NYの新年カウントダウンでキスする理由 丸山ゴンザレスが聞いた「お正月」との違い

NYの新年カウントダウンでキスする理由 丸山ゴンザレスが聞いた「お正月」との違い

「クレイジージャーニー」でもおなじみの、世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、ブロークン・イングリッシュを駆使して取材した世界の話題を紹介する本連載。今回は「正月」について聞いてみた。

*  *  *
 毎年、新年を迎えるにあたって気になっていることがあった。それは、「正月」という概念は海外にもあるのかということ。日本では多くの人にとって「正月」は特別な意味を持っているが、外国ではどうなのだろうか。

 正月を英訳すると、「NEW YEAR」となる。これは「新年」を訳したときも同じである。つまり英語圏の感覚では「正月=新年」となるのだ。

 1年が切り替わるタイミングだし、リフレッシュのためにゆっくり休んだりする人もいるので、合っているようにも思える。ただ、日本で過ごす正月には、それぞれの伝統や宗教、家庭の習慣、地方色といったものが相まって、単なるリフレッシュ以上の言葉で説明しにくい感覚もある。そうなると、「正月=NEW YEAR」としてしまうと物足りないような違和感があるのだ。

 せっかくなので違和感の正体について調べてみたいと思い、海外の人たちにとって正月はどんなものなのか教えてくれそうな知り合いに連絡をすることにした。相手はアメリカ中西部の田舎町出身で、ニューヨークに16年住んでいるちょっとノリの軽い男性、デイブである。

丸山:「New Year has a special meaning in Japan. How about in the United States? Is that nothing more than changing the year?」
(日本では新年って特別な意味があるんだけど、アメリカではどうなの? 年の切り替わりぐらいの意味しかないの?)

デイブ:「Oh no, it’s a big day here. People make promises to themselves for the new year to improve. They dress up and go out to drink a lot. Couples kiss at midnight. It’s a big American party.」
(何言ってんだ、すっげぇビッグイベントだよ! 新年はもっと成長できるように、みたいな感じで皆願掛け的なことするし、一張羅に着替えて飲みに繰り出すよ。んで、カップルとかは夜中にキスしはじめるしさ。まあ、アメリカでは、でっけえパーティーする感じだな)

丸山:「Dose it have a special meaning in the United States? If you rank holidays, what is the New Year like?」(アメリカでは特別な意味があるわけ? ランクつけるとしたらどんな感じ?)

デイブ:「Hm, maybe it’s in the top 5. Christmas, Thanksgiving and New Year’s Day are all up there. Fourth of July. For me I’d add St. Paddy’s Day but that’s a cultural thing. By the way, I’m going out to drink for a bit if you wanna come.」
(うーん、多分トップ5には入るね。クリスマスとサンクスギビングと元日はとりあえず入る。んで、7月4日(独立記念日)も。あと個人的にはパディーデイ【※】なんだけど、これは多分文化的なイベントだね。ところで今から飲みに行くけどひま?)

【※編注】日本人には聞き慣れないパディーデイは聖パトリックの日(3月17日)。セント・パトリックス・デイとも呼ばれ、アイルランドにキリスト教を布教した聖人の命日。

丸山:「Sorry, I’m in Japan now.」(ごめん、俺、いま日本なんだよ)

デイブ:「Come on man!!」(勘弁してよ〜)

 さすがにこんな軽いノリのデイブの意見を鵜呑みにする気はないのだが、日本とはちょっと感覚的に違う部分もあるのがおわかりいただけるだろうか。

 ほかの祝祭日と横並びにして語っているデイブがやや特殊な部類で、一般的にアメリカ人は感謝祭(11月の第4木曜日)からクリスマスまでのほうに重きを置くことが普通である。クリスマスが終わってもツリーは飾られていて、片付けるのは1月になってから、というあたりでもわかるのではないだろうか。

 新年はほかの祝日と同じスペシャルな祝日でしかないのだ。

 このように国が違えば特別な休みというのも変わってくるものなのだ。

 ほかにも中華圏や東南アジアでは旧暦(西暦が採用される以前の暦)の正月が重視される。中華圏だけでなく韓国、ベトナムあたりの人も、この時期は新年として盛り上がる。また、西暦の正月よりも長期の休みになることもあるのも特徴である。タイでもソンクラン(水掛け祭り)は、旧暦の正月にあたり、新年として盛り上がっている。

 日本人からすれば正月が世界で一番盛り上がるイメージかもしれないが、実際にはそんなことはないのだ。おまけになるが、旧正月などの時期は、西暦の正月から少し過ぎた時期なので、日本人には印象が薄く、世界中に中国人旅行者があふれてしまうということを忘れがちなので注意が必要である。

 ちなみに2019年は春節が2月5日、大晦日にあたる4日から連休が始まる。(文/ジャーナリスト・丸山ゴンザレス、イラスト/majocco)


関連記事

おすすめ情報

AERA dot.の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索