近年、アメリカでは空前の日本車ブーム。新車、旧車はもちろんのこと、過去に日本で走っていた「族車」と呼ばれる暴走族スタイルのクルマが注目されているのだ。それらは「BOSOZOKU」という一つのジャンルとして確立している。なぜ今、族車なのか。現場を追った。



*  *  *
 2018年秋。筆者は、米ロサンゼルスにある西海岸最大の自動車博物館「ピーターセン自動車博物館」を訪れていた。そこでは、日本車をクローズアップした「日本車100年の歴史展」という企画展が開かれていた。

 往年の名車を眺めていると、思わぬ光景を目にした。高級車やスポーツ車などとは違い、車体の色彩も形もひときわ異彩を放つクルマたち。

「え? なぜここに族車……」

 伝統的な暴走族のスタイルである「竹槍(たけやり)出っ歯」と呼ばれる装飾を施し、車高を落とした「シャコタン」にしていたのは、1980年型のトヨタ・クレシーダ(日本名:クレスタ)である。

 なぜ、そんな昔の族車がアメリカに渡ってきたのかと思ったら、アメリカで製作した車だと説明書きがあった。

 さらに驚いたことに、カスタムカー(特殊な装備を付けたり、改造したりした車)の展示エリアでは、様々なカスタムの種類について説明しているプレートがあり、その中にはこんな紹介があった。

「BOSOZOKU」

 日本ではすっかり廃れた暴走族の車が、アメリカではカスタムの一つとして分類されていたのである。

 族車が、歴史ある自動車博物館に、一つのジャンルとして飾られるに至った背景には、日本車人気の流れがある。

 近年、アメリカでは空前の日本車ブームとなっている。特に新車は乗用車、SUV、コンパクトカーの各カテゴリーで日本車が上位を占めている。2019年の新車販売ランキングにおいては、SUVでは1位「RAV4」(トヨタ)、2位「CR‐V」(ホンダ)、3位「ローグ」(日産)、乗用車は1位カムリ(トヨタ)、2位シビック(ホンダ)、3位カローラ(トヨタ)、4位アコード(ホンダ)と主力部門において、いずれも上位を独占している。

 米国新車販売の世界で、日本車がトップを占める現象は今に始まったことではない。カムリとアコードのトップ争いは1990年代から続いているし、アメリカが本場と言われてきたSUVにおいてもRAV4やCR‐Vなど日本製の小型SUVが販売上位に顔を出し始めてから久しい。

 注目すべきは、ここ数年、アメリカでの人気が急上昇している、1970年代〜90年代半ばごろにかけて発売された古い日本車たちである。

 特に2014年ごろからは、1990年前後に発売された「ちょっと古い日本車」が人気である。その火付け役となったのは89年発売の「スカイラインGT‐R」(日産)だ。

 人気の要因の一つには、2001年に1作目が公開された、アメリカの国民的映画「The Fast and the Furious」(邦題/ワイルド・スピード)シリーズの影響もあるだろう。公道レースを中心としたカーアクション映画で、たくさんの日本車が登場した。

 さらには、日本の会社が販売した家庭用ゲーム「グランツーリスモ」(レースゲーム)の爆発的なヒットも、熱狂的な日本車ファンを急増させた一因だ。

 こうした日本車本体の人気とともに、外せないのは「JDM」。「JAPANESE DOMESTIC MARKET」の略で、自動車における「日本独自の仕様」という意味だ。

 具体的には、オレンジ色のウィンカー(アメリカでは赤)、水中花のシフトノブや小径ハンドルなど、アメリカには存在しない様々なアイテムのことだ。その中には、「右ハンドル車」というのも含まれている。

 アメリカは、排ガス規制に適合していないことなどを理由に、中古車の輸入を禁じている。ただ、「25年ルール」という特例措置があり、製造から25年を超えた車は、「クラシックカー」として規制から外れる。

 そのため、過去に日本で族車に改造された右ハンドルの車種も、アメリカに入ってくるようになったのだ。

 では、いったいどんな人たちが日本車に興味を持ち、族車を作っているのか?

 自動車博物館を訪れた1年後、ロス郊外にある、族車愛好家の製作現場を訪ねることができた。

 これまでにチームで10台ほどの族車を作ったというジョンさん夫妻。日本車に興味を持つきっかけになったのは、2010年ごろ。「RICERS IN JAPAN」(RICERS=もともとは東洋人に対する差別用語として使われていたが、現在は日本や韓国、東アジアの風変わりな車のことを意味する)という、珍しくて、ださカッコいい車を集めたユーチューブの動画を見たことだったという。

「衝撃を受けました。日本にもこんなレベリアス(反逆的)な車があるのかと。もともと、古い日本車には興味があり、好きなカテゴリーでしたが、そのスタイルにシンパシーを感じたのです。私たちはヒスパニックで、幼いころからレベリアスな環境で育ってきましたから。警察なんてくそくらえ!みたいな(笑)」

 その後、ジョンさん夫妻はアメリカ国内で族車を作る業者を探し、彼らに作り方を聞いたが、全く教えてくれなかったという。

「ボディーのデザイン方法も、扱い方も全く知らなかったので、とても苦労しました。頼みの綱はユーチューブの動画と日本の古い自動車雑誌などですね。1990年代の族車が実際に走っている動画を見つけて、再生と一時停止を何千回と繰り返しながら、どんな構造になっているのか? 車高はどのような方法で落としているのか? エアロパーツがどのように接合されているのか? たくさんのことを学びました」

 こうしてジョンさんたちが苦労して作り上げた族車に乗ってロス周辺で開催される日本車のイベントに顔を出すようになると、それを見たピーターセン自動車博物館の学芸員から、「日本車に関する企画展をやるから、そこに出展しないか」と誘われたという。

「驚きました。製作期間はわずか5週間程度しかなかったのですが、こんな機会はめったにないから絶対に完璧な族車を作って、博物館に展示してもらおうと頑張りました」

 そして完成したのが、筆者が博物館で見た族車だったのである。

 単に日本の族車のスタイルをコピーするだけではなく、自分たちのこだわりも加えた作りになっている。

 元祖・族車と言えるクルマを数多くデザインしてきた世界的カスタムカーデザイナーの三浦慶氏は、彼らのことをどう思っているのだろうか?

 実は、ジョンさん夫妻らチームにとっても三浦氏は憧れの存在。三浦氏デザインのクルマから多くのことを学んできたという。

「今、世界中で70〜80年代の車のカスタムがはやっています。その中で日本の暴走族スタイルが好きになった人たちもいます。彼らは日本からレアなアイテムを輸入したり、自分たちで作ったりして楽しんでいます。日本人がイメージする『暴走族』というよりも、旧車ファンに近い感じですね。日本の暴走族スタイルが、アメリカの車文化の一つとして楽しまれているんだなと思います」

 日本人からすると不思議な感覚だが、「人と違った車に乗りたい」アメリカ人にとってはウケているのが興味深い。(自動車生活ジャーナリスト・加藤久美子)

※週刊朝日  2020年3月27日号