試験は来年3月8日 青森県立高校入試

 青森県教委は12日、2019年度県立高校入試の選抜方法を発表した。全日制54校と定時制9校で、5教科の学力検査などを行う「一般選抜」と、傾斜配点など学校独自の基準で選ぶ「特色化選抜」と二つの選抜方法を実施。計63校のうち、八戸や三本木など27校40学科で「一般選抜90%、特色化選抜10%」の募集割合で行う。試験は来年3月8日。 全日制の募集割合は「一般80%、特色化20%」が八戸東や三本木農業など15校30学科。八戸西スポーツ科学科など5校5学科は一般と特色化が50%ずつで、独自の選抜方法を重視する。一般合格者を先に選ぶのは八戸北や五戸など44校91学科。八戸や田名部など10校22学科は、特色化選抜を先に実施する。 面接は全校全学科で実施。実技は八戸西スポーツ科学科など4校4学科で行う。八戸水産や八戸工業など全日制3校16学科は、面接時に自己PRを求める。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

デーリー東北の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索