青森県を拠点に全国へ向けて小型無人機ドローンの普及や利活用を呼び掛ける、日本ドローン活用推進機構(青森市、深川友貴会長)は21日、同機構のイメージキャラクターとロゴデザインを発表した。昨年12月から行っていたデザイン募集の結果、キャラ、ロゴともにグラフィックデザイナー工藤和久さん(55)=弘前市在住=の作品がグランプリとして採用された。

 キャラクターは、同機構の愛称である「JDUI(ジュディ)くん」と名付けられた。

 工藤さんは“ドロン”と姿を消す忍者のイメージと、ドローンの語呂を掛け合わせてキャラクターを生み出したという。ロゴは桜の花をベースにし、4色のドローンに見えるように描いた。

 同日、青森市で授賞式が行われ、深川会長が工藤さんへ賞状を授与。受賞した工藤さんは「キャラクターとロゴが、末永く愛されてほしい」と喜びを語った。深川会長は「大人から子どもまで愛され、一緒に成長していきたい」と話していた。