“ねこナンバー”で町PR/三戸郵便局

“ねこナンバー”で町PR/三戸郵便局

 三戸町が8月から町出身の漫画家、故馬場のぼるさんの絵本「11ぴきのねこ」のイラストを使った、ご当地ナンバープレートの交付対象車種を拡大したことを受け、三戸郵便局(橋本正俊局長)は、配達用などのバイクを“ねこナンバー”に切り替えた。町の郵便屋さんが、「11ぴきのねこのまち」のアピールに一役買う。 プレートを一新したのは配達用と貯金・保険営業用の原動機付自転車。町内と隣接する南部町の一部で業務を担当し、一日の配達量は約5千通、総走行距離が約400キロに及ぶという。 4日は三戸町役場前で町関係者にバイクを披露した。橋本局長は「ねこナンバーは町内外ですごい評判になっている。11ぴきのねこのまちが広がり、三戸に住みたいという人が増えれば」とあいさつ。 松尾和彦町長は「多くの人に利用してもらい、町を盛り上げてほしい」と、さらなる普及に期待した。【写真説明】11ぴきのねこナンバーへ切り替えたバイクの前でテープカットする関係者

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

デーリー東北の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索