山車展示、お囃子実演も きょう三社大祭記念祭

 八戸三社大祭運営委員会は5日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことなどを祝う記念祭を、八戸市庁前市民広場で開く。今年の祭りの開催期間は例年より一日“延長”され、山車展示やお囃子実演、郷土芸能のステージが会場を盛り上げる。 午後5時開始。17台の山車が一斉に仕掛けを展開し、子どもたちがお囃子を実演する。特設ステージでは、高館駒踊りや重地大神楽などが披露される。 午後6時半からは、記念セレモニーを実施。山車組による木遣り音頭や神楽、虎舞が登場する。会場には屋台も並ぶ。終了は午後8時。 山車を展示する山車組は次の通り(順不同)。 新荒町附祭若者連、吉田産業グループ山車組、下組町山車組、内丸親睦会、柏崎新町附祭、淀山車組、城下附祭、新井田附祭振興会、青山会山車組、朔日町附祭、十一日町龍組、塩町附祭組、下大工町附祭若者連中、類家山車組、六日町附祭若者連、八戸市職員互助会、吹上山車組

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

デーリー東北の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索