AKB48坂口渚沙、ソロコンで憧れの松田聖子をふわふわ衣装で歌唱

AKB48坂口渚沙、ソロコンで憧れの松田聖子をふわふわ衣装で歌唱

1月14日より、AKB48チーム8所属の小栗有以、倉野尾成美、 坂口渚沙の3人によるソロコンサートを皮切りに、TOKYO DOME CITY HALLに て、AKB48グループの志向を凝らした様々なコンサートがスタートする。


ソロコンサートのトリを務めたのは、坂口渚沙。ピアノ演奏での『シンクロときめき』で幕開け。「なぎはドキドキときめいてまーす!」と冒頭からファンのハートをガッツリつかみ、会場は寒波が近づいているとは思えないほどの熱気に包まれた。「なぎ(坂口のニックネーム)が一番」とも読める『ナギイチ』では3階客席に登場 し飴を配って回り、昭和の王道アイドルも目標のひとつだという坂口は、憧れの松田聖子の『ピンクのモーツアルト』をピンク色のふわふわした衣装で歌唱。『ウィンブルドンに連れってって』では、ピンクのラケット でピンクのボールを会場に向かって打ち、ステージ上も会場もすべてをピンク色に染めあげた。

さらには CM撮影という設定の小芝居を盛り込むなどファンを飽きさせないアイドルらしい構成で、会場全体を「なぎワールド」で包 み込んでいった。最後の楽曲は『アリガトウ』。長久玲奈のギター演奏に合わせ、ファンへ感謝の想いを込めて歌い上げ、「緊張していましたが、みなさんが笑顔で見てくれて私も楽しむことができまし た。ダメダメな私ですが、皆さんの期待に応えられるように、理想になれるように頑張るので、これからも応援よろしくお願いします!」と感謝を述べソロコンサートの幕を閉じた。

1月15日(日)は、チーム8が東メンバーの「東の陣」、西メンバーの「西の陣」と分かれそれぞれコ ンサートを開催。夜の部では、「天下統一」として全員でのパフォーマンスを行う。

写真(C)AKS

関連記事

ドワンゴジェイピーnewsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索