ついに本格始動へ、NGT48の魅力を探る

ついに本格始動へ、NGT48の魅力を探る

NGT48は、昨年は11月中旬にAKB48劇場、SKE48劇場を巡る出張公演を開催。パフォーマンスに関して一家言を持つSKE48ファンを唸らせるなど、実力はお墨付きをもらったと言える。


そして昨年末開催された「第6回AKB48紅白対抗歌合戦」では、主役級の活躍を見せたメンバーも出現。中井りかは、白組の副キャプテンという重要ポジションを務め、楽曲でもNMB48の須藤凜々花、太田夢莉、渋谷凪咲、SKE48斉藤真木子を従えて『LOVE TRIP』のセンターを務めるという、大役に抜擢された。NGT48のエース、加藤美南は『Gonna Jump』で運動神経の塊のようなパフォーマンスを披露し大いに沸かせ、最年少メンバーの小熊倫実は『フライングゲット』でHKT48兒玉遥とのツートップポジションを任され華麗な和太鼓演奏を披露した。そしてNGT48として披露した『Only today』では白黒衣装と圧巻のチームワークが生み出す視覚効果で魅了した。そして、年末の「第67回NHK紅白歌合戦」にはキャプテン北原里英、加藤、中井の三人が「夢の紅白選抜」に抜擢…と、大きな足跡を残してきた。

昨年、本格的なアイドル1年生としてスタートした彼女たち。日を重ねることで、見事に成長してきた。そんなNGT48について、兼任メンバーの柏木由紀は「個性が強い」と語った。

全力の汗が光るダンスと舌足らずな声で捲し立てていく元気印の副キャプテン・荻野由佳、静かな佇まいで勢いを感じさせるNGT48に落ち着きを与える一方、口を開けばぽんこつぶりが炸裂する西潟茉莉奈。驚異的なパフォーマンスを披露する一方で浮世離れした言葉で周囲を混沌の渦に叩きこむ「事故りこ」こと菅原りこ、キレ味鋭いトークでMCを引っ張り、ステージでは美声を轟かす恐るべき15歳の佐藤杏樹、その佐藤を愛するあまりに狂気的行動をとり「公式厄介」の称号を与えられた村雲颯香…と、ここに記しきれない程の個を持ったメンバーが、毎公演一人ひとりが埋没することなく、一挙手一投足、振りきれた個を爆発させる。1月10日のオープン以来、公演が常に満員御礼なのも頷けるほど、チームNⅢ公演からは華を感じる。

そして研究生たちにも、常にハイテンションで場を沸かすNGT48の太陽・中村歩加、ビジュアル、パフォーマンス共に高いスペックを誇る次代のエース候補の一人・ 清司麗菜、駅伝狂のダンスマシン・西村菜那子…と、それぞれがチームNⅢに負けない程の魅力を持ったメンバーが揃っている。

チームNⅢ、研究生と線は引かれているものの、各々の魅力には差は全くなく、一人ひとりが埋もれることなく輝いている。まさに全員主役とも言える、とてつもない人材の宝庫となった。

そして、その個性的な面々は北原を中心に、ここまで誰一人欠けることなく駆け抜けてきた。北原はデビュー公演の際、ブログで「26人全員でNGT48」と綴っている。その言葉通り、昨年夏の「第2回AKB48グループ チーム対抗大運動会」では一丸となって優勝を手繰り寄せ、「TOKYO IDOL FESTIVAL」では全メンバーが汗をほとばしらせ、ケガで出演適わなかった太野彩香の分も!という気概を見せ、場内中の心を掴んでいった。チームNⅢ、研究生全員がNGT48をより上へ!という気持ちを持って全てのことにぶつかっている。強烈な個性派集団にして、全員が足並みをそろえ着実な一歩を踏みしめていくNGT48。今もこの姿勢を貫き続けている。これが今の彼女たちの爆発的な勢いに繋がっているだろう。

1月20日にNGT48劇場オープン1周年記念を祝して、単独コンサート「Maxときめかせちゃっていいですか?」をTDCホールにて開催、1月16日より単独冠番組「NGT48のにいがったフレンド!」のスタート、さらに待望の1stデビューシングル発売と、この先には大イベントが軒並み待ち受けている。「2年目も新潟を拠点にしながら、全国に羽ばたいていけるように頑張っていきたい」と、昨年8月に開催された1周年記念公演の際にキャプテン・北原里英が語った通り、ついに朱鷺のように新潟から全国へと羽ばたく時が目の前に迫ってきた。

ただ、乗り越えなければいけない出来事も。昨年末、水澤彩佳が今年3月末に卒業すると発表、NGT48初の卒業生が誕生することに。北原、柏木を除いたNGT48メンバー最年長にして、みんなの心の「先生」だった水澤の卒業は、メンバーにとってもファンにとっても大きな喪失となることは間違いない。水澤を笑顔で送り出し、今以上に全員が一つとなり前へ進むことを意識していかなければならなくなる。

昨年以上に体験したことがない、大きな出来事が待ち構えている2017年。それでもNGT48は個と団結力を駆使し、さらに大きな舞台へと駆け上がっていくはずだ。(田口俊輔)

写真(C)AKS

関連記事

ドワンゴジェイピーnewsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索