イスラエルでは3回目の総選挙が3月2日に行われました。この1年で3回目です! その理由は、有権者が現在二つの陣営に分かれて対立しているからです。一方はべンヤミン・ネタニヤフ現首相が率いる右派・宗教連合、もう一方は元軍参謀総長ベニー・ガンツ氏が率いる中道左派連合です。しかし双方が議会で過半数の連立を達成することができず、イスラエルの政治は行き詰まって3度の総選挙が行われたのです。

 この行き詰まりの主な理由の一つは、イスラエル社会で物議を醸しているネタニヤフ現首相の存在です。ネタニヤフ首相は抜け目のないポピュリスト政治家であり、選挙運動の達人で、在任期間はすでに14年間に達しています。彼が党首を務める「リクード」党の支持者からは情熱的に支持されていますが、その半面、彼の長期政権に反対する多くのイスラエル市民からは嫌われています。

 現在ネタニヤフ首相は収賄疑惑に直面しており、裁判が開始されることになっています。彼は辞任を拒否しており、昨年は、首相在任中は刑事訴追の免責を与える法律を可決しようとしました。

 私はいくつかの点で、ネタニヤフ首相は田中角栄元首相に似ていると思います。まず首相に選出されたとき、二人とも日本またはイスラエルで最年少の首相で、広く国民の支持を得ていました。また両者とも舞台裏では政治的取引の達人と見なされています。彼らは所属政党、そして議会で巨大な政治的支配力を持っています。そしてともに深刻な汚職で告発され、起訴されました。田中元首相はロッキード事件として有名なアメリカの旅客機購入に関しての汚職事件で有罪になっています。一方ネタニヤフ首相は、ドイツからの海軍潜水艦の購入やユダヤ系アメリカ人の億万長者らからの20万米ドル相当の葉巻や高級シャンパンの受領、そしてメディアへの操作疑惑をもたれています。

 今回の第3回選挙の投票率は高く、登録有権者の71%以上が投票しました。イスラエルでは選挙日は国民の祝日と考えます。学校や仕事は休日扱いで、役所なども休業します。選挙には費用がかかりますが(各選挙の費用は約10億米ドルです!)、この経済的負担にもかかわらず、社会では民主主義を祝う日と見なされているのです。

 今回の選挙結果を見るとネタニヤフ首相は再び事前の「世論調査」をひっくり返して、彼が党首の「リクード」党が全120議席のうち36議席を獲得し、議会で最大議席数となりました。ライバルのガンツ氏率いる「青と白」党は33議席です。興味深いことに、ネタニヤフ首相に投票した有権者は彼の汚職容疑を気にせず、彼のリーダーシップを評価したようでした。これも田中元首相に似ています。田中元首相も告発された後の衆院選で地元の新潟選挙区で大量得票し、再選されました。

 しかし、今回もネタニヤフ首相と連立する右派の議席数は過半数を占めるのに必要な61議席を下回る58議席です。一方、対立する会派は汚職事件の容疑者が首相を務めることを禁止する法律を可決して、ガンツ氏が率いる新政府に道を開くことを計画しています。

 なぜネタニヤフ首相は、直面しているすべての政治的スキャンダルと刑事告訴にもかかわらず、依然として多くの支持を得ているのでしょうか? 私が考える最も妥当な理由はイスラエル人の“アイデンティティー投票”傾向です。これはイスラエル人がイデオロギーよりも、自分が所属する社会集団に従って投票する傾向があるという意味です。

 イスラエル国民(人口900万人)は現在、同じ国に住んでいるにもかかわらず、実際は非常に多彩です。四つの主要な社会グループをここでは「部族」と呼びます。最初の二つの部族は、主にヨーロッパ諸国で生まれ、イスラエル建国前に来たユダヤ人の子孫であるアシュケナージ族と、中東や北アフリカのイスラム地域で生まれたユダヤ人で独立後にイスラエルに移住した人々でつくられたミズラヒ族です。歴史的な理由により、ミズラヒ族の有権者は右派のリクード党に投票する傾向があり、アシュケナージ族は中道および左派政党に投票する傾向があります。

 3番目の部族はユダヤ宗教族で、イスラエルでよく黒い帽子と黒い服を身に着けている超正統派の人々です。彼らにとってユダヤ教義(トーラー)は、自身のアイデンティティーの中心であり、それによって住む場所、選ぶ仕事の種類、そしてどの候補者に投票するかを決定します。この部族は、伝統的にイスラエル議会でネタニヤフ首相と連合している二つの宗教政党「シャス」と「統一トーラーユダヤ」党に投票します。

 最後の部族はイスラエルのパレスチナ・アラブ族で構成されています。イスラエルの人口の約20%を占める彼らは、今までの選挙では投票率が低い傾向にありました。そのためイスラエル議会に占めるアラブ政党の議席数は実際の人口比より少なかったのです。しかし、今回の選挙ではネタニヤフ首相の人種差別的発言に怒ったアラブ人有権者が多く投票し、「共同アラブ戦線」は15議席を獲得し、「リクード」党、「青と白」党に次いで、議会で3番目に大きな政党になりました。過去、アラブ政党はイスラエル政府に加わることは期待されていなかったのですが、今回はネタニヤフ首相に反対するガンツ氏の「青と白」党を支持しています。ガンツ氏も、イスラエル議会史上初めてアラブ政党との連立政権も視野に入れています。

 今はまだどのような新しい連立政権が形成されるかを予測するのは時期尚早ですが、多くのイスラエル人にとって、今回の選挙結果は、政府を変えるチャンスであるだけでなく、イスラエルの民主主義の将来についての闘争と見なされています。もしネタニヤフ首相が右派連合を形成することに成功した場合、彼はパレスチナ人に対する厳しい立場を継続し、イスラエル社会のユダヤ色を強化する宗教法の整備を進めることが予測されます。

 もしガンツ氏が次の政府を率いる場合、彼はパレスチナ人との和平交渉の再開、ユダヤ人入植地拡大の凍結、一般労働市場への超正統派市民の参加を奨励することが期待されています。彼の選挙キャンペーンでは、国家の管理方法、特にイスラエルの経済情勢に新たな風を吹き込み、民主的な性格を強化することを約束していました。現在いくつかの政党がガンツ氏支持を表明し、最初の組閣の機会を得ています。

○Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。07年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。