ZINE(ジン)という言葉をご存じだろうか。

<自作の文章や絵、写真などをコピー機やプリンターで少量印刷し、ホチキスなどでとじた小冊子。「magazine」(雑誌)が語源とされる。手軽に自分を表現できる手段として1960年代に米国で生まれ、90年代に西海岸を中心に流行>(朝日新聞「キーワード」)



 50年ほど前、荒木経惟さんがまだ電通に勤めていたころ、社内のコピー機を利用して「ゼロックス写真帖」をつくった話は有名であるが、これはまさしくZINEだ。

 当初、手づくり感あふれる「小冊子」にすぎなかったZINEは、インターネット時代になってから大きな進化を遂げている。写真集もそうだ。

 その理由のひとつに出版不況の影響がある。大手出版社がこぞって豪華版写真集を出していたのは昔話。いまでは一般受けして確実に売れる写真集しか出せない状況に陥ってしまった。

 そもそも、写真というものは表現が先鋭化すればするほど、発表の場はかぎられてくる。メーカー系のギャラリーからは「作品はすばらしいのですが……」と断られ、出版社からも袖にされ、人の目に触れることなく、死蔵された作品がたまっていく――そんな写真家を何人も知っている(土門拳賞を受賞した梁丞佑さんもそうだった)。

 出版社と契約して自費で出版する、という道もある。しかし、数百万円という費用がかかるのがふつうで、売れなければたいへんな赤字となり、自宅は在庫の山となる。リスクはかなり大きい。撮り手としては再起不能となってしまう恐れもある。

 そんな状況のなか、徐々に広まりつつあるのが、出版社を通さずに直接印刷所に写真集づくりを依頼することで制作コストを抑え、インターネットなどを活用して自分たちの手で直販する、現代版のZINEの作品集だ。

【写真家・尾仲浩二さんに聞いたZINE活用法】
 写真家で、「ギャラリー街道」(東京都中野区)の運営もしている尾仲浩二さんは、ZINEという名称が知られる前から自らの手でたくさんの写真集をつくってきた。

「やっぱり、こういうものは遊び心があるから楽しいと思うんですよ。出版社がつくってくれないものを出すわけですから」

 最近は年間2、3冊のペースで写真集をつくっている。企画から編集、デザインを手がけ、印刷用画像を印刷会社に送って刷ってもらい、出来上がった写真集の販売まで自分で行う。

 なかでも好きなのは編集作業だという。

「編集しているときがいちばん楽しいですよ。この作業を人にまかせる人の気が知れない、と思うくらい。イントロがあって、盛り上がりがあって、次への伏線があって、また盛り上がって、終わっていく、みたいな」

 編集というのは作品を選び、どう並べるかを決める作業である。尾仲さんの場合、まず、おおまかに選んだ写真をコンビニエンスストアのコピー機を使って写真集の掲載サイズ、もしくは小さめに刷る(下の写真)。
「それをどこか旅館とかに泊まって、床にばーっと並べて組んでいくんです。そういうときくらい、こういうところに行ってみたい」(笑)

 組んだ写真は束ねて、隅をクリップでとめて持ち歩き、何回も見直すことで組み方を追い込んでいく(下の写真)。
「それが写真集の元になるわけです」

 編集のコツを聞いてみると、「強い写真ばかり入れちゃうと、見る側がつらいんですよ。その間に『抜ける写真』が入っていないと。傑作ばかりを入れちゃうとダメですね。でも、自分の写真はかわいいから、あれもこれも、となってしまう。すると、なんだかわからない、写真集の体を成さないものになってしまう。客観的に自分の写真を見ないと。あと、組んだ写真をしばらく見ないで『寝かす』ことも大切です。時間を置いてから見ないとね」。

売れ残る写真集は「ないです」

 ちなみに、写真集を出すということは、自分の作品の価値を世の中に問う、ということである。

「写真集をつくった後で、どれだけの人に渡るか。だから売ることを考えなくては。もちろん、『人に配るんだ』という人はそれでいいと思うけれど、立派な写真集だとなかなかそういうわけにはいかないでしょう」

 尾仲さんの場合、まず写真展やブックフェアなどの会場で写真集を「手売り」する。
 ブックフェアは国内外で数多く開催されているが、特に海外の場合は旅費や宿代がそれなりにかかる。そうまでして海外で写真家自らが写真集を売るメリットは何だろうか。

「わかりやすく言えばファンをつくりにいくんです。写真家が行って、こういう作品を撮っているんだ、ということを知ってもらう。その写真集を誰かが買って、また誰かに見せるわけじゃないですか。そうやって作家活動を広めていく」

 実際、そうやって広がったファンの輪によって海外で撮影する際にさまざまな手助けを受けられるようになった。

「毎年パリに行くと、ファンはぼくがそこにいるということを知っているから、会いに来てくれて、写真集を買ってくれる。そういう人がいっぱいいてくれればいいわけです。(飛行機の荷物料金が加算されないように)写真集の重さをきっちりと量って、持てるだけ持っていきます」

 一方、書店でも写真集を販売している。

「書店とは直接取引ですね。なるべく買い取りをしてもらう」。ただし、「ぼくはたくさんの書店に写真集を置いてもらいたいとは思っていないんです。買う人が来る店に置かないとしょうがない。でないと、ボロボロになって返本され、返ってくるだけなので」

 インターネットも活用している。

「ホームページやフェイスブックに新しい本ができましたからどうぞ。値段、送料はいくらですよ、と。みんな順々になくなっていって、売れ残る写真集はないですね」

 写真集を売るには、値づけも大切だと思うが、どうだろう。

「これまでの経験からいうと、高くても買う人は買うし、いくら安くても買わない人は買わないんですよ。3千円だと売れるけれど、3500円だと売れない、ということはないですね」
 上の写真の『OUTTAKES』は2千円だ。

「だいたい値段の3分の1くらいの費用でつくらないと写真集を出したときにまったく儲からなくなるので、それが写真集の値段の基準になります。1冊700円くらいでつくったら2千円で売る。アマチュアの人が個展会場で売り切るのであれば、もっと値段を下げてもいいと思います」

取材・文=米倉昭仁(アサヒカメラ編集部)

※『アサヒカメラ』2020年2月用より抜粋。本誌では印刷会社に直接依頼する制作方法の詳細や、世界40カ国以上でZINEの作品集を販売する「VoidTokyo」へのインタビューなども掲載している。