運転がスタート。このときに盛〜久慈間の長距離鈍行が誕生した。

 その後、2011年の東日本大震災の影響もあり、山田線釜石〜宮古間が三陸鉄道として復旧することが決まった。2019年3月23日にリアス線として再出発。盛〜久慈間の列車は下り2本、上り3本が設定された(いずれも途中駅で列車番号が変わる)。所要時間は4時間21〜38分。

 日中の列車は恋し浜で2〜3分停車するので、ホームに設置された「幸せの鐘」を鳴らす客も多い。また、待合室にはホタテの貝殻とマジックが置かれ、貝殻を絵馬に見立てて復興への願いを記すこともできる。
 
 絶景車窓では徐行運転し、朝ドラ『あまちゃん』のロケ地として袖が浜駅の舞台となった堀内にも停車する。現在、台風19号の影響で一部区間が不通となっており、2020年春に完全復旧の予定である。

■第2位 IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道・えちごトキめき鉄道 金沢〜糸魚川間:138.4キロ

 北陸新幹線長野〜金沢間の延伸に伴い、この区間の並行在来線は2015年3月14日から第三セクター鉄道4社に引き継がれた。その結果、金沢〜糸魚川間は私鉄路線となり、3社による直通運転は私鉄電車の最長距離鈍行となった。

 当該列車は1往復のみ。あいの風とやま鉄道521系が充当される。転換クロスシート主体のセミクロスシート車で、私鉄の長距離鈍行では快適性が高い。

 下り461Mは夕方から夜にかけての運転で、金沢を17時39分に発車し、糸魚川には19時52分に到着。所要時間は2時間13分。

 一方、上り530Mは朝の運転で、糸魚川を6時41分に発車し、金沢には9時12分に到着。所要時間は2時間31分。青海〜泊間は日本海が眺められる。

■第3位 青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道 三沢〜盛岡間:128.9キロ

 東北新幹線盛岡〜八戸間の延伸に伴い、2002年12月1日より東北本線同区間が第三セクター鉄道のIGRいわて銀河鉄道、青い森鉄道に転換された。後者はのちに東北新幹線の全通で八戸〜青森間も引き継いだ。

 当該列車は上り1本のみ。三沢を6時52分に発車し、八戸まで2520Mとして運転。八戸から列車番号は4520Mに変わり、盛岡には9時00分、0番線に到着する。所要時間は2時間08分。ただし、三沢〜八戸間は土休日運休で、八戸始発となる。

■第5位 JR九州・肥薩おれんじ鉄道 隈之城〜新八代間:122.3キロ
(※第4位はこれまで紹介した鉄道事業者の路線のためのちに箇条書きで紹介)

 九州新幹線新八代〜鹿児島中央間の開業に伴い、2004年3月13日から鹿児島本線八代〜川内間が第三セクター鉄道の肥薩おれんじ鉄道に転換された。全線交流電化ではあるが、気動車で運転されている。

 当該列車は上り3本のみ。鹿児島本線隈之城(くまのじょう)を発車し、次の川内(せんだい)で肥薩おれんじ鉄道に入る。明るい時間帯は区間によって天草灘や八代海の車窓を満喫できるだろう。八代から鹿児島本線になり、次が終点の新八代だ。所要時間は3時間47〜56分。

 一般車両は7両がラッピングされており、肥薩おれんじ鉄道ホームページで数日分の運用を確認できる。

 4位および6位以下は、これまで紹介した鉄道事業者の路線が続くので、箇条書きで紹介する。

第4位 三陸鉄道 久慈〜釜石間:126.4キロ(上り1本のみ)
第6位 JR九州・肥薩おれんじ鉄道 八代〜隈之城間:119.5キロ
第7位 肥薩おれんじ鉄道 八代〜川内間:116.9キロ
第8位 青い森鉄道 三戸〜青森間:116.4キロ
第9位 IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道 金沢〜泊間:108.5キロ
第10位 青い森鉄道・IGRいわて銀河鉄道 盛岡〜八戸間:107.9キロ

■第11位 東武鉄道・野岩鉄道・会津鉄道 新栃木〜会津田島間:101.8キロ

 ここまで見てきてお気付きの通り、私鉄の路線網で上位の近鉄、東武、名鉄といった大手私鉄はランクインせず、11位になってようやく東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道の3社直通列車が登場する。

 東武鉄道と他社線の直通列車とはいえ、大手私鉄では唯一の100キロ超え鈍行である。車両は東武鉄道6050系(日によって野岩鉄道所属車、会津鉄道所属車が使われる)2両編成で運転される。

 現在は下り1本のみ設定で、317列車は新栃木を14時45分に発車。途中駅で特急の待避や待ち合わせをすることもなく、新藤原から野岩鉄道、会津高原尾瀬口から会津鉄道に入り、会津田島には17時02分に到着。所要時間は2時間17分。

 なお、第14位に東武鉄道線内で完結する南栗橋〜新藤原間93.2キロ(下り3本のみ)がランクインする。

■長大路線の私鉄はなぜ入らない!?

 調べてみて意外だったのは、路線網が広い大手私鉄や地下鉄を介した相互直通列車が上位にランクインすると思われたが、上位10位には1つも入らなかった。昔と比べて区間運転が増えていること、そして何よりも距離が長い列車は特別料金が不要とはいえ、急行や準急などで設定されていて、鈍行(各駅停車)となると上位には入らないのである。

 参考までに、日本最大の私鉄、近鉄の大阪上本町〜五十鈴川間(近鉄大阪・山田・鳥羽線経由)は139.1キロもあるが、種別が料金不要の「急行」になる。

 また、長いと思われている中央林間〜南栗橋間(東急田園都市線、東京メトロ半蔵門線、東武伊勢崎線・日光線経由)でも98.6キロと100キロに届かない。取手〜伊勢原(JR東日本、東京メトロ千代田線、小田急小田原線経由)では100.3キロと100キロ越えになる。三崎口〜成田空港間(京急本線・久里浜線、都営浅草線、京成押上線・成田スカイアクセス線経由)で141.8キロとなるが、それでも1位に及ばない。いずれも地下鉄内では鈍行(各駅停車)だが、両端の私鉄線内は「急行」など停車駅の少ない種別になる。

 私鉄の長距離列車は奥が深いのである。(文/岸田法眼)