バックパッカーも行けちゃう! 憧れのモルディブ格安旅の“裏技”とは?

バックパッカーも行けちゃう! 憧れのモルディブ格安旅の“裏技”とは?

 世界中のセレブたちが訪れる世界屈指の高級リゾート、モルディブ。日本ではハネムーンの旅行先としても人気だが、その高額な旅費を前に二の足を踏む人も多いだろう。「クレイジージャーニー」でもお馴染みのジャーナリスト・丸山ゴンザレスが責任編集を務めた『旅の賢人たちがつくった海外旅行最強ナビ』(辰巳出版)から、夢の楽園を格安で旅行する“裏技”を伝授する。



*  *  *
 ありえないほどに透き通ったターコイズブルーの海。裸足で歩くのが心地いい、目が眩むほどに真っ白なパウダーサンド。海へ直接エントリーできる水上ヴィラ……。まさにこの世の楽園と呼ぶに相応しき場所、それがモルディブ。モルディブといえば、世界中のセレブたちがバカンスを楽しみにやってくる世界屈指の高級リゾートであることは、説明するまでもない。そんな華やかな場所は、バックパッカーにとっては無縁の世界……と思っている方は多いのでは? でも実はモルディブを安く旅することは可能なのだ。

 現在、エアアジアがクアラルンプールとバンコクからモルディブの首都・マレへ直行便を飛ばしている。運賃はいずれも約1万円前後。日本からでも、底値で3万円前後でモルディブの玄関口へと到着できる。まさにLCC様様だ。

 まず訪れるべきは、首都・マレ。空港のあるフルレ島の対岸にある島で、空港を出てすぐの場所にあるフェリー乗り場からアクセスする。料金1ドル、所要時間約10分。徒歩で外周2時間ほどで回れる小さな島に人口12万人のうち約1/3が集中しており、世界有数の人口密度を誇ると言われているが、フェリーを降りてすぐにそれを実感することとなる。


 びっしりと隙間なく建ち並んだビル、細い通りは車、バイク、人がひっきりなしに行き交い、路肩には大量のバイクが駐輪。さらに港には漁船・漁船・漁船……。モルディブ最大のモスク、近海で獲れる大量のカツオやマグロが壮観なフィッシュマーケット、色とりどりの野菜や果実が並ぶローカルマーケットなどが定番観光スポットだが、一番おすすめしたいのは細い路地裏。
 路地裏ではカラフルなアパートやマンションが密集し、ヒジャブを被った女性たちの井戸端会議、登下校中の制服姿の子供たち、チェスに興じるおやじ集団、時折風に乗って漂ってくるスパイシーな料理の香り……と、生活感丸出しの様子が垣間見られる。エキゾチックな褐色の肌を持つ人々は一見無表情なのだが、目が合うとはにかんだ仕草でシャイな笑顔を向けてくれるのもいい。

 食事は旅の良し悪しを大きく左右する重要な要素だが、おいしくリーズナブルなレストランはいくらでもある。インドやスリランカに影響を受けたモルディブ料理は、フィッシュカレーが絶品。筆者がマレを訪れる度に必ず行くスリランカレストラン「ランカホテル」では、各種カレーの他、スリランカ名物・ロティを金属のコテで刻んだ「コットゥロティ」、米粉とココナッツミルクを混ぜて大きなお椀状に焼いた「ホッパー」がおすすめだ。5種類ほど料理をオーダーしても12、3ドルと非常に安い。

 リゾート気分を味わいたいなら、空港と直結したフルマーレ島へ行くといい。マレからフェリーでアクセスするか(約20分5.5ルフィア)、空港から直通のバスで移動する。マレの人口過密を分散させるために開発された人工島なのだが、東岸には美しい白砂のビーチが広がり、1泊80〜100 ドル程度のリーズナブルなホテルが次々にオープンしている。島ではシュノーケリングやダイビング、ドルフィンウォッチングなど様々なエクスカーションが用意されているが、どれも50ドル前後〜と、高級リゾートの半額近くで参加でき、お得感満載だ。

 離島のイチオシは、空港から少し南下した場所にあるマーフシ島。2010年にモルディブ初のゲストハウスがオープンして以来、旅行者の数はうなぎのぼり! 今では、約40分で一周できてしまう小さな島に50件以上のゲストハウスや格安ホテルが軒を連ねている(大体50ドル程度〜)。マレからジェットボートで約30分(25ドル)、またはフェリーで約2時間(2ドル)で到着するが、筆者は安さを追求しフェリーを選択。貨物の山に埋もれつつ到着した島は、白砂未舗装の素朴な楽園!

 突如降り出したスコールを避けて駆け込んだダイビングショップで、ボブ・マーリーみたいな兄貴たちがいきなりギターとタイコを持ち出してセッションを始め、タイコレッスンを開催してくれるなど、出会うすべての人々がフレンドリーで、とてもハッピーな滞在となった。豪華な施設はなくともそこはモルディブ、素晴らしく透明度の高い海が広がっている。マーフシもフルマーレ島同様、様々なエクスカーションもある。

 ここで裏技(?)を2つ伝授しよう。「高級リゾートにも行ってみたい!」という方は、「5つ星リゾートへ出かける」というエクスカーションに参加してみよう。日中、リゾートのビーチで泳いだり、ランチを楽しめたりするというもの。日替わりで違うリゾートを訪問するというのも乙だ。

 もうひとつの裏技。イスラム国家であるモルディブはアルコールが禁止されていて、ローカル島でお酒を飲むことはできない。だが、飲める場所が実は、ある。空港から徒歩で10分の場所にある「フルレ・アイランド・ホテル」の「プール・サイド」というバーではお酒を提供。マーフシ島では、島から少し離れた沖に停泊している船のバーでお酒がいただけるので、飲ん兵衛もご安心あれ。

 高級リゾート滞在では決して味わえない、ガイドブックには載っていない素朴なモルディブをぜひ見てほしい。(文/平原千波)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索