2020年6月下旬に発売される予定の、デジタル一眼レフカメラのEOS Kiss X10i。その実力に実写も交えて迫る。エントリー機「キス」にしておくには惜しいほどの充実した機能・性能だ。



*  *  *
 キヤノンEOS Kiss(イオス・キス)といえば、昨今はミラーレスのAPS−C機のEOS Kiss Mのことを指すことが多い。ところがここにきて、一眼レフも忘れては困るとばかりに、EOS Kiss X10iが発売される。

 カメラ業界では現在一眼レフからミラーレス機への移行が粛々と進行中であり、もちろんキヤノンとて例外ではない。この時代にあって、一眼レフのKissをラインアップに加えることにどのような意味があるのか考えてみたい。

 ひとつには、世界的な視野でみると一眼レフの市場がまだ無視できないほど大きいことがある。特に初心者層に訴求するには、スマートフォンとの差別をはかる必要がある。写真を撮る装置として存在を強く主張できる伝統的な一眼レフのフォルムはカメラを購入する動機の一つとなるだろう。となれば、一眼レフのEOS Kissシリーズにも大きな期待がかかるのは当然のことといえる。
 また、昨年登場したミドルクラスEOS 90Dの想像以上の人気の高さも無視できない。ここでミラーレスと一眼レフの優劣を取り上げるのはやぼというものである。本誌読者には説明無用だろうが、一眼レフは必要な人には必要なカメラである。しかも、一眼レフでありながら、ライブビュー撮影でも快適なAF動作だから、一眼レフの中にミラーレス機を内蔵したハイブリッドカメラとして存在意義が生まれるのである。撮影者は撮影条件や被写体、自分の好みに応じて、光学ファインダーとライブビュー、両者の撮影方法を使い分ける楽しみを味わえる。これは実用面のみならず操作の楽しみにもなるからEOS Kiss X10iを選ぶ理由にもなる。

  EOS Kiss X10iの撮像素子はAPS−CサイズのCMOSセンサーで有効約2410万画素。画像処理エンジンはEOS 90Dと同じDIGIC 8を採用している。測光センサーは約22万画素RGB+IRで216分割だ。光学ファインダー使用時はオールクロス45点の測距点を使用でき、EOS iTR AFによる顔優先機能が使える。
 ライブビュー時のAFはデュアルピクセルCMOS AF。画面表示範囲の横約88×縦約100%になり、AFエリア分割数はEOS Kiss X9iの49から最大143分割へと大幅に増えた。感度は最高でISO2万5600、拡張ではISO5万1200だ。
 コマ速度はEOS Kiss X9iの約6コマ/秒から約7コマ/秒と高速連写が可能になり、ライブビュー使用時にもAF固定で約6コマ/秒から約7.5コマ/秒になった。

 なんといっても大きな注目点はEOSの象徴的機能ともいえるサブ電子ダイヤルが新設されたこと。この意味はとても大きく、上位機とほぼ同様に操作できるようになった。Kissは単なるビギナー向けの一眼レフからステージが一つ上がったようだ。
 正直なところEOS Kiss X10iは、デザイン的にも機能面も新鮮味には乏しい。ただ、伝統のKissの正常進化モデルとしてしっかりとまとめ上げてきている。小型・軽量だがグリップ感もよく、長焦点レンズを装着しても、ホールディングバランスがよいのは好印象である。

 筆者自身、EOS Kissシリーズは初代から愛用しており、小型・軽量という特徴がとても気に入っている。現在もEOS Kiss X7を愛用しているが、不満はスペックよりもレスポンスが遅いことである。とくにライブビュー時のAF動作には失望させられる。

  一方のEOS Kiss X10iは約7コマ/秒の連写機能、独立したAF ONボタンの採用で素早い操作設定を可能としている。ミドルクラスのカメラと同時に使用しても、その動作には実用上の不満は感じないし、特にデュアルピクセルCMOS AFによってライブビュー撮影時のAFも向上し、不満は少なくなった。顔認識、瞳AFも精度が向上している。タッチAFも思いのほか素早く機能する。大口径レンズでも精度の高いAF撮影が可能だ。外装の仕上げ、ボタン、スイッチ類の感触、シャッター動作音もまずまず。光学ファインダー撮影時でも顔認識機構が加わるなど、意欲的な機能も搭載している。
 ミラーレス機では、EVF(電子ビューファインダー)やライブビューの性能が大幅に向上したが、一眼レフの光学ファインダー独自の見え方とは、根本的に異なる。光学ファインダーはダイレクトな光を肉眼で受け止める感覚だ。本機の光学ファインダーの倍率をもう少し大きく、鮮鋭性を向上させれば一眼レフの個性と主張を強く打ち出すことができ、ミラーレス機のEOS Kiss Mとも仲良くやっていけるのではないだろうか。

 筆者は早くも次モデルに期待している。(写真・解説/赤城耕一)

※「アサヒカメラ」2020年5月号より抜粋。本誌では、「カメラ初心者のためのEOS Kiss X10i 最初の一歩」として露出補正やピントの合わせ方などを図解してさらに詳しく解説、主な仕様やAPS−CサイズEOSの比較とともに、6ページにわたり掲載しています。