人を笑わせ、考えさせる研究に贈られる「もう一つのノーベル賞」 イグ・ノーベル賞の世界へようこそ!

人を笑わせ、考えさせる研究に贈られる「もう一つのノーベル賞」 イグ・ノーベル賞の世界へようこそ!

 毎年、秋になると発表される「ノーベル賞」。今年は本庶佑さんの医学生理学賞受賞が大きなニュースとなったが、それより少し前、よく似た名前の「イグ・ノーベル賞」という国際的な賞が発表になった。そこには、ノーベル賞とはちょっと違う、でも、ユニークで知的な刺激にあふれた世界が広がっている。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された記事を紹介する。



*  *  *
 日本人の2人に1人ががんになるといわれている。国立がん研究センターの発表によると、男女合わせて2番目に多くかかるのが大腸がん(2016年)で、がんの中で死亡数が女性は1位、男性は3位という怖い病気だ。40代以降の中高年に多いが、早期に発見して手術をすれば、治りやすい。お尻(肛門)から内視鏡という管の先にカメラを付けた器具を入れて、がんになる前段階のポリープというイボを見つけて切り取れば、発病を9割減らせるともいう。

 しかし、困ったこともある。内視鏡検査は、普通のやり方では横に寝た人のお尻から内視鏡を入れるのだが、この方法では痛みや不快と感じる人が多いのだ。

 長野県駒ケ根市の昭和伊南総合病院の堀内朗医師は、その苦痛を減らす方法を探し続け、いすに座った姿勢で内視鏡を入れると楽にできることに気づいた。自分で試して、この方法を見つけたのだ。06年に自分の体験談をアメリカの学会誌に発表したところ、功績が認められて、18年の「イグ・ノーベル賞」の医学教育賞に輝いた。

 堀内さんは授賞式会場でも内視鏡を手に、座ったままお尻から入れるしぐさをして、会場の笑いを誘った。

■日本人は12年連続! 受賞者数は世界3位!

「イグ・ノーベル賞」という名前は、「品がない」という意味の英語「イグノーブル(ignoble)」と「ノーベル賞」をかけ合わせたダジャレだ。そんな名前からもうかがえるように、この賞は、「人を笑わせ、考えさせる」科学などの研究や業績に贈られ、研究内容からユーモアが感じられるのが特徴だ。

 これまでの受賞者数は、主催国のアメリカが1位、2位がイギリス、3位が日本だ。受賞した日本人は約60人を数え、07年から12年連続で受賞者を出している。日本の受賞者が多い理由について、賞の創設者であるマーク・エイブラハムズさんは、「日本やイギリスは、社会が少し変わった人を受け入れ、愛する文化を持っているからではないか」と語っている。

 今年のイグ・ノーベル賞に輝いた堀内さんの研究は、実際に広く役立っているとはいえない。痛みを抑える薬が使われ、これまでの横になったやり方でも負担を少なくできるからだ。しかし、堀内さんの研究が、「人々を笑わせ、考えさせてくれた」ことの価値は不滅だ。

 日本人受賞者の過去の研究のいくつかを、上にまとめた。どの研究も発想や内容が面白すぎて、頭の固い人からは「真面目にやれ!」と叱られそうだ。でも、こうした自由な考え方は科学だけでなく、社会の発展にも欠かせない。日本人がこの賞を多く受賞することに、私たちは誇りを持っていいと思う。

■過去の日本人受賞者のユニークな研究を紹介!

<2人の巨匠の名画をハトに見分けさせることに成功!>
1995年/心理学賞/渡辺茂(慶應義塾大学名誉教授)ほか2人
ピカソとモネの絵をそれぞれ10枚ずつハトに見せ、ピカソの絵のときにつつくと餌を与えることを繰り返すと、学習したハトはピカソのときだけつつくようになった

<バナナの皮が滑りやすいのはなぜかを解明!>
2014年/物理学賞/馬渕清資(北里大学名誉教授)ほか3人
バナナの皮を踏んだときの摩擦力を計測。皮の内側に多くあるカプセルのような小さい組織が、靴で踏まれた圧力でつぶれ、にじみ出た液体が滑りやすくすることを突き止めた

<この銅像にハトのフンがつかない理由を解明!>
2003年/化学賞/廣瀬幸雄(金沢大学名誉教授)
金沢市の名勝・兼六園にある日本武尊(やまとたけるのみこと)の銅像にハトが寄り付かず、フンがつかないのはなぜかを研究し、銅像に含まれるヒ素の成分をハトが嫌っていることを解明

<股の間からのぞくと実際より小さく見えることを証明!>
2016年/知覚賞/東山篤規(立命館大学特任教授)ほか1人
前かがみになって股の間から後ろ方向にものを見ると、実際より小さく見える「股のぞき効果」を実験で明らかにした

<イヌ語を人間の言葉に翻訳!>
2002年/平和賞/佐藤慶太(タカラトミー=当時タカラ)ほか2人
マイクから電波で本体に転送されたイヌの鳴き声をリアルタイムに音声分析、変換して液晶パネルにイヌの気持ちを文字とイラストで表示する「バウリンガル」を開発


【キーワード:イグ・ノーベル賞】
1991年に創設され、物理学、平和、医学、生物学などの部門から、毎年およそ10組が選ばれる。授賞式はアメリカのハーバード大学で開催されるが、賞金はなく、旅費も宿泊費も自分持ち。

※月刊ジュニアエラ 2018年12月号より


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索