アフガニスタンで銃弾に倒れた中村哲医師(73)の葬儀が、福岡市で12月11日にあった。中村さんはNGO「ペシャワール会」の現地代表などを務め、30年以上にわたって医療や農業用水路の建設などに取り組んできた。葬儀には知人やNGO関係者ら1千人以上が参列し、中村さんの思いを引き継ぐことを誓った。



 一般市民も参加できるお別れの会は、2020年1月25日に福岡市内で開かれる見通し。

 遺骨の一部は本人の希望に沿って、用水路で緑の大地に変わったかつての砂漠に分骨される予定だ。記念施設をつくることも検討されている。最後まで現場に立つことにこだわった中村さんは、アフガニスタンに戻ることになる。

 葬儀ではひつぎにアフガニスタンの国旗がかけられた。中村さんとともに殺害された現地の警備員や運転手ら5人の遺影も置かれた。長男の中村健さんは5人を悼んで、次のように述べたという。

「最初に申し上げたいのは、父を守るために亡くなられたアフガニスタンの運転手や警備の方、そして残されたご家族・ご親族の方々への追悼の思いです。申し訳ない気持ちでいっぱいです。悔やんでも悔やみきれません。父も、もしこの場にいたら、きっとそのように思っているはずです。家族を代表し心よりお悔やみを申し上げます」

 ペシャワール会によると、参列者からの香典は支援事業にあてる。4人の遺族にも見舞金などを支払う方針だという。

 中村さんはアフガニスタン東部ジャララバードで12月4日、車で移動中に襲われた。遺体は9日に福岡に到着し、司法解剖の後に福岡県大牟田市の自宅に戻った。ペシャワール会の村上優会長は、中村さんの思いを引き継ぐことを宣言し、次のように語った。

「中村先生はもともと敵とか味方とかという関係を止揚というか、乗り越え、悪い人も良い人もいて人生だと、共生を求められていた。今回の事件は、本人の生きてきたそのものを体現した、『崇高』とも表現すべき犠牲だと私は受け止めています。私たちは中村先生が実践してきた全ての事業を継続し、彼が望んだ希望は全て引き継いでいきたい」

 ペシャワール会によると、アフガニスタンには現地職員が約200人、作業員が約300人いるという。2年前には用水路の建設や維持の技術を学ぶ研修所を設けた。広報担当理事の福元満治さんは、「中村さんが残してくれた技術を現地でもしっかりと伝えていきたい」と話している。

 政府の途上国援助などで活動を支えてきた国際協力機構(JICA)も支援を続ける方針だ。ペシャワール会とともに、かんがい技術の「教科書」(ガイドライン)づくりに取り組んでいる。

「中村さんが培ってきた技術や経験は、アフガニスタンのほかの地域でも活用できます。ガイドラインは現地の状況に合うように英語や現地のパシュトゥン語などでまとめていて、来年には完成する予定です。今回の事件は本当にショックで残念でしたが、中村さんがアフガニスタンの国民から広く愛されていたことが改めて分かりました」(山田順一理事)

 中村さんは10月にはアフガニスタンのガニ大統領から名誉市民権を授与されていた。12月7日に首都カブールの空港であった追悼式では、ガニ氏もひつぎを担ぎ、飛行機に載せた。

「中村さんはアフガニスタンの貧しい人たちに尽くし、生活の向上に一生を捧げた偉大な人です」(ガニ氏)

 中村さんとともに殺害された警備員や運転手ら5人について、現地の放送局「1TVNewsAF」のマディ・アクラキさんは次のようにツイッターで報じている。

「警備員チーフのエマル・マンドザイさん(36)には3人の娘と2人の息子を含む5人の子供がいます。運転手のザイヌラさん(30)には、3人の息子と3人の娘が残されました。警備員のアブドル・クドゥスさん(27)の一人娘は1歳です。警備員のジュマ・グルさん(30)には心臓病の娘がいます。警備員のサイード・ラヒムさん(30)には6人の子供が残されました」

 大きな犠牲をともなった今回の事件。本誌にも読者から、「死を決して無駄にしてはいけない。後継者が必ず出てくるはずだ」といった声が寄せられた。

 現地の治安が悪化するなど厳しい状況のなかで、支援事業をいかに継続していくかが問われる。

(本誌・池田正史、多田敏男)

※週刊朝日オンライン限定記事