三沢でニホンジカの目撃情報相次ぐ

三沢でニホンジカの目撃情報相次ぐ

 三沢市内で20日、ニホンジカの目撃情報が相次いだ。青森県によると、市内で確認されたのは、死んでいる個体が発見された2011年以来。農作物の食害が懸念されることなどから、市は注意を呼び掛けている。 市農政課によると、午後1時半ごろ、同市三川目2丁目で屋根の修繕作業をしていた男性が付近の畑で2頭を目撃。午後2時10分ごろには、1件目の目撃場所から直線で約2キロ離れた同市三沢前平の「まえたい薬局」の駐車場で、女性会社員が2頭を確認した。 2件とも、夏季の個体に特有の胴のまだら模様があったことから、ニホンジカであると断定した。 これとは別に午後4時ごろにも、同市鹿中3丁目にシカが4頭いるとの情報が寄せられた。ニホンジカかどうかは分かっていない。 県のまとめでは、本年度の県内での目撃情報は今月8日時点で5件11頭。【写真説明】目撃した男性が撮影したニホンジカ。特有の胴のまだら模様が確認できる=20日、三沢市三川目2丁目(同市提供)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

デーリー東北の他の記事もみる

北海道/東北の主要なニュース

青森のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索