世界中のスラム街や犯罪多発地帯を渡り歩くジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、取材先でメモした記録から気になったトピックを写真を交えて紹介する。
■割引セールをする店も アメリカでの外出制限下の意外な楽しみ方

 緊急事態宣言が延長された。発令から二ヶ月目に突入していくわけだが、日本よりも先に宣言が出され、ロックダウン(都市封鎖)された場所は世界中にいくつもある。そのうちの一つであるアメリカは、段階的に解除の方向に向かっているようだが、全面的な開放には程遠い。



 ロサンゼルスの友人に、暮らしぶりについて聞いてみた。

「ストレスはたまるよ。サンタモニカもビーチが閉鎖されているし、どうしようもないね」

 ビーチには警察が張り込み、フェンスが設置されて入れなくなっているという。ただ、現地の在住者が驚いたのは別のことだ。

「アメリカ人がマスクをしている。それもランニング中に!」

 アメリカではマスクは「病人が着けるもの」という認識が強く、日本のように予防のために着ける人はほとんどいない。だが、その認識が今回のコロナ騒動で変わるのではないかという声もある。

 以前、この連載の『丸山ゴンザレス「あなたよりも“N95マスク”を必要としている人がいるかもしれない」』(4月23日配信)で写真付きで紹介した“バンダナマスク”については、前出の友人からツッコミが入った。

「同じようなバンダナマスク姿の人をよく見ます。今、マスクが手に入らない人はバンダナを着用してるんですよ」

 バンダナマスクで商業施設に行くとは、はたからみれば完全に強盗スタイルである。普段なら入店を断られるところだろう。だが、今では問題なく買い物できるそうだ。そこでも一定の距離を保って並ぶため、店内には長い行列ができているらしい。

 このあたりのところは日本で起きていることと似ている。その他にはどのように過ごしているのか。

「ショッピングだね」

 この時期に、いったいどういうことか。

「はじめは自宅で料理を楽しんだりしていた。でも、この機会にパンを作る人が増えて、小麦粉などの粉系は売り切れが出始めている。買い占めに加担している気がして、料理は気持ちが乗らなくなってきたんだ。そんな時、各種業界がセールを始めたんだよ。アウトドア用品のブランドが 50%offを打ち出したり、あるドーナツチェーンではドーナツ12個が無料なんだ。といっても、なかには医療従事者応援のため、その業種の人専用のディスカウントだったりもするけどね」

 多くの企業が救急、消防、病院、警察などの「First responder」と呼ばれる人に対して“特別ディスカウント”を実施しているようだ。スターバックスではコーヒーを無料提供していたという。

「あとは、今だからこそ味わえる楽しみを見つけるようにしているよ。たとえば普段は行列で入れないラーメン屋に行って、テイクアウトするとかね」

「え、ラーメンを?」

 思わず突っ込んでしまった。

「スープと麺を容器をわけて持ち帰ることができるから、麺がのびないんだ」

 置かれた環境を前向きに楽しむこと。終わりの見えないコロナ禍で、多くの人が苦しんでいるが、やはりそうした先にこそ希望があるのかもしれない。(文/丸山ゴンザレス)