新型コロナウイルスの感染防止のために、自宅で過ごす子どもたちがまだまだたくさんいます。家にいる時間が長い分、おとなだけではなく、子どものネット利用も増えがちです。3〜4歳ぐらいになると、自分でYoutubeのお気に入りの動画を探し、広告をスキップしたり、アプリをダウンロードしたりする子もいます。その順応性に驚くと同時に、SNSは身近で便利なツールだからこそ、子どもが使う際には注意が必要です。今回は、書籍『親子で話そう! 性教育』(朝日新聞出版)の監修者である浅井春夫さんと艮香織さんに子どもがSNSを利用する際の注意点を教えてもらいました。

■「かわいいね、写真を送って」と言われると…

 ネットのように相手と直面しない世界では、優しい言葉を容易にかけることができます。「いいね」のクリックひとつで、簡単に共感や承認を示すことができ、子どもたちは、自分に関心を持ってもらえたと思ってしまいます。承認されると悪い気はしません。特に、リアルな世界に居場所がなく、承認欲求が満たされていない子にとってはうれしくて、ついハマってしまう……。「かわいいね、写真を送って」と言われると、簡単に煽られて、つい裸の写真も送ってしまうこともあるのです。

 警視庁が発表したデータによると、子どもがSNSを介した事件の被疑者と会った理由は、「優しかった、相談にのってくれた」「寂しかった」「暇つぶし」が合わせて20%を超えています。現実の世界に居場所がなく、優しくしてくれる人や寄り添ってくれる人を求めている……。現実では得られない居場所をSNSに求めているようです。

 では、そのような子どもたちにどんな注意をしたらいいのか。まず、「見ず知らずの人と会うのは危険」だということ。YouTubeなどの動画投稿サイトやオンラインゲームでは、簡単に見ず知らずの人と出会うことができます。チャットなどの文字でやりとりしながら親しくなったものの、相手は同年代の子どもになりすました悪意のあるおとなかもしれません。かれらは、時間をかけて子どもと信頼関係をつくり、個人情報を聞き出したり、直接会おうとしたりします。「子ども部屋から話し声がするから誰か来ているのかと思ったら、知らない人とチャットをしながらオンラインゲームをしていた」「小学校の子どもが、ネットでカレシができたと友だちと話しているのを聞いて驚いた」などの小学生ママたちの声もあります。低年齢であっても、決して油断はできません。

 次に、「プライベートな画像や情報を送るのは高リスク」が挙げられます。ネット上で知り合った相手に、だまされたり脅されたりして、自撮りした裸の写真を送ってしまうという被害。警察庁が発表した資料(「平成30年における子供の性被害状況」)によると、2018年の児童ポルトの被害者数は1276件。うち約4割が、自撮り画像を送るなどした被害です。大半が中高生ですが、小学生も19%が被害に。また、プライベートな情報(住まいや幼稚園の情報など)をアップすることも被害につながりやすくなります。

 SNSを介した犯罪の手口は多様で日々進化しているので、完全に防ぐことは困難ですが、ネットから子どもを守るために、普段からネットによる犯罪などがニュースになったとき、「どうしてあんな事件になったのだろう」と、親子で話し合い、子どもの自衛力を高めることが大切です。また、子どものこころに寄り添い、子どもが悩みを相談できる場をつくる。万が一トラブルに巻き込まれたときでも、普段から子どもに対して「どんな小さなことでも、困ったときは相談して」というメッセージを送り続けましょう。