鉄道ファンのみならず幅広い人気を集める観光列車。趣向を凝らした内外装や車内イベントなどを打ち出し、ジョンフルトレインなどの名称でも親しまれているが、その歴史を辿ると時代背景が浮かび上がってきて興味を引く。そこで、ちょっと意外な観光列車を含め、その足取りを探ってみることにした。



*  *  *
■進化を続ける観光列車たち

 鉄路を旅すれば観光列車にあたるではないが、中小民鉄を含む鉄道各社で観光列車が花盛りである。近年は列車レストラン形式のグルメ列車が人気を集めるほか、JR九州の「ななつ星in九州」を皮切りに、超豪華クルージング列車もその存在感を示している。

 グルメ列車は比較的短距離のローカル線や民鉄、第三セクター路線に進出しているのが特徴で、沿線の特色を生かしながらユニークな列車が矢継ぎ早に誕生してきた。いすみ鉄道の「レストラン列車」や西日本鉄道の「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」、西武鉄道の「旅するレストラン 52席の至福」、JR西日本の城端(じょうはな)・氷見線を走る「ベル・モンターニュ・エ・メール」などなど。JR東日本では新潟県の地酒に着目し利き酒などが楽しめる「越乃Shu*Kura」、新幹線電車車内に足湯などを設けた「とれいゆつばさ」、新幹線車両を現代美術館に仕立て上げた「現美新幹線」など大胆なアイデアを打ち出し、一歩先の観光列車を実現してきた。

■宴会好きが観光列車の原動力に?

 こうした「ジョイフルトレイン」の始祖といえそうなのが、国鉄時代に登場した欧風客車「サロンエクスプレス東京」であろう。1983年に改造で誕生したこの列車は、7両固定編成すべてがグリーン車という豪華版。編成両端を展望車に仕立てたほか、中間5両はコンパートメント形式とし、グループ客が寛ぎやすい空間が話題を呼んだものだ。

 好評を得た国鉄は、大阪地区に「サロンカーなにわ」を投入(1983年)、続いて名古屋地区に「ユーロライナー」がお目見えした(1985年)。一連の列車は団体やグループ客をターゲットとしていたが、さらに歴史を遡ると1960年にお座敷客車スハ88−1が盛岡で誕生しており、こちらも同様に宴会ふうの利用を想定した作品だったようだ。

 北海道ではスキー客などに着目したジョイフルトレインが誕生(1985年)。嚆矢となったのが「アルファコンチネンタルエクスプレス」で、急行形とも呼ばれたキハ56系気動車を高級感溢れる内外装に改造、3両編成の両端は展望タイプとするなど、斬新なデザインが話題となった。

■各地に地域色を打ち出した列車が続々と誕生

 そんななかブームとなっていったのがお座敷車両で、1980年に熊本に投入された和風客車「海編成」を皮切りに「白樺」(1983年・長野)、「江戸」(1985年・東京)などが続々登場したが、とりわけユニークだったのは1986年に大阪に投入された「みやび」だろう。国鉄のお座敷車両で初となる掘り炬燵が導入されたほか、車内に玉砂利を敷き灯籠や竹垣などを配した日本庭園を持つなど和風の意匠をとことんまで追求した傑作であった。しかし、同じ年の12月28日、山陰本線の余部(あまるべ)橋梁上から強風にあおられ転落、わずか9カ月という短い一生を終えてしまった。

 観光列車は地域性を生かす方向でも進化した。1990年に五能線に現われた「ノスタルジックビュートレイン」は定期列車にレトロ調の展望車両(普通車指定席)を連結する形で運行され、1997年からはその役目を「リゾートしらかみ」へと譲った。また、1984年には予土線に「清流しまんと号」がデビュー、その後のトロッコ列車の嚆矢となった。

 一方、青函トンネル開業を機に上野〜札幌間に登場した寝台特急「北斗星」は、室内にシャワールームなどを持つ豪華個室寝台「ロイヤル」や予約制ディナーなどが楽しめる食堂車「グランシャリオ」など新しいタイプの長距離列車として一大ブームを席巻。大阪〜札幌間には編成端を占有する個室寝台「スイート」など斬新な意匠を取り入れた「トワイライトエクスプレス」がデビューし、寝台列車のグレードアップがトレンドとなった。こうした寝台列車も観光列車の仲間と捉えることもでき、その後の「ななつ星in九州」などに引き継がれたといえるだろう

■新婚さん専用列車が走っていた時代

 いまひとつユニークな列車として、急行「ことぶき」を挙げてみたい。1967年3月に京都〜別府間でデビューしたこの列車のコンセプトはズバリ「新婚列車」。当時は新婚旅行先として九州が人気を集めていたが、折からの高度経済成長もあって、国鉄の定期列車の1等寝台などがプラチナチケットと化していたのである。そうした背景のなか誕生したこの列車は、初列車から人気を集めてきた。当初は1等座席車と食堂車のみの編成だったが、のちに全車がA寝台化している。面白いのは寝台料金が上り列車のみ半額となっていたことで、さらに下りが京都〜宮崎間、上りが宮崎〜新大阪間と上下で異なる運転区間が設定されることもあった(運転区間は1972年3月ダイヤ例)。

 類似列車としては広島〜西鹿児島(現・鹿児島中央)/宮崎〜広島間で運行されていた臨時急行「南九州グリーン」があり、グリーン車とA寝台車のみという豪華編成であった。

 また、いまはなくなった種別として、「修学旅行列車」も観光列車の一種とすることもできそうだ。かつては「ひので」「きぼう」などの愛称で首都圏〜京阪神間などで運行され、市販の「時刻表」にも掲載されていた。

 ざっと過去帳を追ってみたが、懐かしさを覚えると同時に、今後の新顔にも期待を寄せたくなる。あいにく、目下のところ観光列車という世相ではないが、またこうした魅惑の列車たちとの再会を心待ちにしたい。(文・植村誠)

植村誠(うえむら・まこと)/国内外を問わず、鉄道をはじめのりものを楽しむ旅をテーマに取材・執筆中。近年は東南アジアを重点的に散策している。主な著書に『ワンテーマ指さし会話韓国×鉄道』(情報センター出版局)、『ボートで東京湾を遊びつくす!』(情報センター出版局・共著)、『絶対この季節に乗りたい鉄道の旅』(東京書籍・共著)など。