「AbemaTV(アベマティーヴィー)」で、2020年2月20日(木)夜11時より放送を開始する最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』に出演する、佐野勇斗、飯豊まりえ、結木滉星、大友花恋、渡辺佑太朗が、1月21日にドラマ公式InstagramでLIVE配信を行い、初めての5ショットを披露した。

『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野勇斗)と芽衣(飯豊まりえ)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンスだ。

本作に出演する佐野、飯豊、結木、大友、渡辺の5名で行われたLIVE配信は、クランクイン時に佐野と飯豊が行なったLIVE配信で、「ドラマ公式Instagramアカウントのフォロワーが1万人を突破したら、他の出演者とインスタLIVEをする」という公約のもと行われたもので、その公約を発表した2日後には、同アカウントのフォロワーは1万人を突破していた。

公約を果たした1月21日のLIVE配信では、撮影現場から、同級生役の5人が揃った撮影が初日であることを視聴者へ報告したが、佐野が「みんな(結木のことを)もっとイジっていいと思う」と話すのに対し、「なんでだよ」と結木が突っ込むなど、普段からの2人の仲の良さが伺えるやりとりや、渡辺のことを“ゆうぴー”とあだ名で呼ぶ様子もみられるなど、5人での撮影が初日だとは思えないほどの和やかさをみせた。

ドラマのストーリーに絡めた質問に、〇か×で答えるコーナーでは、「ドラマの中では、長い間言えなかった想いを抱えている登場人物が多いが、自分も今言えない想いがある?」との問いに、「〇」を挙げた大友は「実はみんなに言ってないことがある」と切り出し、「(実は)だんだんタメ口に変えていこうと思ってる。皆さん年上なんですけど、幼馴染、親友の役柄なので」と話すと、5人の中で最年長の結木と渡辺の同意を得たうえで、「このインスタLIVEを機に皆さんタメ口で!」という佐野の仕切りにより、全員タメ口で話すことで満場一致となった。

また、「ドラマの中に、季節外れの花が咲く大きな桜の木が出てくるが、自分の中でパワースポットだと思っている場所はある?」という問いに、佐野は「自分がパワースポット」と答えるが、飯豊が即座に「それ、言おうとしてた!(佐野は)歩くパワースポットだと思う。みんなまだ現場で感じてないかもしれないけど、結構偉大ですよ」と、佐野の存在感が垣間見える回答をし、「突っ込まれる予定で(自分がパワースポットだと)言ったので、そう言われると恥ずかしい」と答え、笑いを誘っていた。

本作は、17年という期間を共に過ごした幼馴染の二人が、ようやく気付いた恋する気持ち、そんな初恋模様を切なく描きながらも自分の気持ちを相手に伝える大切さや一歩踏み出す勇気に気付かせてくれる、ファンタジー・ラブロマンス。初回放送は、2020年2月20日(木)夜11時からとなるので、ぜひご覧いただきたい。また、番組公式Instagramアカウントでは、ドラマ内に登場するキャラクターの日常や心情など、ドラマをさらに楽しめるような内容が猫の「さくら」目線で続々と投稿されていくので、あわせて楽しんでほしい。


■『僕だけが17歳の世界で』
放送日程:2020年2月20日(木)夜11時〜(全8話)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
キャスト:佐野勇斗 飯豊まりえ 結木滉星 大友花恋 渡辺佑太朗 ・ 浜野謙太 YOSHI ・ 袴田吉彦 石田ひかり

(C)AbemaTV