浜矩子、英の現状に「『我を忘れる』とはこのことだと思う」

浜矩子、英の現状に「『我を忘れる』とはこのことだと思う」

 経済学者で同志社大学大学院教授の浜矩子さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、経済学的視点で切り込みます。



*  *  *
 イギリスがブレグジット、すなわちEU離脱を巡っててんやわんや状態になっている。EU側とはひとまず何とか離脱交渉がまとまり、膨大な合意文書が出来上がった。だが、この文書がイギリス議会を通る見通しは全く立っていない。交渉の
矢面に立ったテリーザ・メイ首相に対しては、与党内から不信任の声が上がった。

 信任投票は辛うじて信任多数でしのいだ。だが、今後の成り行きはなお予断を許さない。

 この右往左往ぶりは一体何か。イギリスの今の状態を見ていると、「我を忘れる」とはこのことだと、つくづく思う。イギリスとの付き合いがそれなりに長い筆者にとって、これは実に意外な事態だ。何はなくても我を忘れることだけはない。それがイギリス魂だ。そう体感的に確信してきた。どんな時でも、自分を外から見ることができる。だから、自分をネタに笑いが取れる。そこにイギリスらしさの真髄がある。そのはずだった。

 だが、今のイギリス人に、自分たちのブレグジット騒動を自嘲するゆとりはなさそうだ。結構、必死になってしまっている。大人げない。

 我を忘れるのは、きっと彼らが自分を見失っているからだろう。思えば、筆者も二つのイギリスを知っている。一つが、我が少女時代から変わらないゆとりのイギリスの顔だ。大人のイギリス。自嘲的ユーモアを自虐性なく発揮できるイギリス。二つ目は、1990年代から前面に出てきた顔だ。ダイアナ妃に熱狂するイギリス。労働党を「ニュー・レイバー」に変えた政治家、トニー・ブレアが売り出そうとしたニューでクールなイギリス。

 クールになろう。今風になろう。この風潮が、ロンドンの街並みをひたすらワサワサ、ギラギラしたものに変貌させてきた。その中で、イギリス人たちはどんどん自分を見失い、自信喪失に陥ってきた。自信がない者は、すぐにむきになる。我を忘れる。思い出すべき自我が思い出せない。だから、焦って、ことのほか我を張ろうとする。

 筆者はイギリスのEU離脱にずっと賛成してきた。だが、それは我を忘れる前のイギリスを前提にしてのことだ。先行きがとても心配になってきた。

※AERA 2018年12月24日号


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索