練習の成果、堂々披露「うみねこ演劇塾」発表会

練習の成果、堂々披露「うみねこ演劇塾」発表会

 八戸市公民館が主催する「うみねこ演劇塾」の発表会が8日、同公民館で開かれ、小中学生によるジュニア塾と60歳以上によるシニア塾の約30人が、日頃の練習の成果を披露。一人一人の熱演に観客は大きな拍手を送った。 毎年開催され、6回目。同演劇塾では、受講生を募集し、同公民館の柾谷伸夫館長らが指導している。 ジュニア塾が演じたミュージカル「ウーとスー なかよしになるために」は、すみかの蕪島を巡って争うウミネコとカラス、野良猫たちの対立と友情の物語。子どもたちは、厳しい自然の中で懸命に生きようとする動物たちの姿を堂々とした歌とダンスで表現した。 シニア塾は、口寄せをしてもらおうとイタコの元を訪れた人々の人間模様を描く「待合室」を上演。個性あふれる登場人物をコミカルに演じ、会場を沸かせた。 出演した八戸市長者の竹井貞子さん(76)は「舞台に立つなんて、なかなかできない経験。自分を表現する最高の場だった」と充実感をにじませていた。【写真説明】はつらつとしたダンスを披露するジュニア塾の受講者

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

デーリー東北の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索