無人島の暮らしを楽しむゲーム「あつまれ どうぶつの森」が売れに売れている。新型コロナで自粛生活が強いられるなか、「助けられた」という声も少なくない。AERA 2020年6月29日号では、プレーヤーたちに起きた効果や変化に迫った。



*  *  *
 移住した美しい無人島で魚や虫を捕ったり、花を育てたり、家具を集めて自宅や島を飾ったり、住民の動物キャラと話をしたり──。夢の夏休みのような暮らしを遊ぶのが、ニンテンドースイッチの新作ゲーム「あつまれ どうぶつの森」だ。

 勝ち負けはなく、エンディングもない。島を流れる時間は現実と同じ。プレーヤーが毎日の暮らしをコツコツと自分なりに楽しめるのが魅力だ。

 もともと人気の高いシリーズだったが、最新作の世界的大ヒットには、新型コロナウイルスによる自粛生活も影響した。

■約2カ月で450万本

 任天堂の2020年3月期の決算説明会では、古川俊太郎代表取締役社長が「前期の第4四半期の売上高および利益が20年1月に修正発表した業績予想に対して大きく上振れた原因は、ほとんどが『あつ森』の発売による影響」と説明。日米欧で購入者の約5割がダウンロード版を選んだのは、各国の自宅待機が推奨される時期と重なった特殊要因もあると語っている。ゲーム雑誌「ファミ通」の調べでは、3月20日の発売から約2カ月で、国内累計販売本数が450万本を突破。コロナ禍が生んだメガヒットといえよう。

 実際、巣ごもり生活中に「あつ森」に助けられたという声は少なくない。

 神奈川県在住の50代の女性も、その一人。3月の発売初日から毎日、同い年の夫と一緒に「あつ森」に触れている。

 女性が言う。

「新型コロナは新しい感染症だから誰も確かな情報を持っていません。大量に流れるニュースを見ていると、不安が募ってしまって。『あつ森』のおかげで自然とテレビの視聴が最小限になったのはよかったのかも」

 3月下旬からリモートワークになった夫は、「自粛生活のストレスはそう感じなかった」と話す。しかし、インドア派の二人でも、近所のスーパーの混み具合を予想しながら外出時間を変えるなど、生活の変化はあった。そんな夫が「あつ森」でハマったのは、川や崖を造成するツール。こう遊んだそうだ。

「映画の『十戒』に出てくるような真っ二つに割れた滝を作ったり、ガツガツ島の地形を変えたりしてましたね」

■すれ違い生活を埋める

 栃木県在住の夫婦も「あつ森」のおかげで共有する時間が増えた。40代の妻と30代の夫はともにゲーム好き。自粛生活以前は夫の帰宅が遅く、なかなか一緒に同じゲームで遊べなかった。夫はこう語る。

「でも『あつ森』なら、お互いの島を行き来したり、家具や化石を譲り合ったりできます。一緒に時間を過ごせなくても、相手の島に家具を置いたりすることで、お互いの存在を感じ合えるのがいい」

 また二人は新型コロナの影響で社会に余裕のない雰囲気が漂うだけに、夫婦の間で、あるいはSNSで知り合った「あつ森」仲間とたわいもない話で盛り上がったり、笑ったりできるのが楽しかったと口を揃える。

 米国カリフォルニア在住のinuro(イヌロ)さん(46)は、3月後半からリモートワークに入った。ベテランゲーマーのイヌロさんにとって、「あつ森」で遊ぶことは「通常営業の範囲内」だが、それでも外出制限と、寝食を忘れるくらい没頭できる「あつ森」は最適の組み合わせだったそうだ。さらに、家族間のコミュニケーションも活発にしてくれた。その理由を、こう分析する。

「複数人が同時に遊べない仕組みなので、親子一緒にはプレーできません。でもそのおかげで、島で得た情報をゲームの外で教え合うことが増えました。しかも、その情報はゲームの進行を助けるものです。攻略法を現実世界で情報交換することは珍しくありませんが、『あつ森』は時間ではなく、場所(島)を共有するゲームという特徴がある。それがコミュニケーションを活発にしてくれるのは、面白いですよね」

「あつ森」で遊ぶ人たちは、「没頭できる」「会話が増えた」という言葉をよく口にした。また、ネットでは、その癒やし効果から心理療法の「箱庭療法」に近いのではないかという声もある。

 では、精神医学の視点からはどう見えるのだろうか。教えを請うため、飯田橋メンタルクリニック院長の三宅永(みやけひさし)さんをたずねた。

■江戸から続く「箱庭遊び」

 箱庭療法とは、内側を青く塗り、砂を敷き詰めた箱を使う心理療法の一つだ。砂の形を変えたり、箱のなかに人や動植物などのミニチュア玩具を置くことで、無意識下にあるものを表現したり、ストレスの発散に役立て、自己理解を深める。実際に受けるときは、精神科医や臨床心理士など、専門のセラピストが併走してくれる。

「『あつ森』は箱庭療法ではなく、『箱庭遊び』に近いでしょうね。日本には江戸時代から、限られた空間にモノを置いて世界を作り込む箱庭遊びがありました」(三宅さん)

 箱庭療法では治療の回ごとに作っては壊す。そして、回を重ねながら、心理的な変化を観察していく。この点が継続して遊びが続く「あつ森」とは大きく違うと三宅さんは指摘する。

 また、「箱庭療法」が自分自身の内面に深く入り込むのに対し、「あつ森」では動物キャラや他のプレーヤーとの交流が重視されることも異なっている。

 ただ、「あつ森」で新しく加わった川や崖の造成機能は面白いと三宅さんは言う。箱庭療法でも砂をかきわけて青い部分を露出させ、海や川を表現したり、砂を高くして山を作ったりすることができるからだ。

「箱庭療法では、ときに破壊したり、闘ったりする物語が展開されることもあります。私は『あつ森』を整合性のある美しい世界をつくるゲームと思っていましたが、アグレッシブな行為も可能なのは興味深いです」

 そう語る三宅さんは、「あつ森」で熱心に取り組んだことに「現実でも挑戦するといい」とアドバイスする。たとえば、ゲーム内で花の交配が楽しかった人は実際に植物を育ててみる。DIYにハマった人は日曜大工に取り組んだりしてみるのだ。

■「没頭」が不安を払拭

 理由には、ユング心理学で重要な意味を持つ「ペルソナ」が関係している。私たちはふだん社会に適合するために仮面、つまり「ペルソナ」をつけて生活している。しかし、「ペルソナ」の下には本来の自分が隠れている。ユングは「ペルソナ」に隠れた内面を表現しながら、本当の自分自身になっていくことを「個性化」と呼んだ。

「自粛生活の間、余裕ができたことで仕事以外のことに取り組んだ人も多かったと思います。絵を描いたり、楽器を演奏したり、初めての料理に挑戦したり、体を動かして何かを『作る』楽しさに目覚めた人もいるでしょう。外的な評価に関係なく、自分が楽しかったり、夢中になったりした行為は『個性化』につながり、内面を豊かにしてくれます。そして、その行為に没頭することは、不安をやわらげることにも役立つのです」(三宅さん)

 新型コロナウイルスの終息は、先の見えない状況だ。再び自粛生活が始まるかもしれない。しかし、そうなったときも不安をやわらげる方法はある。自分が楽しいと感じること、あるいは生活を維持するため、必要な掃除や料理などの家事に「没頭する」ことだ。また、一心に取り組むことは、アイデアや工夫を生みやすい。この「創造性」は自分のオリジナリティーの発揮につながり、「個性化」にも影響を与えるという

 なるほど。そう聞くと、「あつ森」にも、「没頭」と「創造」をうながす仕掛けがある。人気を呼ぶのも納得だ。(ライター・角田奈穂子)

※AERA 2020年6月29日号