ISで性奴隷になった女性の“勇気の声”が世界を動かす ノーベル平和賞の意味

ISで性奴隷になった女性の“勇気の声”が世界を動かす ノーベル平和賞の意味

 ノーベル平和賞受賞者のスピーチが、全世界で話題となった。世界を動かした勇気ある女性の声とは? 毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された記事を紹介する。

*  *  *
 たったひとりの勇気が、世界を動かす。2018年12月10日、ノルウェーの首都オスロで開かれたノーベル平和賞授賞式は、その歴史的瞬間になった。

 2人の受賞者のうちのひとり、25歳のナディア・ムラド・バセ・タハさんは、4年前、イラク北部の故郷が過激派組織「イスラム国」(IS)に襲われた、ヤジディ教徒(※)の性暴力被害者だ。ドイツに逃れた彼女は傷を癒やすことに専念することもできたが、自分が傷つくことを恐れず、ISによる組織的な性暴力を告発する道を選んだ。声を上げる勇気が評価されてノーベル平和賞を受賞した。

 ムラドさんはたびたび国際社会に向けて発言している。国連親善大使に就任した16年のスピーチからムラドさんの経験や思いをたどってみよう。

「私は集団殺害の生存者です」と切り出したムラドさん。村人をヤジディ教からイスラム教へ改宗させようとしたISは、改宗を拒否されると村の男性と高齢女性をすべて処刑したという。「彼らは私の母と6人の兄弟を殺し、ヤジディの女性と子ども約6500人を拉致しました」。若い女性たちは「性奴隷」として売買され、性暴力に遭いながら今も転売されている。ムラドさんもそのひとりだった。

 イスラム教には、女性は人間として尊重しなければならないという掟があるが、ISは「ヤジディの女性は人間ではないので、レイプしても罪にはならない」と勝手に解釈している。

 ムラドさんは脱出に成功し、国連親善大使に就任したが、ISに今も監禁され、性暴力にさらされている女の子たちのことが頭から離れない。笑顔を見せることはまれだ。「私がいちばん幸せだったのは、世界のリーダーたちに話をしている今日ではありません。母の畑で野菜を育て、山へピクニックに行った日々が、いちばん幸せなときでした」

 国連でのムラドさんのスピーチは各国の指導者への訴えに変わっていく。「加害者は公正に裁かれなければなりません」「皆さんの行動は人々の暮らしにプラスにもマイナスにも影響を与えます」。そして次のように締めくくられた。「みなさんと同様に、私たちにも生きる価値があるのです」

 紛争下では子どもや女性が過酷な状況にさらされている。ムラドさんが何を訴えているのか、調べてみよう。その言葉のバトンは、私たちすべてに差し出されている。

※ヤジディ教徒=ヤジディ教は、主にイラク北部で信仰されている少数宗教で、イラクの信者は55万人。ISから「悪魔崇拝」とみなされ、多くの女性がISの「性奴隷」にされた。ISは弱体化したが、家を追われた36万人のヤジディ教徒のほとんどは、今も避難生活を続けている。

【キーワード:ノーベル平和賞】
国家間の友好関係、軍備の削減・廃止など、平和のために貢献した人物や団体に贈られる賞。20年は、紛争下の性暴力の根絶に向けて尽力したとして、ムラドさんとコンゴ民主共和国の婦人科医デニ・ムクウェゲさんが受賞。ムクウェゲさんは数万人に及ぶレイプ被害女性の心と体の治療にあたってきた。

※月刊ジュニアエラ 2019年1月号より


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索