「重体説」や「死亡説」が取り沙汰された金正恩・朝鮮労働党委員長が健在だったことが明らかになり、米国の情報収集能力に疑問符が付いた。



 北朝鮮メディアは5月2日、正恩氏は1日に北朝鮮西部の順川(スンチョン)で行われたリン酸肥料工場の竣工式に参加し、テープカットを行ったと報じた。4月11日の党中央委員会政治局会議の出席以降、20日ぶりに公の場に姿を現した。手にタバコを持ち、健在ぶりを誇示した格好だ。

 米CNNが4月21日(日本時間)に正恩氏の「重体説」を報じると、米国の首脳たちは思わせぶりな発言をくり返していた。トランプ大統領は「彼が無事であることを願っている」、ポンペオ国務長官は「彼の姿をとらえることができていない」などと発言。実はポンぺオ氏の発言通り、米国は執拗なまでに正恩氏の動向を探っていたのである。

 一方で、正恩氏の実妹、金与正・党中央委員会第1副部長の指導者クラスへの格上げを急いだ形跡もあり、謎は残されている。北朝鮮問題に詳しい韓国在住のジャーナリスト・裵淵弘(ベ・ヨンホン)氏に話を聞いた。

*  *  *
 4月21日のCNN報道以降、在韓米軍は毎日のように特殊偵察機RC12Xを出動させた。目的はもちろん、正恩氏の健康状態を探るためだ。特に同27日から30日にかけては、1機どころか何機も飛ばすほど念の入れようだったというのだ。

「偵察機はDMZ(非武装地帯)に沿って西から東へ日本海に抜けるように飛行しました。時に日本海側に出て、海上軍事境界線のNLL(北方限界線)あたりまで飛び、そこまで行くと正恩氏が滞在していたとされる元山(ウォンサン)の傍受は可能です。ひっきりなしにRC12Xを飛ばしているものだから、なおさら正恩氏の健康状態に憶測を呼ぶことになったのです」

 同22日には、米軍は日本の航空自衛隊と日本海や沖縄周辺の上空で共同訓練を行っている。米軍三沢基地からF‐16戦闘機が参加したほか、米本土から「死の白鳥」と呼ばれる戦略爆撃機B‐1Bが飛来した。B‐1Bが朝鮮半島周辺を飛行するのは、2017年12月に実施された米韓合同軍事演習「ビジラント・エース」以来のことだ。同年11月、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の「火星15」を発射したことを受けて、史上最大規模の軍事訓練となった。今回も北朝鮮に対し、軍事的圧力をかけている。

「B‐1Bは、わざわざ元山の沖合800キロくらいのところまで飛んで行っているのです。22日だけではなく、29日にも日本にB‐1B2機が来たそうです。正恩氏が死去すれば不測の事態もあり得ると踏んで、米軍は北東アジア地域における抑止力を誇示する意味でも軍事挑発的な行動を起こしたようです。同時に、米軍の駐留経費の負担額の大幅増を求めている韓国と日本に対するアピールもあったのでしょう。B‐1Bを米本土から日本まで飛ばすだけで、1機当たり20万ドルもかかるそうです。米軍は経費削減を理由にこの4月半ば、グアムに循環配備していた爆撃機B‐52を本土へ永久撤収しているのに、こんな無駄遣いをしているのです」

 不可解だったのは、米軍の軍事パフォーマンスに対し、北朝鮮が無反応で、いつものように非難声明を出さなかったことだ。

「正恩氏が雲隠れを徹底させたためなのか。ともかく正恩氏に関する情報はでたらめだらけで、米軍の情報収集力が思いのほか低いことが露呈しました」

 一方で、もし正恩氏の身に何かあった場合、後継者は妹の与正氏になるのがほぼ確実視されている。正恩氏には子どもが3人いるというが、第一子の長男がまだ10歳くらいだと見られている。正恩氏の実子が成長するまでの間、与正氏が執権する可能性が高いだろう。ちなみに実兄の正哲氏は、英国のミュージシャンであるエリック・クラプトンのファンで知られ、ギターに夢中。ナイーブな性格で、政治にはまったく関心がないといわれている。

 与正氏が初めて表舞台に立ったのは11年12月、父・正日総書記の葬儀の場だった。国際的に注目を浴びたのが、18年2月の韓国で開催された平昌冬季五輪だ。正恩氏の特使として訪韓。韓国国内で好感度が上がり、南北融和ムードを演出した。

 今回、正恩氏は雲隠れの直前、与正氏の地位を向上させている。与正氏は19年2月にベトナムで行われた2度目の米朝首脳会談が不調に終わったことで、責任を取らされる形で政治局員候補を解任されていた。だが今回、4月11日に正恩氏が参加して行われた労働党政治局会議で、与正氏は政治局員候補に再選されたのである。その日を境に正恩氏は姿を消し、翌12日の最高人民会議(国会)を欠席した。

「最高人民会議は10日に予定されていましたが、12日に延期したのです。先に正恩氏が参加する形で政治局会議を行い、与正氏を党の要職に復帰させた。正恩氏は何か急ぐように、与正氏を自分の後継者として印象付けを行ったのです。この間、与正氏祭り上げも行われてきました。3月1日には、党中央委員会の宣伝扇動部第1副部長から、最強組織である組織指導部第1副部長への異動を正式に発表しています。組織指導部は人事権、正恩氏への業務報告をすべて統括し、すべて業務の検閲、処罰の権限を持つ部署です。そこのトップ(副部長がトップ)ですから、ポスト的にも事実上の後継者と考えていいのです」

 3月2日、北朝鮮が短距離弾道ミサイルと見られる放射砲を2発発射したことに、韓国側は強い遺憾の意を表明。これに対し、北朝鮮は翌3日、与正氏の名義で「自衛的行動だ」とする声明を出し、韓国青瓦台(大統領府)を激しい言葉で罵倒した。

<青瓦台の低能な思考方式に驚愕する><怖じ気づいた犬ほど騒々しく吠える>などといった具合だ。与正氏の名義で声明を出すのは、これが初めてだ。

「慎まし気なイメージの与正氏が要職に就いた途端に凄まじい声明を出したことで、指導者として着実にステップを踏んでいる印象を受けます。声明文は北朝鮮人民が見ているわけですから、韓国に対してこのくらい強硬な姿勢を取らなければ北朝鮮の指導者は務まらないということでしょう。この間の報道では、極端な男性優位社会の北朝鮮で女性リーダーが誕生する可能性を否定するものもありましたが、『白頭血統』であれば人民は従うはずです」

 ただ、正恩氏や与正氏は白頭血統の中ではもともと“本流”ではなかった。

 父の正日氏には、5人のパートナーがいた。17年2月に暗殺された金正男氏の母・成恵琳(ソン・ヘリム)、正恩氏と与正氏の母・高容姫(コ・ヨンヒ)、金英淑(キム・ヨンスク)、洪一茜(ホン・イルチョン)、金玉(キム・オク)の各氏だ。

「この中で公式のファーストレディは、金英淑氏でした。金日成主席のタイピストをしていた女性で、正日氏は父の勧めで結婚した経緯があるからです。長女の雪松(ソルソン)氏は、正恩が出てくるまでかなり政治に関わった実力者でした。けれども、浮気や不倫をくり返す正日氏に英淑氏はないがしろにされて表に出られなかった。成恵琳氏は映画俳優で、映画好きだった正日氏と恋に落ちたのです。恵琳氏は既婚者でしたから、略奪婚になります。日成氏が激怒して反対したから、公式には認められない結婚だったのです」

 恵琳氏が02年に亡くなると、この時期に合わせて高容姫氏の“神聖化”が始まるのである。容姫氏は平壌の「万寿台(マンスデ)芸術団」の踊り子に抜擢され、正日氏に見初められた人物だ。この容姫氏を後押しする勢力が、金正男氏を後見する勢力を制し、容姫氏を称賛するキャンペーンが大々的に行われた。

「その過程で、朝鮮人民軍が極秘文書を作成します。『尊敬するお母さまは、敬愛する(金正日)最高司令官同志に限りなく忠実な忠臣の中の忠臣であられます』という長いタイトルです。この『尊敬するお母さま』が容姫氏を指し、この文書は正恩氏を後継者にするための布告になりました」

 公式の存在となった容姫氏だが、それから間もない04年に死去した。容姫氏が在日コリアンだったことはよく知られている。戦前、両親が済州島から渡日。容姫氏は1952年に大阪・鶴橋で生まれた。幼いころに、在日本朝鮮人総聯合会(朝鮮総連)が推進した帰還事業で北朝鮮に帰国している。在日コリアンたちは北朝鮮が「地上の楽園」と信じて渡航したが、実態はあまりにも落差があった。

「北朝鮮は、帰国在日コリアンを『動揺階層』と位置づけ、監視対象にしました。日本の社会に触れて危険な思想を持っているというわけです。帰国した同胞を『帰胞(キッポウ)』と呼び、ずっと北朝鮮社会の中で差別されてきたのです」

 それゆえ、容姫氏が在日コリアンであることはタブー視されてきた。しかも、容姫氏の妹夫婦は脱北し、米国に亡命している。そんな容姫氏と不倫の末に生まれた3人の子ども(正哲、正恩、与正の各氏)の存在を表舞台に出すのは、容易なことではなかった。そうした事実をすべて包み隠し、本来、傍系だった容姫の神話づくりが遂行されていったのである。

「金日成氏は94年に死去していますが、容姫氏のこともその子どもたちのことも知らないまま亡くなっています。正恩氏も与正氏も祖父である日成氏と会ったことがないはずです。いろいろな経緯はあったとはいえ、正男氏は長男ということもあって、幼いころに日成氏が抱っこしてあげたという話が伝わっています。ところが、正恩氏ら3人の子どものことは存在すら知らなかったようです」

 白頭血統はもはや偶像でしかない。だからこそ、正恩氏は疑心暗鬼になり、粛清に次ぐ粛清による恐怖政治で権力を掌握する必要があったのだ。

 今回、正恩氏の「重体説」や「脳死説」はガセだったが、20日間も雲隠れしていた理由は謎のままだ。心疾患など健康不安があることは否定できない。あるいは、本人または指導部で新型コロナウイルスの感染が起きていたのか。

「この先、正恩氏に何かあった場合、与正氏の中継ぎ体制になることはまちがいないと思いますが、北朝鮮の政情不安を警戒する中国が水面下で必ず介入してくるはず。“ポスト金正恩”は先行きが見通せません」

(本誌・亀井洋志)

※週刊朝日オンライン限定記事