2019年5月、イスラエルの航空会社エルアルは、テルアビブから成田に毎週直行便3便を運航させると発表しました。2020年3月に開始する予定だったフライトは、16年越しの交渉のすえに実現しました。多くのイスラエル人は興奮しました。フライトを始めることをエルアルが決めたのは、両国間の観光客の増大でした。2019年にイスラエルに旅行した日本人は約2万人。日本を訪問したイスラエル人は4万人でした。フライト開始に合わせてエルアルは、厳格なユダヤ教徒のために宗教戒律を守った料理「コーシャ」を提供するため、成田空港の中に特別なキッチンを確保するほどの気合の入れようでした。



*  *  *
 しかし、この コロナ禍ですべてのフライトが休止されて、いつ再開するのかも今ははっきりしません。そしてエルアルは経営の乱気流の中に突っ込み、国に補助を求めている状況です。今では国有化の話も出ています。

 航空産業は、コロナによる影響を最も大きく受けている産業の一つで、おそらく回復局面は最後でしょう。イスラエルでも学校、店、レストラン、劇場ですら再開されているのに、国際空港(通常は最も忙しい場所の1つ)はまだ静かなままです。ヨーロッパのいくつかの国は旅行者のために国境のゲートを開きましたが、イスラエル人はおそらくあと数カ月間、国外に行けないでしょう。

 イスラエル人は、旅行することが好きです。2019年、約900万の人口に対し、のべ920万人のイスラエル人が外国に行きました。複数回、国外に行く人が多かったのです。(ちなみに同じ年の日本では、1億2600万の人口に対し、2000万人が外国に観光に行きました)。ヨーロッパ以外で、イスラエル人が好きな場所の1つがギリシャの島々です。なぜならイスラエルで国内旅行するより安価に宿泊することができるからです。

 ギリシャは国境を開くことを強く推し進めています。ギリシャの国家収入の多くは、観光収入です。 サントリーニ、ロードス、ミコノスなどの観光地は今、再び観光客の獲得に一生懸命です。 ギリシャのミツォタキス首相は6月、イスラエルを訪問しました。イスラエル政府と市民にギリシャへの旅を奨励するためです。首相は「ギリシャの島々には安全に行くことができる」と訴えました。しかし、イスラエル国内で外国旅行への兆しは全くありません。

 どうしてイスラエル政府は国境を開くのに時間がかかっているのでしょうか。もちろん、国境を開いて「第2波」が発生するという懸念は確かにあります。欧州の他の国に比べて、イスラエルの状況は現在安定しており、自宅などに隔離されている患者は約5000人です。

 しかし、本当の理由はイスラエル国民が休暇で外国に行くより国内で過ごすことのほうを政府が望んでいるからでしょう。コロナ危機は経済に非常に厳しい状況をもたらしました。多額の赤字、高い失業率を引き起こしています。イスラエル国内にも多くの観光地があります。美しい紅海に面した南部の都市エイラット、北部のガリラヤ湖、長い歴史を持つエルサレムや死海。政府は経済回復に寄与するために、イスラエル人にこうした場所で休暇を過ごすことを求めているようです。

 日本のレジャー政策について著作があり、早稲田大学で教えている米国人デイビッド・レーニー教授は、「日本政府は国民が休暇を取ることを奨励しているが、国内にいることを望んでいる」と言います。その理由は「日本の休日と祝日は国内旅行を励行するために作られた日数だ」と指摘しています。イスラエルも同じ道を歩んでいます。

 ここ10年来、少なくとも年に一度は外国に旅行するイスラエル人が増えています。なぜなら国内でのプレッシャーから束の間の逃避をしたいからです。現在、世界的に流行している新型コロナウイルスで国境は閉じられ、人々は重圧を感じています。望みうるなら、エルアルが運航を再開し、日本まで直行便で行けるようになってほしいですね。

○Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。07年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。