大阪出身4人組次世代ピアノロックバンド、SHE’Sの新曲『Unforgive』が、MBSドラマ『ホームルーム』のオープニング主題歌に決定した。

プロデューサーに初タッグとなるトオミヨウ氏を迎え、攻撃的な歌詞とエモーショナルでドラマチックなピアノロックサウンドで、予測不能で狂愛的なドラマの世界観を盛り上げる。そして、同曲の一部を初めて聴くことができる、ドラマの映像を使用したSPOT映像も15秒ver.と30秒ver.の2本同時公開となった。


同作は2020年1月期に放送されるMBS深夜の"ドラマ特区"枠で、多くの電子書店でも総合ランキング1位を獲得した戦慄の学園サイコ・ラブコメ。女子生徒を狂愛する"ド変態ストーカー教師" 愛田凛太郎を連ドラ初主演となる山田裕貴が演じる。WEBコミック配信サイト"コミック DAYS"で連載中の千代のマンガが原作で、映画"全員死刑"や、ドラマ"スカム"、"GIVER 復讐の贈与者"などの小林勇貴監督がメガホンをとる。

<SHE’S 井上竜馬(Key.&Vo.)コメント>
この度はドラマ特区「ホームルーム」のオープニング主題歌をSHE'Sが担当させて頂くことになりました。赦せる人が最も強いと思っていたけど、悪意を持ち人を傷つけ笑って飯を食う人間を、僕は赦さない。赦さなくたって良い。そんな想いから『Unforgive』という曲を書きました。原作を読みましたがとても刺激的で笑、猟奇的な予想出来ない展開にドキドキさせられたり、ゾクッとさせられました。愛と狂気の渦巻く「ホームルーム」の世界を、Unforgiveがどれだけ広げてくれるか、緊張や不安もありつつとても楽しみです。是非皆さまお楽しみに!!僕も一緒に物語を楽しもうと思います!


物語の主人公は、爽やかイケメン教師・愛田凛太郎(演:山田裕貴)。学園でも女子生徒からダントツの人気で、「ラブリン」の愛称で親しまれている。そんな愛田先生が担任するクラスでは、生徒の桜井幸子(演:秋田汐梨)に対して、毎日不快なイタズラが続いていた…。正義感が強い愛田先生は、幸子がイジメられる度に助けに向かい、優しく手を差し伸べる。その姿は、幸子にとってまさに“ヒーロー”!そんな先生に対し、幸子は好意を抱いていたー。
しかし、いつだって皆の人気者の愛田先生には、あるとんでもない秘密が…!実は、幸子をいじめていた犯人は、愛田先生本人だったのだ!幸子が好きすぎるあまり、自分でイジメて自分で救う、自作自演の救出劇を繰り返し、幸子のヒーローを装う愛田先生…。衝撃の学園サイコ・ラブストーリーがここに開幕!

そして、ポスタービジュアルが本日公開。一見すると爽やかな愛田先生だが、愛に狂い奇行に走る二面性も同時に映し出し、そんな先生の裏の顔を知らずに純粋に想いを寄せる桜井幸子を描いた、まさに本作にぴったりのビジュアルに仕上がっている。1月23日の初回放送を楽しみに待とう。


■ドラマ特区「ホームルーム」
<放送情報>
MBS 2020年1月23日から毎週木曜深夜0:59〜
テレビ神奈川 2020年1月23日から毎週木曜よる11:00〜
チバテレ 2020年1月24日から毎週金曜深夜0:00〜
テレ玉 2020年1月29日から毎週水曜深夜0:00〜
※放送日時は変更の可能性があります

<出演者>
山田裕貴/秋田汐梨
富田望生 横田真悠 大幡しえり 若林拓也 綱啓永
豊原江理佳 渡辺碧斗 ウメモトジンギ 青山隼
前野朋哉 山下リオ

©「ホームルーム」製作委員会・MBS  ©千代/講談社