通信速度が今の数十倍速くなる新しい通信方式「5G」のサービスがこの春始まる。スマートフォンがより便利になるだけでなく、医療や工場などの現場でも活用が広がりそうだ。小中学生向けのニュース月刊誌「ジュニアエラ」4月号では、専門記者が解説した。



*  *  *
「5G」のGは、英語の「Generation」(世代)の頭文字で、携帯電話などに使われる第5世代の通信方式という意味。NTTドコモは今年の春、KDDI(au)とソフトバンクは3月、楽天モバイルは6月に5Gのサービスを始めると発表している。

 スマートフォン(スマホ)で動画を見たり、メールを送ったりできるのは、スマホが目に見えない電波を受け取って通信するからだ。通信の技術は約10年おきに進化してきた。1980年代の「1G」では電話で話せるだけだったが、世代ごとに通信速度が上がり、今の「4G」では動画が見られるほどになった。5Gではさらに数十倍も速くなる。

 通信を高速道路に例えると、5Gでは今まで使っていなかった土地に幅が広い大きな道路をつくった。するとデータにあたる車がたくさん通れるようになる。データ量が多い2時間の映画をダウンロードするのに4Gだと5分かかるが、5Gでは3秒ですむ。

 通信速度が速くなること以外にも、5Gには二つの特徴がある。

 一つ目は、通信の遅れが少ないことだ。例えば通信アプリで通話しているときに、自分の声や映像が相手に少し遅れて届くことがある。こうした通信の遅れは5Gでは短くなる。そうすると、高い安全性が求められる医療や自動車の運転にも使えるようになる。

 医療現場では、医師が映像を見ながら、離れた場所にいる患者の診療ができるようになりそうだ。ロボットを使って、日本の患者が外国のすご腕の医師の手術を受けられるようになるかもしれない。

 また、自動車がスマホのように通信をして、運転手なしで自動運転ができる未来も遠くはないだろう。さらに、地震や台風などの自然災害が多い日本では、ドローンが災害時に位置情報等を基に現場へ向かい、救助活動などに活躍することも期待されている。

 二つ目の特徴は、同時にたくさんの機器と通信できることだ。例えば、工場にはたくさんの機械があるが、それらを自動で効率よく動かせるようになる。「loT」(モノのインターネット)と呼ばれる技術だ。

 家庭でも冷蔵庫やエアコンといった家電がネットにつながるようになってきている。今後は、冷蔵庫にある卵が少なくなったら自動で注文して買うことができるようなサービスも登場しそうだ。

 5Gは私たちの生活をより便利にしてくれるが、まだまだ課題も多い。携帯電話会社は5Gの電波を出す基地局を急いでつくっているが、まだ少ない。春のサービス開始時、5Gが使える場所はごく一部に限られる。日本の多くの場所で使えるようになるには数年はかかる見込みだ。

 また、いろんなモノがネットにつながるようになると、情報が抜き取られたり、乗っ取られて外部から勝手に操作されたりする危険性も高まる。5Gを普及させるには安全対策が不可欠になるといえる。

 世界では、昨年4月にアメリカ(米国)と韓国が初めて5Gのサービスを始めた。2020年2月現在、30カ国以上に増えているとみられる。日本は米韓から約1年遅れのスタートになる。

 5Gの技術は、通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)などの中国の企業が先行している。基地局に使われている機器は、ファーウェイが世界で約3割のシェア(市場占有率)を持つ。日本の富士通やNECは合わせて1〜2%しか使われておらず、存在感は小さい。

 さまざまな分野に応用できる5Gの技術は将来の国の力を左右するほど重要だと考えられている。そのため、米国はファーウェイに対して輸出を規制するなど圧力を強めていて、米中摩擦の要因にもなっている。

<loT>
Internet of Things(モノのインターネット)の頭文字で、自動車や家電など身の回りにあるあらゆるものがネットにつながるという考え方。機器の自動制御や遠隔操作などができるようになる。

(朝日新聞社経済部・井上亮)

※月刊ジュニアエラ 2020年4月号より