少女にみだらな行為 八戸の中学教諭懲戒免職

 青森県教委は12日、18歳未満=当時=の少女と2年4カ月もの間、交際関係を持ち、みだらな行為に及んだとして八戸市内の中学校に勤務する男性教諭(42)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。個人や学校名は明らかにしていない。 教職員課によると、教諭は2015年5月から17年9月までの間、自家用車内や同市と階上町のホテルで少女が18歳未満と知りながら複数回にわたり、みだらな行為をした。教諭と少女は知り合いだった。 今年7月下旬、少女の母親が少女との会話の中で教諭との関係に気付き、教諭の勤務校に連絡して発覚した。教諭は「相談に乗っているうちに恋愛感情が芽生えた。違反行為とは認識していたが、抑えられなかった」と話したという。 同市の伊藤博章教育長は「児童生徒、保護者、関係各位に心からおわび申し上げる。今後は服務の厳正な確保を徹底し、信頼回復に努める」とのコメントを出した。 また、県立特別支援学校の男性教諭(51)が、公然わいせつ行為をしたとして9月25日付で停職3月の処分を受けた。17年11月25日午後6時ごろから翌26日午前5時ごろにかけ、同市内の飲食店で知人との忘年会中に下半身を露出した。 このほか、県教委は県立特別支援学校の寄宿舎指導員の男性(51)と、東青地域の高校の男性講師(27)の2人を速度超過で戒告処分にした。いずれも最高速度40キロの道路で寄宿舎指導員は30キロ、講師は29キロ速度超過した。処分は共に9月25日付。


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

デーリー東北の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索