moumoon新曲 湊かなえ原作映画主題歌に決定

moumoon新曲 湊かなえ原作映画主題歌に決定

音楽ファンを唸らせるメロディセンスと、その独特の世界観にも定評がある男女2人組アーティスト、moumoonの新曲『光の影』が、湊かなえ原作、2017年9月公開の映画「望郷」の主題歌に決定したことが発表された。映画公開となる本年9/16より配信限定シングルとして発売される。

『光の影』は「望郷」映画化に伴いmoumoonが書き下ろし、原作のイメージを元に、ストリングスが奏でる壮大な世界観で制作された。楽曲は映画「望郷」オフィシャルHPの予告映像でも使用されている。

moumoon 光の影_Jphoto

映画「望郷」の原作は「告白」「白ゆき姫殺人事件」「リバース」など、数々のヒット作を生み出すミステリー作家、湊かなえの、2013年に発売された全六編で構成される連作短篇集。その中より「夢の国」「光の航路」がこの度映画化される。

映画は9/16より新宿武蔵野館ほか全国拡大上映が決定しており、主演は貫地谷しほりと大東駿介。ある島で起こる2組の親子の過去と未来をつなぐ感動の物語となっており、「夢の国」パートの主人公・夢都子を貫地谷しほり、「光の航路」パートの主人公・航を大東駿介が演じている。また、キャストには木村多江、緒形直人などの実力派俳優も名を連ねている。

moumoonは10/4のアコースティックベストアルバム発売を発表したばかり。今回の映画主題歌発表や、全国各地でのフリーライブ、10月のワンマンライブなど、精力的な活度を続けるmoumoonに今後も注目したい。

<moumoon コメント>
今回、私たちmoumoonの「光の影」が『望郷』の主題歌となりとても光栄に思います。この楽曲は、人の心の中の明るい光(未来)、そして影(過去)がテーマとなっています。物語の主人公である夢都子、航たちが様々な想いや過去を胸に抱きながらも、
光へ向かって進み出す姿をイメージして曲にしました。この映画に、寄り添うような作品だと感じて頂けたらとても嬉しいです。

<貫地谷しほり コメント>
今回moumoonさんが望郷の為に書き下ろして下さったという贅沢な音を聴いて映画に寄り添ってくれる素晴らしい楽曲だと思いました。この作品の世界観を見事に表現してくださって、より心の深いところまで皆様に届ける事が出来ると思う事が出来ました。moumoonさん、ありがとうございます。皆様、是非楽しみにしていてください。

<大東駿介 コメント>
聴いていると、撮影中を思い出したり、自分自身の過去を思い返し胸が締め付けられるようで、望郷を感じました。心の底の静寂に光が差し込むようで。この映画を光の航路で導いてくれているようでした。大切な曲になりました。ありがとうございます。

関連記事

ドワンゴジェイピーnewsの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索