青函トンネル30周年で新幹線半額/JR

 青函トンネルの開業30周年を記念し、JR東日本とJR北海道は仙台—新函館北斗間を対象に、乗車券と指定席特急券が半額になる割引切符を販売する。インターネットでの限定販売で、利用期間は2月17日〜3月16日の1カ月。八戸—新函館北斗間の片道料金は大人1人5250円となる。 切符を購入するにはJR東日本の会員サイト「えきねっと」への登録が必要で、利用できるのはJRがあらかじめ指定した新幹線のみ。切符の販売は乗車日の1カ月前の午前10時から始まり、20日前の午前1時40分まで受け付ける。 他の片道料金は、七戸十和田—新函館北斗間4430円、二戸—新函館北斗間5990円。子どもは大人の半額となる。 青函トンネル(約54キロ)は1988年3月に開業。2016年3月には北海道新幹線新青森—新函館北斗間が延伸開業し、現在は八戸—新函館北斗間を最速1時間27分で結んでいる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

デーリー東北の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索