新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、全国の小規模映画館(ミニシアター)はいま閉館の危機にさらされている。そんな中、あの手・この手を繰り広げているのが東京・渋谷、吉祥寺に映画館をもつアップリンクだ。損失補填のためにはじめた策が、いまや映画館の本質を考えるきっかけにも繋がっている。代表の浅井隆さんに聞いた。



 2020年3月下旬、緊急事態宣言が出る前のこと。アップリンクの2館は週末の休館を決めた。2月下旬から、入場者にアルコール消毒やマスク着用のお願いをするなどの策を講じていたが、感染拡大を防ぐためにはやはり休館が必要と考えたからだ。だが、週末を休館にすると、売上の半分以上がなくなる。「これはやばい。会社が死んでしまう」。ここから、あの手、この手を繰り広げた。

■見放題、寄付、そして回数券も

 最初の策は、見放題キャンペーン。自社が運営するオンライン映画館で、自社が配給する作品60本以上を何度でも見ることができるキャンペーンだ。映画館に足を運んでもらえないぶん、オンラインで映画を楽しんでもらえる。3カ月でわずか2980円とおトクな価格設定だ。これまでアップリンクは、配給元としてもアート系、インディペンデント映画など独自性の高い作品を世に出しており、そのラインアップも評価された。キャンペーンを開始したのは3月28日のことだ。

「損失を少しでも埋めようという気持ちでした」

 4月。7都府県に緊急事態宣言が出たことを受け、平日も含めた全日休業をやむなくされた。

 そこで、すかさず2の策。先ほどのオンライン映画館に「寄付込み見放題プラン」を加えた。見放題サービスに少しだけ寄付がついたプランで、5000円・1万円で販売した。1・2の策とも多数の申し込みを得た。

「Twitterで告知したところ、思った以上に反応があって驚きました」

 客側から「もっと支援をしたい」という声も多数寄せられた。そこで企画した3つめの策は、“早割チケット”だ。ソフトドリンク付き上映券。10枚綴りで1万3000円と極めてわかりやすいサービスだが、映画館で作品を見たいファンにはおトクで嬉しい。安心して映画を観られるようになったら、アップリンク全館で使用できるという。

 ここまで、わずか約2週間。苦しいながらも一貫していたのは、支援をもらうことではなく、適切なサービスを提供することだ。

「支援ではなく、サービスに対する対価をもらいたかった。“寄付付き”と称されたプランも、ただお金をいただくのではなく、たとえばオンラインで映画をご覧いただける期間を長くするなど、お客さまに納得いただける工夫しました」

■同じ作品をみんなで見る。その一体感が映画館

 4つめの策は、全国の映画館にもメリットがある仕掛けにした。アップリンクの配給で4月24日に公開を予定していた映画を、まずは「アップリンク・クラウド」にてオンライン先行上映を行い、売上げの一部を上映予定だった映画館に配分することにした。

 映画館の経営者として、家で映画を見るサービスを拡大することに葛藤もあった。

 あるときTwitterで「映画を見るときに大切なものはなにか」と尋ねると、多くの人が「見る環境」だと答えた。また映画の作り手は、スクリーンで上映することを想定して作品を作っている。浅井さんは作り手のこだわりを最大限引き出せる空間づくりを心掛けていた。そんなこだわりの場に人が集まり、同じ作品を見る時間を共有する。

「そこに生まれる一体感が映画館なんだと気づきました」

 だから、原点に立ち返ってみた。5つめの策は、映画の「同時再生会」。Twitterで、映画のタイトルと上映日時を決めて呼びかけ、参加する人はオンラインや自前のDVD等で映画を見る。そしてTwitter上で決められたハッシュタグをつけて実況や感想を共有する試みだ。開催はまだ一度だけ。アップリンクの収入には繋がらないが、タイムラインでは盛り上がりをみせた。

 このような活動をしていると、ときに「映画文化を守るために頑張ってください」と言われることがある。有難い反面、少し違和感もある。

「文化を守る前に、僕は会社を守らなければならない。サービスを提供してお金をもらい、経営を持続させること。お金儲けをしないと文化も死んでしまうんです」

 国や都の給付金や助成金も申請しているが、現状の補償では一カ月の賃料も賄えないという。

「いま、映画館を開けることはできないけれど、映画をみる時間や感動を共有する場はなくしたくない。収益を確保することと、映画館を好きだと思ってくれるファンを維持すること、その両方が大切だと思っています。とくに我々のようなミニシアターがなくなってしまうと、映画文化の多様性も失われてしまう。今はできる限りの努力をして、いつかまた映画館に人が集まれるようになる日まで頑張るしかないと思っています」