35ミリ判フルサイズであるニコンFXフォーマット一眼レフとして、ロングセラー機のニコンD750がフルモデルチェンジ。D780として登場した。



 ニコンはミラーレス機のZシリーズの開発に傾注したように見えていたので、新しい一眼レフの登場は予想外であった。とはいえ、2020年はオリンピック年で、開発発表されているフラッグシップ一眼レフD6は正式な登場を待つばかりだし、一方のキヤノンはEOS−1D X MarkIIIを正式発表し、またAPS−C機のEOS 90Dも好調らしい。世界的にみれば一眼レフの人気は高く、無視することができないということだろう。

 特にD750は14年の登場から今日まで変わらぬ人気を維持しているミドルクラスのベストセラー機であるからなおさらである。高い性能とFXフォーマットセンサー搭載機の中でも入手しやすい価格のモデルとして、その地位は一眼レフシステムの中核にあり、ニコンとしても後継機を用意する必要があると考えたのだろう。詳細は後に譲るが一眼レフとミラーレスのハイブリッドカメラとしてD780を位置づけたい考えもあるようだ。

価格は少しアップも全面的に機能向上

 D780は、FXフォーマット機ながらも小型・軽量、防塵・防滴であり、モノコック構造を採用。重量は約840グラムで、D750と同等に抑えている。ストロボがなくなったこともあり、デザイン的にはペンタプリズム部分が兄貴分のD850と似てスマートになった。さらに「Nikon」の名板とマウントの距離が近いことで、マウント下部分の面積が小さく見え、全体に締まったシャープな雰囲気があるのはいい。

 バッテリーはEN−EL15bなのは変わらない。撮影可能枚数は静止画1コマ撮影で約2260枚と余裕がある。このためだろうか、D780には縦位置グリップは用意されていない。

 搭載された撮像素子は、有効2450万画素のCMOSセンサー。画像処理エンジンはEXPEED 6。感度はISO100〜5万1200(拡張でISO50、20万4800に対応)。画質面に関しては、センサーとエンジンが同じミラーレス機のZ 6と同等だ。

 一眼レフとしてファインダーを使用したときのAFセンサーはD750と同じアドバンストマルチCAM3500IIで、測距点は51点。アルゴリズムの見直しなどにより、フラッグシップ機のD5に迫るAF性能になっているようだ。また、今回の撮像素子には、ニコン一眼レフとしては初となる像面位相差AFを搭載。ライブビュー撮影時にはコントラスト/像面位相差のハイブリッドAFが使用でき、このときのフォーカスポイントは273点。これはZ 6を踏襲しており、ファインダー撮影とライブビュー撮影を切り替えたときのAF動作の違和感を小さくしている。低輝度時のAF対応はファインダー使用時でマイナス3EV、ライブビュー使用時にはマイナス5EVに対応する。さらにローライトAFに切り替えればマイナス7EVでの測距を可能としている。

 シャッター速度は最高で8000分の1秒。連写性能は最高約7コマ/秒。メカシャッターを使わないサイレント撮影で12ビットRAW記録であれば12コマ/秒、連続撮影コマ数は最大100コマになった。これはうれしい改善点だ。D750ではRAW時は最大25コマであり、連続撮影しても途中でシャッターが連続では切れなくなり、ガッカリすることが少なくなかった。
 倍率約0.7倍や視野率約100パーセントという数値は変わっていないが、ファインダー光学系は新規設計。

 D750から機能面の強化に加え、完成度を高めた正常進化系モデル。それがニコンD780なのだ。

使いやすさ向上 5年の月日は大きい

 D780の重さは約840グラム(バッテリーとカードを含む)で、D750と同じ。ニコンの一眼レフではD610があったが、こちらは約850グラムだから、FXフォーマットの一眼レフでは最軽量といえる。

 ストロボ非内蔵としたのは賛否ありそうだが、代わりに機能を詰め込んだのだろう。ミドルクラスというポジションや、高感度領域設定の広がりをみれば、うなずけよう。

 ボディーを握ると深いグリップ感とホールディングバランスのよさに感心する。バッテリーの位置がボディー側にあり、D750とは持った感覚は異なる。ただ、長時間片手で携行しても疲れない。ボディー前面のマウントの右上にあるプレビューボタンが小さくなり、Fnボタンの位置が微妙に変わったことが目につくが実用上の問題はない。

 ファインダーはD750同様にクリアでシャープ。ライブビュー性能に重点を置いた一眼レフは、コストのバランスからか、ファインダー性能がおざなりになりがちだが、D780のファインダーは立派な性能だ。一連の操作・設定、AFの動作は安定感がある。室内や夜間など、さまざまな条件で測距するし、低輝度でも余裕がある。

 D750との決定的な違いはライブビューでの撮影だ。像面位相差AFによる動作はスムーズでスピードも一般的な撮影に関して問題はない。ただ、レンズがライブビュー撮影に最適化されているわけではないから、Zシリーズの動作にはさすがに及ばない。それでも一度でもD780でライブビューを使ってしまうと、D750には戻れないだろう。大口径広角、標準レンズを開放絞り近辺で撮影したいときでも正確なフォーカシングによってレンズのポテンシャルを容易に引き出すことができる。顔認識、瞳認識も搭載しポートレート撮影にも大きな利便性をもたらしている。

光学ファインダーとライブビューを使い分ける楽しさ

 新型デジタル一眼レフD780の登場ということで、勇んで街に飛び出して撮影を開始した。ところがD780でもライブビューでの撮影が多くなってしまった。被写体への威圧感がないこと、フォーカススピードが速いこと、人物スナップでは顔認識、瞳認識も有効に使えること、ファインダーをのぞく撮影スタイルでは不可能な、新鮮なアングルが得られることなどメリットが多いからだ。
 もちろん一眼レフならではのメリットもある。ファインダーを長時間のぞいていても目が疲れないし、表示遅延もない。Zシリーズと異なり、広角レンズではレンズの距離指標を使い目測でMF設定し、被写界深度の深さを応用したスナップ撮影も可能になる。
 また、グリップ形状と深さが適切で、長時間手にしていても疲労が少なく取り回しが楽。画質も優秀だし、高感度領域でも何ら不自然さを感じさせないのはいい。

【基本的なスペック】
撮像素子:35.9×23.9ミリ、有効2450万画素
画像処理エンジン: EXPEED 6
感度(拡張):ISO100〜5万1200(ISO50、20万4800)
AF
ファインダー撮影時:アドバンストマルチCAM3500II(51点)
ライブビュー撮影時:像面位相差AF+コントラストAF(273点)
連写(連続撮影可能枚数:14ビット圧縮RAW時)約7コマ/秒、サイレント撮影時約12コマ/秒(68コマまで)
内蔵ストロボ :なし
記録媒体 :SDメモリーカード×2(SDHC/SDXC、UHS−II対応)
動画撮影 :3840×2160/30pなど
大きさ・重さ:約143.5×115.5×76ミリ・約840グラム

写真・解説 =赤城耕一

※『アサヒカメラ』2020年2月号より抜粋。本誌ではZシリーズとの比較やより細かい検証を全6ページにわたって展開しています。